アンジェリク (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1956年刊行、ドイツ語版表紙

アンジェリク(Angélique)は、アン・ゴロンによるフランスの小説。

ルイ14世の愛妾だった佳人マリー・アンジェリク・ド・フォンタンジュに着想を得て、17世紀のフランスを舞台に貴族の女性アンジェリクを主人公とした大河ロマン。1957年から執筆された初版(旧シリーズ)と、2009年から作者自身により大幅に改稿された完全版(新シリーズ)の二つがある。

概要[編集]

文筆家だったアン・ゴロンは結婚を機にヴェルサイユ宮殿近くに住み、物語のヒントを得る。かねてよりスカーレット・オハラのようなヒロインを書きたいという思いもあり、1957年より、夫との共著としてアンジェリクシリーズを執筆。1985年まで全13巻の長編シリーズとなった。その後、フランス語版及び各言語における底本として使われた英語版に、著者の意図しない改変が多数加えられていたことが発覚し、アン・ゴロン自身の手によって大幅に改稿。

日本においては、英語版を底本に井上一夫の訳で1971年より刊行開始。その後、1994年より講談社文庫化。各巻は上下に分冊され、全26巻。また、1977年から1979年にかけて木原敏江が漫画化。木原の漫画を原作に、宝塚歌劇団が複数回ミュージカル化している。完全版は、復刊ドットコムより、原著であるフランス語版を底本として刊行されている。ただし、このことにより、著名な歴史人物もフランス語読みで訳されていることが多い。例えば完全版3巻P82の「マリー・チューダー」とはイングランド女王「メアリー1世」(メアリー・ テューダー)を、同3巻P201の「ドン・ジョアン・ジョセ・ドートリッシュ」は「フアン・ホセ・デ・アウストリア」をそれぞれ指している。

あらすじ[編集]

ポワトゥーに生まれたサンセ男爵の令嬢アンジェリクは、緑色の瞳をもつ快活な美少女だった。しかし、貧しい男爵家と領民を救うため、ラングドックの大貴族で裕福だが醜悪なジョフレ・ド・ペイラック伯爵との結婚を余儀なくされる。幼馴染の森番ニコラに未練を残しつつ、新生活を始めたアンジェリクは目もくらむような豪邸での優雅な暮らしのなかで、ジョフレと愛を育む。

やがて、ルイ14世とスペイン王女マリア・テレサ(マリー・テレーズ)の結婚式に招かれたことをきっかけに、夫妻は巨大な陰謀に巻き込まれていくのだった。

登場人物[編集]

各巻タイトル[編集]

旧シリーズ[編集]

  1. はだしの女侯爵 上
  2. はだしの女侯爵 中
  3. はだしの女侯爵 下
  4. ヴェルサイユの恋人 上
  5. ヴェルサイユの恋人 下
  6. 金髪の女奴隷 上
  7. 金髪の女奴隷 下
  8. 革命の女 上
  9. 革命の女 下
  10. 虹のかなた 上
  11. 虹のかなた 下
  12. カタランク砦の女神 上
  13. カタランク砦の女神 下
  14. 荒野の試練 上
  15. 荒野の試練 下
  16. アカディアの魔女 上
  17. アカディアの魔女 下
  18. 謀略の影法師 上
  19. 謀略の影法師 下
  20. 氷の都ケベック 上
  21. 氷の都ケベック 中
  22. 氷の都ケベック 下
  23. 希望への道 上
  24. 希望への道 下
  25. 新しき門出 上
  26. 新しき門出 下

新シリーズ(完全版)[編集]

  1. 天使たちの侯爵夫人(Marquise des Anges)
  2. 売られた花嫁(La Fiancée vendue)
  3. 王家の祝典(Fêtes royales)
  4. ノートルダムの死刑囚(Le Supplicié de Notre-Dame)
  5. 影と光(Ombres et Lumières)
  6. ベルサイユへの道(Le Chemin de Versailles)
  7. 華麗なる戦争(La Guerre en dentelles)

題材とした作品[編集]

映画[編集]

  • 「アンジェリク はだしの女侯爵」 - 1964年製作。フランス・イタリア・ドイツ合作映画。

漫画[編集]

  • 「アンジェリク」 - 木原敏江画。ルイ14世の宮廷での生活を中心に、アメリカへの旅立ちまでを描く。

舞台[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]