キラー・トーア・カマタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キラー・トーア・カマタ
プロフィール
リングネーム キラー・トーア・カマタ
トーア・カマタ
ドクター・モト
キング・カマタ
本名 マクロナルド・カマカ
ニックネーム 流血大王
身長 183cm
体重 140kg(全盛時)
誕生日 1937年3月9日
死亡日 (2007-07-23) 2007年7月23日(70歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ州の旗 ハワイ州ホノルル
スポーツ歴 レスリング[1]
デビュー 1959年
引退 1987年
テンプレートを表示

キラー・トーア・カマタ"Killer" Tor Kamata、本名:McRonald Kamaka1937年3月9日 - 2007年7月23日[2])は、アメリカ合衆国プロレスラーハワイ州ホノルル出身。カナカ人の血を引くとされる[3]

選手時代は悪役レスラーとして活躍し、流血大王の異名で呼ばれた。実弟もプロレスラーで、1972年7月にコーア・ティキのリングネーム新日本プロレスに来日したことがある[4]

来歴[編集]

ハワイでは学生時代にレスリングで活動する一方、試合を終えたプロレスラーが集まるナイトクラブで用心棒として働いていた[1]アメリカ空軍を除隊後、ハワイ地区のプロモーターだったエド・フランシスに誘われて1959年プロレス入り[1]。デビュー当初は、同じハワイ出身のカーティス・イヤウケアニック・ボックウィンクルのフォローを受けていたという[1]

本名のマクロナルド・カマカ(McRonald Kamaka)名義で活動後、1965年よりアメリカ本土テネシー地区でトーア・カマタTor Kamata)に改名[5]日系人レスラーのトージョー・ヤマモトのパートナーとなり、同年10月2日にナッシュビルにてジャッキー・ファーゴ&レン・ロッシーからNWA南部タッグ王座を奪取[6]。ヤマモトとのタッグ解消後もトーア・カマタとして中西部や中南部など各地を転戦、1966年にはオクラホマ地区でジャック・ブリスコダニー・ホッジと抗争した[7]

AWA圏では日系人レスラーの大御所ミスター・モトにあやかり、ドクター・モトDr. Moto)のリングネームで活躍[3]ミツ・アラカワタッグチームを結成し、1967年10月13日にインディアナポリスにてディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーからWWA世界タッグ王座を[8]、同年12月2日にはシカゴウイルバー・スナイダー&パット・オコーナーからAWA世界タッグ王座を奪取している[9]。翌1968年12月28日、最終的に両王座をブルーザー&クラッシャーに明け渡すまで、AWAとWWAの世界タッグ王座の2冠王として1年間にわたって長期政権を築いた[8][9]

アラカワとのタッグ解消後、1969年よりリングネームをトーア・カマタに戻し、派手な着物をまとった日系ヒールとして北米の主要テリトリーを転戦[3]カナダカルガリー地区(スチュ・ハート主宰のスタンピード・レスリング)では1972年クルト・フォン・ヘスジェフ・ポーツを破って北米ヘビー級王座を再三獲得[10]。王座戴冠中の同年7月8日にはエドモントンにて、当時ドリー・ファンク・ジュニアが保持していたNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[11]。以降もフラッグシップ・タイトルの北米王座を巡り、ジョージ・ゴーディエンコカルロス・ベラフォンテアーチー・ゴルディーギル・ヘイズらと対戦[12]。同タイプのアブドーラ・ザ・ブッチャーとも流血の抗争を繰り広げた[1][13]1975年5月には同地区のブッカーだったジョー・タイゴーの招聘で国際プロレスに初来日。以後、日本マットにおいても実績を残した(後述)。

1976年下期からはニューヨークWWWFに進出[14][15]イワン・プトスキーケビン・サリバンS・D・ジョーンズらを下すも、反則・暴走が目に余るため、トップコンテンダーにもかかわらず当時の王者ブルーノ・サンマルチノWWWFヘビー級王座に挑戦させてもらえなかったという逸話を残している[16]マディソン・スクエア・ガーデンでの挑戦機会はなかったものの、1977年1月15日にコネチカット州ニューヘイブン、2月27日にメリーランド州ランドーバーにてサンマルチノへの挑戦が実現した[17][18])。WWWFではフレッド・ブラッシーマネージャーに迎え、ニコライ・ボルコフスタン・スタージャックと組んでチーフ・ジェイ・ストロンボー&ビリー・ホワイト・ウルフが保持していたWWWF世界タッグ王座にも度々挑戦した[17]

