リック・マーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リック・マーテル
リック・マーテルの画像
プロフィール
リングネーム リック・マーテル
リック "ザ・モデル" マーテル
リッキー・マーテル
本名 リシャール・ヴィニョー
(リチャード・ヴィノー)
ニックネーム 弾丸戦士
ザ・モデル
身長 183cm
体重 102kg - 110kg
誕生日 1956年3月18日(60歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州の旗 ケベック州
ケベック・シティー
スポーツ歴 レスリング
トレーナー マイク・マーテル
ピエール・マーチン
デビュー 1972年
引退 1998年
テンプレートを表示

リック・マーテルRick "The Model" Martel、本名:Richard Vigneault1956年3月18日 - )は、フランス系カナダ人の元プロレスラーカナダケベック州ケベック・シティー出身。第31代AWA世界ヘビー級王者

全盛時の1980年代は甘いマスクの二枚目ベビーフェイスとして黄色い声援を集め、円熟期に入った1990年代はルックスの良さを鼻にかけたナルシシストヒールに転じて観客のブーイングを煽るなど、善悪両方のポジションで活躍した[1]

来歴[編集]

少年時代に学んだレスリングの技術を下地に、負傷したレスラーの代打として1972年に16歳でデビュー[1]。兄のマイク・マーテルが主戦場としていたカルガリースタンピード・レスリングを活動拠点に、1974年には同地区認定のインターナショナル・タッグ王座を獲得[2]。翌1975年からは、アメリカ合衆国南部ジョージアフロリダダラスなどNWAの主要テリトリーにも出場。前座試合において、フロリダでは若手時代のボブ・バックランドとタッグを組み[3]、ダラスでは後にAWA世界ヘビー級王座を争うスタン・ハンセンとも対戦した[4]

1976年10月、カルガリーとの提携ルートで国際プロレスに初来日。11月14日に足利にて寺西勇IWA世界ミッドヘビー級王座に挑戦した[5]ジプシー・ジョーギル・ヘイズ、兄マイクとピエール・マーチンのザ・コンバットなどのラフファイターが主軸となったシリーズにおいて、そのレスリングセンスは関係者から高く評価され[6]、エースのラッシャー木村をはじめサンダー杉山マイティ井上とのシングルマッチも組まれた[7]

以降もカナダを主戦場としつつ各地を転戦し、ニュージーランドでは1977年5月26日にキング・イヤウケア1979年3月19日にピエール・マーチン、同年9月3日にミスター・フジを破り、NWA英連邦ヘビー級王座を通算3回獲得[8]ジム・バーネットが主宰していたジョージア・チャンピオンシップ・レスリングでは、1978年9月23日にトミー・リッチと組んでイワン・コロフ&オレイ・アンダーソンからNWAジョージア・タッグ王座を奪取している[9]

1979年から1980年にかけては、太平洋岸北西部オレゴンおよびワシントン州をサーキット・エリアとするパシフィック・ノースウエスト・レスリング(PNW)にてロディ・パイパーとのコンビで活躍。ブッチ・ミラー&ルーク・ウィリアムスザ・シープハーダーズと抗争を繰り広げ、NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座を再三獲得した[10]。1980年2月には全日本プロレスに初参戦、同時参加したディック・マードックキラー・トーア・カマタカリプス・ハリケーンジョニー・バリアントガイ・ミッチェルドクトル・ワグナーなどのベテラン勢に混じってフレッシュなファイトを展開し、ワグナーと組んでドス・カラスともタッグマッチで再三対戦した[11]

1980年8月、バディ・ローズとのルーザー・リーブス・タウン・マッチに敗れてPNWを離れ[1]ニューヨークWWFに登場。同年11月8日、トニー・ガレアと組んでワイルド・サモアンズからWWFタッグ王座を奪取した[12]。翌1981年3月17日、キング&レックスザ・ムーンドッグスに敗れて一度は王座を失うも、同年7月21日に奪回[12]。2回に渡って同王座を獲得したことで一躍トップレスラーの仲間入りを果たす。この当時から何度となく新日本プロレスへの来日が予定され、IWGPリーグ戦のカナダ代表選手とされたこともあるが、新日本登場は一度も実現しなかった。

