ビル・デモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・デモット
Bill DeMott.jpg
プロフィール
リングネーム ビル・デモット
ジェネラル・レクション
キャプテン・レクション
ヒュー・モラス
クラッシュ・ザ・ターミネーター
スウィート・ウィリアムス
本名 ウィリアム・デモット
ニックネーム 肉弾粉砕者
身長 188cm
体重 130kg(全盛時)
誕生日 (1966-11-10) 1966年11月10日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州の旗 フロリダ州
ブレバード郡タイタスヴィル
トレーナー ジョニー・ロッズ
デビュー 1990年
テンプレートを表示

ビル・デモットWilliam "Bill" DeMott1966年11月10日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タイタスヴィル出身。

1990年代から2000年代にかけて、大型のラフ&パワーファイターとしてWCWWWFで活動した。巨漢ながらムーンサルトプレスを軽々とこなす身体能力を持ち、近年はトレーナーとしても活躍している[1]

来歴[編集]

ニューヨークブルックリンにあるジョニー・ロッズスクールでトレーニングを積み、1990年にデビュー[2]。スウィート・ウィリアムスの名義で東部地区のインディー団体を転戦後、1992年プエルトリコのAWFにて、ロード・ウォリアー・アニマルのビジュアル・イメージをコピーしたクラッシュ・ザ・ターミネーターCrash the Terminator)に変身する[2]

同年9月、ビクター・キニョネスのブッキングでW★INGプロモーションに初来日。以降もW★INGの主力外国人選手となって活躍し、11月6日には札幌中島スポーツセンターにて、ミスター・ポーゴとのコンビでザ・ヘッドハンターズからW★ING認定世界タッグ王座を奪取[3]。翌1993年7月11日の横浜文化体育館では、16人参加のトーナメント決勝でゴリアス・エル・ヒガンテを破り、W★ING認定世界ヘビー級王座の初代王者となった[4]

WCW[編集]

その後ECWを経て、ケビン・サリバンの仲介で1995年9月からWCWに登場。いつもニタニタ笑っている "The Laughing Man" というキャラクター設定のもと、ユーモラスを捩ったヒュー・モラスHugh Morrus)のリングネームが与えられ、サリバン率いるダンジョン・オブ・ドゥームの一員となって活動。1996年3月には「ヒュー・モアーズ」の表記で新日本プロレスに初参戦した。

以降も中堅ヒールのポジションでWCWに定着、1997年9月22日の『マンデー・ナイトロ』では、ビル・ゴールドバーグの連勝ストーリーにおける最初の犠牲者となっている[2]1999年からはジミー・ハートのファースト・ファミリーに加入、ブライアン・ノッブスザ・バーバリアンと共闘し、ハードコア戦線を中心に活動した。

2000年下期にベビーフェイスに転向し、エリック・ビショフから戦力外通告を受けたという設定のもと、ブッカー・Tチャボ・ゲレロ・ジュニアらと共に、ミスフィッツ・イン・アクションMisfits in Action)なるミリタリー・スタイルのユニットを結成[5]ジェネラル・レクションGeneral Rection)を名乗ってユニットのリーダー格となり、同年10月29日にランス・ストーム&ジム・ドゥガンとのハンディキャップ・マッチを制してUSヘビー級王座を獲得[6]、初のメジャータイトル戴冠を果たした[1]

また、11月16日にドイツにて開催されたPPV "Millennium Final" ではドイツ出身のアレックス・ライトのパートナーとなり、ナチュラル・ボーン・スリラーズショーン・オヘア&マーク・ジンドラックからWCW世界タッグ王座を奪取している[7][8]

WWF / WWE[編集]

2001年ワールド・レスリング・フェデレーション・エンターテインメントのWCW買収に伴いWWFに移籍し、6月4日放送の『ロウ・イズ・ウォー』におけるケインクリスチャンインターコンチネンタル王座戦に乱入[2]。WCWとECWの連合軍として結成されたアライアンスのメンバーとなり、WWF正規軍との軍団抗争アングルに参入した。

アングル終結後の2002年は当時のWWFの下部団体HWAに出場し、3月12日にレイヴェンと組んでランス・ケイド&スティーブ・ブラッドリーからHWAタッグ王座を奪取している[9]。同年下期には本名のビル・デモットBill DeMott)の名義で新人選手発掘番組『タフ・イナフ』第3シリーズのトレーナーに起用され、前任者のタズボブ・ホーリーが担当していた鬼教官の役どころを受け持った[2]

以降はリングネームもビル・デモットに変更し、『スマックダウン』のアンダーカードで活動。2003年10月からはダイジェスト番組 "Velocity" のカラー・コメンテーターも担当した[2]。その後はWWEの専属トレーナーとなり、ファーム団体DSWにて若手選手の指導・育成に携わっていたが、2007年1月の契約満了に伴いWWEを解雇された[10]

以後、ノース&サウスカロライナのCWAやバージニアのUWFなどのインディー団体へのスポット出場を経て、2011年に『タフ・イナフ』新シリーズのトレーナーとしてWWEと再契約[1]2012年6月からはNXTのヘッドトレーナーに就任したが、2015年3月6日、NXT所属選手に対する体罰が噂されるようになり、辞任することになった[11]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

W★INGプロモーション
WCW
その他

育成選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c WWE Alumni: Bill DeMott”. WWE.com. 2011年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Wrestler Profiles: Bill DeMott”. Online World of Wrestling. 2011年4月21日閲覧。
  3. ^ a b WING World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  4. ^ a b WING World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  5. ^ Misfits in Action”. Cagematch.net. 2016年1月17日閲覧。
  6. ^ a b NWA-WCW United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  7. ^ WCW German Pay-Per-View November 16, 2000”. pWw-Everything Wrestling. 2011年4月30日閲覧。
  8. ^ a b WCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月30日閲覧。
  9. ^ a b HWA Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年4月21日閲覧。
  10. ^ WWE releases Superstars: January 19, 2007”. WWE.com. 2011年4月21日閲覧。
  11. ^ WWE News: Bill DeMott resigns, interim replacement”. Wrestling Observer. 2015年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]