地元のハワイでは、1977年12月にサム・スティムボートからNWA北米ヘビー級王座を、1978年8月にドン・ムラコからNWAハワイ・ヘビー級王座をそれぞれ奪取[19][20]1980年からは再びニューヨークに登場し、新王者ボブ・バックランドWWFヘビー級王座に挑戦[21][22]。同年8月9日にシェイ・スタジアムにて開催されたビッグ・イベント "Showdown at Shea" にも出場しており、パット・パターソンを相手に反則負けを喫している[23]

1981年の下期はジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに参戦し、レイ・スティーブンスとのタッグなどで活動[24]。同年11月1日にはアトランタオムニ・コロシアムにてスーパー・デストロイヤーと組み、スタン・ハンセン&トミー・リッチと対戦[25]、翌11月2日にはオーガスタにてハンセンとのシングルマッチも行われた[26]1982年にはマーク・ルーインのブッキングにより、キング・カマタKing Kamata)のリングネームでニュージーランドに遠征。キラー・カール・クラップオックス・ベーカーをパートナーにタッグ王座を獲得している[27]

1980年代前半に心臓に不安要因が見つかり減量、最後の来日を果たした1987年に現役を引退した[5]

2007年7月23日カナダサスカチュワン州サスカトゥーンにて心臓発作のため死去[2]。70歳没。

日本での活躍[編集]

日本には1975年5月に国際プロレスに初来日し、5月26日に後楽園ホール、6月6日に宇都宮市体育館にてラッシャー木村IWA世界ヘビー級王座に連続挑戦(宇都宮では金網チェーン・デスマッチで挑戦)[28]。以降、1977年まで3回に渡って国際プロレスに参戦し、木村のIWA世界タイトルには計5回挑戦、金網デスマッチでも雌雄を決している[28]IWA世界タッグ王座にも挑戦しており、1976年3月13日にはカルロス・コロンと組んで王者チームのグレート草津&マイティ井上に、1977年8月4日にはジプシー・ジョーとの狂乱コンビで草津&アニマル浜口にそれぞれ挑んだ[29]

1978年5月、全日本プロレスに初登場し、6月1日に秋田市立体育館ジャイアント馬場PWFヘビー級王座に挑戦。38回もの連続防衛記録を重ねていた馬場を破り、第2代のPWF王者となる(カマタの反則攻撃に怒った馬場の暴走による反則勝ち)[30]。しかし6月12日の愛知県一宮市での初防衛戦でビル・ロビンソンに敗れて王座転落[30]。同年10月9日に久留米にてロビンソンにリターン・マッチを挑むが失敗[31]、その後も王者に返り咲いた馬場に2度に渡って挑戦したが王座奪回は果たせなかった。

以降も全日本の常連外国人選手となり、世界最強タッグ決定リーグ戦には1979年大木金太郎、1978年後半戦と1980年には因縁のアブドーラ・ザ・ブッチャーと組んで参加しており、1980年にはジャイアント馬場&ジャンボ鶴田ザ・ファンクスと並んで最後まで優勝戦線に残っている[32]。1979年のチャンピオン・カーニバルでは、3月17日の福岡市九電記念体育館での公式戦でブッチャーと対戦して引き分けているが[33]、カルガリー時代のような抗争アングルには発展せず、全日本ではブッチャーのパートナーとして女房役に回った。

1980年2月の来日ではディック・マードックとの対立アングルが組まれ、3月2日に後楽園ホールで行われたシングルマッチではマードックを相手に大流血戦を演じた[34]。馬場&鶴田のインターナショナル・タッグ王座には、1980年11月2日にブッチャー、1981年7月17日にグレート・マーシャルボーグ(カマタの弟子という触れ込みで来日したが、昭和プロレス史上でも一・二を争う「食わせ物選手」として名を残している)、1982年7月16日にタイガー・ジェット・シンと組んで挑戦。1982年は1月3日に後楽園ホール、7月9日に熊本にて、ジャンボ鶴田のUNヘビー級王座にも2回挑戦した[35]