WWFを離れてからは地元ケベックモントリオールに定着し、ジノ・ブリットらが主宰していたインターナショナル・レスリング(Lutte Internationale)にて活動、1982年から1983年にかけてディノ・ブラボービル・ロビンソンとカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座を争う[13]。その後、当時モントリオール地区と提携していたAWAに本格参戦。1984年5月13日、ミネソタ州セントポールのシビック・センターにおいてジャンボ鶴田を破り、第31代AWA世界ヘビー級王者となる[14]

以降、前王者の鶴田や元王者のニック・ボックウィンクルをはじめ、ミスター・サイトー、ビル・ロビンソン、ブラッド・レイガンズハーリー・レイスジム・ガービン、ボブ・バックランド、ケンドー・ナガサキラリー・ズビスコカマラマイケル・ヘイズテリー・ゴディジェリー・ローラーなどを挑戦者に迎えて防衛戦を展開[15][16]。モントリオールにも世界王者として凱旋し、キング・トンガセーラー・ホワイトの挑戦を受けた。1985年10月21日には全日本プロレスの両国国技館大会にて、当時のNWA世界ヘビー級王者であったリック・フレアーと史上初のAWAとNWAの世界ダブルタイトルマッチを行っている(結果は両者リングアウト)[17]。同年12月29日、ニュージャージー州イーストラザフォードでスタン・ハンセンに敗れるまで、1年7か月の間AWA世界王座を保持した[14]。以後はモントリオールに戻り、同地区で頭角を現していたトム・ジンクとのコンビで1986年末の世界最強タッグ決定リーグ戦に参戦している[18]

1987年カンナム・コネクションThe Can-Am Connection)のチーム名でジンクと共に再びWWFに参戦、3月29日のレッスルマニアIIIではカウボーイ・ボブ・オートン&マグニフィセント・ムラコから勝利を収めた[19][20]。ジンクのWWF離脱後は、ティト・サンタナを新パートナーにイケメン系タッグチームのストライク・フォースStrike Force)を結成し、10月27日にブレット・ハート&ジム・ナイドハートハート・ファウンデーションからWWF世界タッグ王座を奪取、翌1988年3月27日のレッスルマニアIVアックス&スマッシュデモリッションに敗れるまで戴冠した[12]

王座陥落後もサンタナとのコンビで活動したが、1989年4月2日のレッスルマニアVでのブレーン・バスターズ(タリー・ブランチャード&アーン・アンダーソン)戦でサンタナと仲間割れ[21]。以降はスリックマネージャーに迎え、ザ・モデルThe Model)というキザなキャラクターのヒールに転向、1989年10月14日のキング・オブ・ザ・リングではサンタナと決勝戦を争った(結果は準優勝)[22]1990年4月13日、東京ドームで行われた日米レスリングサミットにもヒールのポジションで来日、カート・ヘニングと組んで因縁のジャンボ鶴田&キング・ハクと対戦した[23]1991年1月19日のロイヤルランブル'91では53分間生き残りの最長時間記録(当時)を樹立[1]。同年末にはWWFと提携していたSWSに来日し、12月12日、東京ドームでのSWS認定ジュニアヘビー級王座決定戦で佐野直喜の相手を務めた[24]

ザ・モデルのキャラクターでは "Arrogance" なるブランドの香水スプレーを対戦相手の顔に噴射する反則行為を行い[1]、このスプレー攻撃でジェイク・ロバーツの目を負傷させたというアングルのもと、1991年3月24日のレッスルマニアVIIでは、互いに黒い頭巾を被り盲目状態のまま試合を行うブラインドフォールド・マッチが組まれた[19]1992年は、当時同じく色悪系のヒールとして台頭していたショーン・マイケルズと女性マネージャーのセンセーショナル・シェリーを巡って対立、8月29日のサマースラム'92にて両者の対戦が行われている[1][25]。同年のレッスルマニアVIIIに端を発するタタンカとの抗争では、タタンカからインディアンの羽飾りを奪い、それを自身のファッションのアクセサリーにして怒りを煽った[26]1993年9月には、ショーン・マイケルズの戦線離脱で空位となっていたインターコンチネンタル王座レイザー・ラモンと争うなど[1][27]、長期間に渡ってWWFで活躍したが、徐々に中堅ヒールのポジションに甘んじるようになり、1995年にWWFを離脱した[28]

その後はカナダのインディー団体を経て、1997年下期よりWCWに参戦。1998年2月16日にフロリダ州タンパブッカー・Tを破りWCW世界TV王座を獲得するが、6日後の2月22日のリターンマッチで王座を奪回される[29]。この試合でマーテルは着地に失敗し、右膝内部の靭帯を裂いて骨折[30]。軟骨の損傷をも負ってしまい、引退を余儀なくされた[1]。近年は地元のケベック・シティーで不動産開発事業を手掛けている[28]

