野球漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野球漫画(やきゅうまんが)は、漫画のジャンルのひとつであり、野球をテーマとした漫画、野球を物語の重要な要素とした漫画を指す。一般的にはフィクションであるが、プロ野球をテーマとする場合、チーム名や選手、それに優勝したチームについては現実に合わせることもある。

野球好きで知られるタレント伊集院光は、「球漫(きゅうまん)」と呼んでおり、自身の野球漫画を評した著書のタイトルにも使用している。

概要[編集]

日本において野球は最も人気のあるスポーツのひとつであり、過去から現在に至るまで漫画のジャンルとして大きな位置を占める。野球の持つ特徴としても、チームプレイによる集団の人間関係、主人公の努力による成長、ライバルとの勝負、肉体の力強さやスピード感など、少年漫画との相性がよい。一方で、少女漫画成人向け漫画では、ほとんど見られないジャンルでもある。

野球はチームプレーだけでなく、投手と打者のように一対一の勝負の要素もあり、野球漫画もアプローチが豊富である。少年漫画、学園漫画としての作品、大人の仕事としての野球を描いた物、忍者漫画や格闘技漫画の要素を取り入れて「個人対個人の勝負」をメインにした作品や、魔球や必殺打法を駆使したSF的な物、バット職人を中心にした作品、球界再編で注目されたプロ野球のビジネスを扱った漫画、娯楽に徹した爆笑漫画など、多種多彩である。その一方で、一人で多くの敵を討ち取るという図式のため、多くの野球漫画の主人公は投手である。

「魔球」と言えば今では『巨人の星』が有名だが、『巨人の星』以前にも魔球漫画はあった。『ちかいの魔球』と『黒い秘密兵器』である。ただ、この2作の頃は野球選手の動きをアニメで再現するのは困難と考えられ、アニメ化はされていない。魔球漫画のアニメ化は『巨人の星』で実現する。今では『タッチ』と『逆境ナイン』も実写となっており、時代の流れを窺わせる。

梶原一騎は人間の成長、勝負と友情と愛情、師弟の絆を描く作家で、それは多数の格闘技漫画だけでなく、『夕やけ番長』や『愛と誠』のようなスポーツ漫画以外の作品まで含む。「野球」はその中の表現法の1つに過ぎない。『巨人の星』も、まず、人間成長漫画であって、「巨人軍」や「野球」は後でついてきた。また、梶原が格闘技ファンであるせいか、『巨人の星』も主人公とライバルの「個人の勝負」が中心で、特訓も人知れず独りでやるか、あるいは一対一という場合が多い。『新・巨人の星』でようやくチームの勝敗や勝率争いが重視されるようになっている。

水島新司は『巨人の星』を痛烈に批判したようで、梶原一騎の『巨人の星』に対抗して魔球が出ない作品を描こうとしたらしい。「ドリームボール」(水原勇気)と「さとるボール」(里中智)も既存の変化球の応用である。しかし、『黒い秘密兵器』の荒唐無稽さと比べれば『巨人の星』も現実的になった方で、水島漫画はその延長線上とも考えられる。また、『大甲子園』に到る前の初期『ドカベン』は建前上は「学園コミックス」で最初は柔道漫画だった。また、「土佐丸高校」、「吉良高校」、「弁慶高校」の面々など高校生離れしている登場人物も多い。

少年野球高校野球プロ野球、いずれも舞台として魅力に富み、それぞれ多数の作品がある。

日本の野球漫画史[編集]

戦前[編集]

明治の早い時期に日本に入ってきた野球は、次第に日本に広まっていった。1934年11月に開催された日米親善野球試合で沢村栄治が大リーガー相手に三振の山を築き、試合には敗れたものの1点に抑えた。その後、沢村が戦争で命を落としたことから、「悲劇の少年天才投手」というイメージが大衆に植えられ、後に沢村の物語の形を変えた再生として『ちかいの魔球』、『巨人の星』へとつながって行く[1]大正11年に発行された『漫画の描き方』(弘学館書店吉岡島平)には、野球を取り扱った1コマ漫画が3点収録されている[1]

大正時代から昭和初期にかけて人気の高まっていった野球は、新聞雑誌グラフ誌などに掲載されていた1コマ漫画、4コマ漫画などに散見される[2]。昭和初期の漫画作品『のらくろ』には登場人物たちが野球をするエピソードがあり、『冒険ダン吉』では野球選手のユニホームである背番号を彷彿とさせるような衣装の登場人物が登場するシーンもある[1]

しかし、戦争中となると野球は「敵性スポーツ」として影が薄くなり、特に児童雑誌からは野球が取り扱われることがなくなっていった[3]

占領下[編集]

