13F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
13F
The Thirteenth Floor
監督 ジョセフ・ラスナック
脚本 ジョセフ・ラスナック
ラヴェル・センテノ=ロドリゲス
原作 ダニエル・ガロイ英語版
Simulacron-3
製作 ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
マルコ・ウェバー
出演者 クレイグ・ビアーコ
アーミン・ミューラー=スタール
グレッチェン・モル
ヴィンセント・ドノフリオ
デニス・ヘイスバート
音楽 ハラルド・クローサー
撮影 ウェディゴ・フォン・シュルツェンドーフ
編集 ヘンリー・リチャードソン英語版
製作会社 セントロポリス・エンタテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年5月28日
ドイツの旗 1999年11月25日
日本の旗 2000年2月
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $16,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $18,564,088[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $11,916,661[1]
テンプレートを表示

13F』(サーティーンフロア、The Thirteenth Floor)は、1999年アメリカ合衆国ドイツSF映画。監督はジョセフ・ラスナック、出演はクレイグ・ビアーコグレッチェン・モルなど。睡眠を利用した共有バーチャルリアリティ世界と現実との混乱を描く。原作はダニエル・ガロイ英語版の1964年の小説『Simulacron-3』。

ストーリー[編集]

1999年バーチャルリアリティの研究をしているダグラスは、コンピュータ内に1937年ロサンゼルスを再現しようとしていた。ある朝、彼が目覚めると手元に血まみれのシャツがあり、自身の記憶も曖昧になってしまっていた。そこへ彼の上司であるフラーが、何者かによって殺害されたという報せが入る。しかも、アリバイがなかったダグラスは、その容疑者になってしまうのだった。

身の潔白を証明しようと、事件について調べるダグラスだったが、そこでフラーがコンピューター上の1937年の仮想世界と現実とを行き来していた事実を知る。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

作品の評価[編集]

評論家からの評価は低い。 Rotten Tomatoesによれば、63件の評論のうち、高く評価しているのは29%にあたる18件にとどまっており、平均して10点満点中4.47点を得ている[2]Metacriticによれば、22件の評論のうち、高評価は1件、賛否混在は12件、低評価は9件で、平均して100点満点中36点を得ている[3]

その一方で、Rotten Tomatoesにおける3万を超える一般観客からの支持率は64%であり[2]、また日本では「【TSUTAYA発掘良品】100人の映画通が選んだ本当に面白い映画。」の1本に選ばれ[4]WOWOWで解説付きで放映された[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c The Thirteenth Floor” (英語). Box Office Mojo. 2020年5月13日閲覧。
  2. ^ a b The Thirteenth Floor (1999)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ The Thirteenth Floor Reviews” (英語). Metacritic. 2020年5月13日閲覧。
  4. ^ 【TSUTAYA発掘良品】100人の映画通が選んだ本当に面白い映画。”. TSUTAYA online. 2020年5月13日閲覧。
  5. ^ 隠れた名作“発掘良品””. WOWOWオンライン. 2020年5月13日閲覧。

関連項目[編集]

  • マトリックス - 本作の同年に公開された映画。コンピューターによって作られた世界と現実との間を行き来するという設定が本作と類似している。

外部リンク[編集]