無政府資本主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
無政府資本主義の旗

無政府資本主義(むせいふしほんしゅぎ、: Anarcho-capitalismアナルコ・キャピタリズムアナーコ・キャピタリズム)は、右派リバタリアンによる政治思想で、自由市場自治を重視し、国家の廃止を提唱する[1][2]リバタリアン・アナーキー[3]リバタリアン・アナキズムボランティアリズム私有財産無政府主義[4]市場無政府主義[5]自由市場無政府主義[6]などとも呼ばれている。マレー・ロスバードがこの名称を最初に使った[7][8][9]

無政府資本主義の社会では、警察裁判所など全ての治安サービスは税金によってではなく「民間の防衛・警備会社」によって提供され、通貨は公開市場で民間の競合する銀行によって供給される。従って、無政府資本主義の下では個人や経済活動は、政治によってよりも、私法と契約によって管理される。

概要[編集]

無政府資本主義」は、共通点はあるが相違もある多数の理論が存在している。有名な最初の理論化は20世紀中盤のオーストリア学派経済学者でリバタリアンのマレー・ロスバードによるものであり、オーストリア学派の経済理論や古典的自由主義や、19世紀のアメリカの個人主義的無政府主義者であるライサンダー・スプーナーベンジャミン・タッカー(en)の影響を受けたが、しかし彼らの労働価値説社会主義は却下した[10]

マレー・ロスバードによる無政府資本主義には、リバタリアンが相互に賛成する「一般的に受容され、法廷が従うように確約する法典」が最初に存在する[11]。その法典は個人による自治を基本とした不可侵の原則と認識されている。

無政府資本主義と民営化路線[編集]

無政府資本主義では個人の自由と資本主義市場経済システムが尊重される。リバタリアニズムには政府の役割は最低限に限定されるべきで、国防司法・治安維持に限られるべきとするミナーキズムがあるが(夜警国家論[12])、さらにこの論を進めた無政府資本主義では、ハンス・ヘルマン・ホッペのように政府の行う社会福祉や国防・治安維持、司法に至るまで、市場経済に任せることが可能であるとする。これらの機能は政府により独占的に供給されてきたが、政府が税収を基にこれらのサービスを供給するよりも、市場による供給に委ねた方が効率的に行うことができる、とする。政府の廃止論や、政府によるサービスの全廃論ではなく、政府によるサービス部門の徹底的な民営化論である。

彼らの主張では、鉄道電気ガス郵便教育電話、水道、ゴミ回収などの事業は、従来は政府によって運営されるのが当然と考えられていたが、民間企業でも供給可能であり、政府による硬直的な独占的供給よりも民間の競争による提供の方が効率も良くサービス水準も高い、とする。更には警察軍隊、裁判所、監獄も民間企業・業者によって運営されることが望ましいとする。ただこの場合、警察が民営化されれば「自警団」、裁判所が民営化されれば「人民裁判所」が登場する可能性がある。自警団による恣意的な権力乱用やリンチ、人民裁判所による不当な厳罰化などが、おおいに懸念されるところである。またアメリカでは、「小さな政府を連呼」するティー・パーティー系議員のおかげで、危うく政府がデフォルトに陥る危機もあった。無政府資本主義による民営化路線はフリードマン、レーガン、サッチャーらの新自由主義路線を補完し、結局福祉など民生部分のみが縮小し、軍事・警察は極大化するという結果はすでに実証済みである。

自然法論による無政府資本主義[編集]

正義の絶対的な基準に自然法を選択する思想。全ての人間は、自己所有権を持っており、労働をすることで得た収入は全てその労働をした人のものであるとしている。しかし、政府は自己所有権を強制的に(徴税、戦争、法律、命令によって)侵害するため政府の正当性を認めず、政府は最大の犯罪組織だと非難を主張する。

無政府資本主義への批判[編集]

無政府資本主義に対しては、このシステムは『結局のところ前近代の豪族大名軍閥の復活に等しく、強者による弱者の搾取を正当化し、民主的な社会を破壊してしまうもの』ではないか、という批判がある。この批判に対しては、現在においても一部の者が特権的立場にあって他を搾取しているという状況は存在しており、政府による不公正かつ場当たり的な分配によって生じる搾取よりも、むしろ競争原理の結果として生じる搾取のほうがより公正さが保たれるとの反論がある。
また、現実主義的な観点からは、ソマリアマリ共和国など現実の無政府状態の国家において、無政府資本主義者の主張する自己所有権が暴力によって蹂躙されている現状をみるに、無政府資本主義者の理論は『人間の欲を無視した机上の空論に過ぎない』のではないかという批判もある。

脚注[編集]

  1. ^ Ronald Hamowy, Editor, The encyclopedia of libertarianism, SAGE, 2008, p 10-12, p 195, ISBN 978-1-4129-6580-4, ISBN 978-1-4129-6580-4
  2. ^ Edward Stringham, Anarchy and the law: the political economy of choice, p 51
  3. ^ David D. Friedman, The machinery of freedom: guide to a radical capitalism, Edition 2, Open Court, 1995, p. 19: "sometimes called anarcho-capitalism, or libertarian anarchy". ISBN 978-0-8126-9069-9
  4. ^ Anarchy and the Law: The Political Economy of Choice, by Edward Stringham. Transaction Publishers, 2007
  5. ^ Roderick T. Long, Tibor R. Machan, Anarchism/minarchism: is a government part of a free country?, Ashgate Publishing, Ltd., 2008, Preface, ISBN 978-0-7546-6066-8, ISBN 978-0-7546-6066-8
  6. ^ Edward Stringham, Anarchy and the law: the political economy of choice, p. 504
  7. ^ Miller, David, ed (1991). Blackwell Encyclopaedia of Political Thought. Blackwell Publishing. ISBN 0-631-17944-5. 
  8. ^ Wendy McElroy. Murray N. Rothbard: Mr. Libertarian. Lew Rockwell. July 6, 2000..
  9. ^ F. Eugene Heathe. Encyclopedia of Business Ethics and Society. SAGE. 2007. p. 89
  10. ^ "A student and disciple of the Austrian economist Ludwig von Mises, rothbard combined the laissez-faire economics of his teacher with the absolutist views of human rights and rejection of the state he had absorbed from studying the individualist American anarchists of the nineteenth century such as Lysander Spooner and Benjamin Tucker." Blackwell Encyclopaedia of Political Thought, 1987, ISBN 978-0-631-17944-3, p. 290
  11. ^ Rothbard, Murray. For A New Liberty. 12 The Public Sector, III: Police, Law, and the Courts
  12. ^ http://definitions.uslegal.com/n/night-watchman-state/

関連項目[編集]