GHQが野球を推奨したこともあり、戦後に野球漫画が復興するのは早かった。1947年(昭和22年)10月発行の『こども漫画』(川津書店)第2巻8号では「少年野球」特集号となっており、野球をテーマにした4作品、「二十年前の日本一の少年チーム」(芳谷まさる[4]、1コマ漫画)、「早慶戦」(おおたじろう、1コマ漫画)、「ぞうちゃんのホームラン」(カタビラススム、11コマ漫画)、「さんちゃんのホームラン王」(にいぜきけんのすけ、4ページ漫画)が掲載されている[5]。同年12月に『漫画少年』(学童社)が創刊され、『バット君』の連載が始まる。この『バット君』をもって、日本の野球漫画の始まりとすることも多い[6]。この『バット君』はヒーローでもなく、特別な背景も持っていない普通の中学生を主人公とし、日々の生活を描いた漫画としても最初期の部類になり、作中に実在のプロ野球選手を登場させており、後の野球漫画、野球にとどまらずスポーツ漫画や日常生活をユーモアに描く漫画の源流ともなっている[7]。また、昭和22年は手塚治虫の『新宝島』が発表され、長谷川町子の『サザエさん』の連載が始まった年でもある[6]

1949年に『バット君』は作者の急逝によって未完に終わるが、おおたじろう、福井英一木下としお田中正雄といった児童漫画家や戦前のアニメーション制作関係者による野球漫画が、1949年から1954年にかけて、少年向け雑誌に掲載されていった[8]。この頃の野球漫画は中学生を主人公とした作品が多く、「戦後の日本」が求める「よい子供」であり「期待される子供像」でもあった[9]

1950年代後半[編集]

漫画少年』の読者投稿からデビューした寺田ヒロオが初の本格連載作品として『野球少年[10]1956年1月号から『背番号0(ゼロ)』の掲載が始まる[11]。『背番号0』は『バット君』の後継とも言える野球好きの少年たちの日常を描いた作品でもあった[11]。寺田は『背番号0』の連載と同時に、異なるタイプの野球漫画の連載も行っている。『スポーツマン佐助』(『野球少年』1957年〜)は忍者が架空のプロ野球界に入団し忍術を駆使して活躍する作品で、後の「魔球」物の源流といえる[11]。同じく寺田の『スポーツマン金太郎』(『週刊少年サンデー』1959年〜)はおとぎ話の金太郎桃太郎が熊や犬、猿、雉と共に実在のプロ野球球団へ入団し、長嶋茂雄王貞治といった当時活躍していた実在のプロ野球選手とともに活躍するという架空のキャラクターと実在の選手が共存する野球漫画の源流となった[11]

『背番号0』の連載開始と同時期に『ぼくら』1956年1月号で連載の始まった田中正雄の『ライナーくん』は、当時人気のあった『イガグリくん』に始まる熱血格闘漫画と草野球漫画をミックスさせた作品であった。ただし、『ライナーくん』の主人公は学校の野球部に所属し、試合には出場しているものの、大きな事件は野球の試合ではなく、試合出場を邪魔しようとする悪い先輩といったような感じであり、熱血格闘漫画が柔道などで相手を投げ飛ばしたのと違い、野球で相手を打ち負かすようなストーリーではなかった[12]1958年に『おもしろブック』(集英社)で貝塚ひろしの初連載作品となった『くりくり投手』も熱血路線であったが、主人公に「ドロッカーブ」[13]という「必殺技」「魔球」を与えることで、チーム対チームという構造だった野球の試合を主人公対ライバルという1対1の対決に集約させることができた[14]。『くりくり投手』は人気を得て、奇抜なライバルたちが奇抜な魔球、打法で野球勝負を行う「ヒーロー少年野球漫画」とでも呼べるジャンルを確立し、6年以上連載が続き、単行本にまとめられることが少なかった当時に20巻近くの単行本が発行されることになった[14]。貝塚ひろしは『ごうけつ選手』(『少年クラブ』、1959年〜)など、1960年代を代表する野球漫画の作者となって行く[14]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 戦後野球マンガ史, p. 14.
  2. ^ 戦後野球マンガ史, pp. 11-12.
  3. ^ 戦後野球マンガ史, p. 15.
  4. ^ 芳谷圭児の父。
  5. ^ 戦後野球マンガ史, p. 16.
  6. ^ a b 戦後野球マンガ史, pp. 16-17.
  7. ^ 戦後野球マンガ史, p. 24.
  8. ^ 戦後野球マンガ史, pp. 29-30.
  9. ^ 戦後野球マンガ史, p. 30.
  10. ^ 1947年3月創刊の日本初の少年向け野球雑誌(月刊誌)
  11. ^ a b c d 戦後野球マンガ史, pp. 38-46.
  12. ^ 戦後野球マンガ史, pp. 53-55.
  13. ^ カーブしてドロップする架空の球種
  14. ^ a b c 戦後野球マンガ史, pp. 56-57.