成蹊高等学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
成蹊高等学校
創立 1925年
所在地 東京府
廃止 1950年
後身校 成蹊大学
成蹊中学校・高等学校
同窓会 成蹊会

旧制成蹊高等学校(きゅうせいせいけいこうとうがっこう)は、1925年大正14年)2月、東京府(現在の東京都武蔵野市)に設立された私立旧制7年制高等学校である。

概要[編集]

沿革[編集]

旧・成蹊高等学校校舎 / 現存する旧制高校時代の建造物の一つ。

設立の背景[編集]

成蹊高等学校は、明治末期〜大正期の教育者である中村春二が、三菱財閥総帥の岩崎小弥太、今村銀行(第一銀行と合併)頭取の今村繁三の協力を得て創設した私塾「成蹊園」を源流に、1912年明治45年)4月に設立された「成蹊実務学校」を母体として設立された。中村が設立を目前にして1924年に死去したため、成蹊高校の設置者(経営団体)となったのは、中村が1919年大正7年)に設立した財団法人成蹊学園(現在の学校法人成蹊学園)である。成蹊高校開校にあたり、三菱合資会社(後に三菱本社)社長であり、成蹊学園初代理事長だった岩崎小弥太が多大な支援を行い、実務学校の所在地であった池袋からの移転先として現在地の吉祥寺を選定するとともに、当地に所有していた1万余坪の農園と、新たに購入した隣接する8万余坪の広大な土地を併せ、個人的に成蹊学園に寄附した。

進学状況[編集]

成蹊高校は官立校が多かった旧制高等学校のなかで、全国でも4校しかない私立の7年制(尋常科4年+高等科3年)旧制高校の一つであった。設立当初の学級定員は1学級30名とし、尋常科は1学年1学級、高等科は文科・理科に分かれ1学年各1学級から構成されるなど、少数教育重視の方針を取っていた。このうち高等科は履修する第1外国語により、文科甲類(英語)・文科乙類(ドイツ語)・理科甲類(英語)・理科乙類(ドイツ語)と細分された。開校時は海軍将校型の制服と制帽を採用し、白線帽やマントの着用は認められていなかったが、生徒からの要望が強かったため、1940年から白線帽とマントの着用が認められた[1]

運営母体の成蹊学園は既設の学校として旧制成蹊小学校を有しており、先述の少数教育主義を背景に、尋常科への入学者は成蹊小学校、高等科への入学者は尋常科からの内部進学者を中心に選抜された。加えて当時の制度上、高等科の卒業生はほぼいずれかの帝国大学に進学が可能であったため、成蹊小学校への入学が帝国大学への進学に直結することとなり、人気を集めた。ただし、実際には1928年1938年における成蹊高校卒業生の東京帝国大学への進学率は38%[2]。私立大学や私立専門学校に進学した者も多く[3]、生徒の学力差にはかなりばらつきがあった。

新制学校への継承[編集]

学制改革に際しては、高等科は新制成蹊大学へ、尋常科は新制成蹊中学・高校へそれぞれ移行したと考えるのが一般的である。

年表[編集]

  • 1906年 - 中村春二が今村繁三の支援を受けて池袋に私塾を開設。
  • 1907年 - 岩崎小弥太が支援に加わり、私塾を「成蹊園」と改称。
  • 1912年4月 - 成城実務学校設立。
  • 1924年 - 吉祥寺の現在地に移転。
  • 1925年2月7日 - 成蹊高等学校の設立。
  • 1950年3月 - 旧制成蹊高等学校の廃止。

歴代校長[編集]

校地の変遷と継承[編集]

著名な出身者[編集]

以下、五十音順。

政治・行政[編集]

法曹[編集]

実業[編集]

学術[編集]

文化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学校法人成蹊学園 『成蹊学園百年史』 2015年、589-590頁
  2. ^ 学校法人成蹊学園 『成蹊学園百年史』 2015年、566頁
  3. ^ 学校法人成蹊学園 『成蹊学園百年史』 2015年、566-567頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]