2007年6月24日、WWEヴェンジェンス'07において久々にファンの前に登場[31]。かつてのタッグパートナーのトニー・ガレアと共に、デュース・アンド・ドミノに攻撃されるジミー・スヌーカサージェント・スローターを救出し、大歓声で迎えられた[1]

得意技[編集]

もっともカメラアングルの映える技として、ザ・モデルのギミックに合わせたネーミングが付けられた。スタン・ハンセンに敗れAWA世界王座を奪われた時の技でもある。
AWA世界戦でジャンボ鶴田に勝利したときの技。

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • スタンピード・インターナショナル・タッグ王座:1回(w / Lennie Hurst)[2]
ワールド・レスリング・カウンシル
NWAニュージーランド
  • NWA英連邦ヘビー級王座:3回[8]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:1回[33]
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:3回(w / ロディ・パイパー[10]
NWAオールスター・レスリング
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / ロディ・パイパー)[34]
インターナショナル・レスリング
ワールド・レスリング・フェデレーション
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Rick Martel Biography”. The Official Website of Rick Martel. 2010年4月21日閲覧。
  2. ^ a b Stampede International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月24日閲覧。
  3. ^ The CWF matches fought by Rick Martel in 1975”. Wrestlingdata.com. 2016年5月4日閲覧。
  4. ^ The WCCW matches fought by Rick Martel in 1975”. Wrestlingdata.com. 2016年5月4日閲覧。
  5. ^ 『忘れじの国際プロレス』P102(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  6. ^ 『昭和プロレス・マガジン 第34号』P45(2014年、ミック博士の昭和プロレス研究室)
  7. ^ IWE 1976 Yūmō Series”. Puroresu.com. 2016年5月4日閲覧。
  8. ^ a b NWA British Empire/Commonwealth Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月24日閲覧。
  9. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月24日閲覧。
  10. ^ a b NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  11. ^ The AJPW matches fought by Rick Martel in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年12月26日閲覧。
  12. ^ a b c d History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月21日閲覧。
  13. ^ a b International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月24日閲覧。
  14. ^ a b c AWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  15. ^ Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1984”. Wrestling-Titles.com. 2016年5月4日閲覧。
  16. ^ Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1985”. Wrestling-Titles.com. 2016年5月4日閲覧。
  17. ^ AJPW World Champion Carnival 1985 - Tag 14”. Cagematch.net. 2016年5月4日閲覧。
  18. ^ AJPW 1986 Real World Tag Team League”. Puroresu.com. 2016年5月4日閲覧。
  19. ^ a b Rick Martel's Wrestlemania memories”. SLAM! Sports (March 19, 2009). 2010年4月21日閲覧。
  20. ^ WWE Yearly Results 1987”. The History of WWE. 2011年1月24日閲覧。
  21. ^ WWF WrestleMania V”. pWw-Everything Wrestling. 2011年1月24日閲覧。
  22. ^ King of the Ring 1989”. Pro Wrestling History.com. 2010年4月21日閲覧。
  23. ^ WWF/AJPW/NJPW Wrestling Summit”. Cagematch.net. 2015年11月7日閲覧。
  24. ^ SWS SuperWrestle In Tokyo Dome”. Cagematch.net. 2015年11月7日閲覧。
  25. ^ WWE Yearly Results 1992”. The History of WWE. 2011年1月24日閲覧。
  26. ^ Native Tatanka Bio/Stats”. The Official Site of Native Tatanka. 2010年4月21日閲覧。
  27. ^ History of the WWE Intercontinental Championship: Razor Ramon's first reign”. WWE.com. 2011年1月24日閲覧。
  28. ^ a b Wrestler Profiles: Rick Martel”. Online World of Wrestling. 2010年4月21日閲覧。
  29. ^ a b WCW World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月21日閲覧。
  30. ^ Chats with Rick Martel”. SLAM! Sports (April 2, 1998). 2010年4月21日閲覧。
  31. ^ Catching up with Rick Martel”. WWE.com (November 19, 2008). 2010年4月21日閲覧。
  32. ^ WWC North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月7日閲覧。
  33. ^ NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月24日閲覧。
  34. ^ NWA Canadian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]