日本には国際・全日本を合わせ、1975年5月から1987年5月まで12年間で計16回来日している。1980年のWWF参戦時にはボブ・バックランドダスティ・ローデスペドロ・モラレスパット・パターソンレネ・グレイなど当時の新日本プロレス系の外国人選手と対戦し[21]、8月9日の "Showdown at Shea" ではアントニオ猪木藤波辰巳と邂逅したが[23]、団体間の紳士協定のため新日本に来ることはなかった。

エピソード[編集]

  • トーア・カマタというリングネームは日系人らしく見せるためのネーミング・ギミックで、「トーア」は「東亜」より取ったといわれているが、スペリングからすると「巨大な岩山」という意味合いである。また、スペイン異端審問で知られるトマス・デ・トルケマダをもじって名付けられたともされる[1]
  • 国際プロレス参戦時、杉浦滋男東京12チャンネルアナウンサー)の胸ぐらを掴み、実況席からゴボウ抜きにし、背広をビリビリに破いたことがある[36]
  • プロレスファンからも存在が忘れられていた1989年、当時の人気バラエティ番組とんねるずのみなさんのおかげです』のコーナードラマ仮面ノリダー』において、カマタをモデルとした「トーア・カマタ男」が登場。ノリダーの敵役の怪人として石橋貴明が演じた。これによりプロレスファン以外の知名度も高まり、放送局だったフジテレビにより本人招聘も企画されたが、相談を受けた全日本プロレス側の「当人の体調面(心臓疾患の容態)の心配や痩せ衰えた外見によりファンのイメージを損ねる恐れがある」との見解から実現には至らなかったという。
  • 流智美のインタビューにおいて、自身のキャリアにおけるラフェスト・マッチ(もっとも荒っぽかった試合)としてブッチャー戦を挙げている[37]
  • 強面(こわもて)の外見とは違って、普段は物静かでビーズ細工やレース編みが趣味だったという[36][38]
  • 好物は天ぷらたくあん[38]
  • 作家の町田康は、カマタがジャイアント馬場からPWFヘビー級王座を奪取した1978年当時「腐れおめこ」というバンドを組んでおり、『馬場はカマタに負けよった』なる曲を歌っていた[39]

得意技[編集]

当時の中継では「指突き」と紹介された。突きを中心にした空手を連想させる打撃技が得意である。他に「三段突き」なども。
当時の中継では「フライング・ソーセージ」とも紹介された。
  • トー・キック
その場で垂直にジャンプして空中で相手の喉元を蹴り上げる。
当時カマタのようなアンコ型のレスラーのドロップキックは非常に珍しかった。また、打点が高くフォームが美しいという点も特筆される。

獲得タイトル[編集]

全日本プロレス
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・レスリング・アソシエーション
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAミッドアメリカ
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回[20]
  • NWA北米ヘビー級王座(ハワイ版):1回[19]
NWAニュージーランド
NWAハリウッド・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:1回[42]
スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座:3回[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Tor Kamata: Mean but nice”. SLAM! Sports: July 7, 2004. 2016年7月26日閲覧。
  2. ^ a b Tor Kamata dead at 70”. SLAM! Sports: July 26, 2007. 2010年4月8日閲覧。
  3. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P65(1996年、日本スポーツ出版社
  4. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P82(2002年、日本スポーツ出版社)
  5. ^ a b Tor Kamata: Places”. Wrestlingdata.com. 2016年7月26日閲覧。
  6. ^ a b NWA Southern Tag Team Title: Mid-America version”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月2日閲覧。
  7. ^ The Tri-State matches fought by Tor Kamata in 1966”. Wrestlingdata.com. 2016年7月26日閲覧。
  8. ^ a b c WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  9. ^ a b c AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  10. ^ a b North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月2日閲覧。
  11. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1972”. Wrestling-Titles.com. 2013年12月18日閲覧。
  12. ^ The Stampede matches fought by Tor Kamata in 1973”. Wrestlingdata.com. 2013年9月28日閲覧。
  13. ^ Abdullah the Butcher vs. Tor Kamata”. Wrestlingdata.com. 2013年9月28日閲覧。
  14. ^ WWE Yearly Results 1976”. The History of WWE. 2008年7月12日閲覧。
  15. ^ The WWE matches fought by Tor Kamata in 1976”. Wrestlingdata.com. 2016年7月26日閲覧。
  16. ^ 『別冊ゴング 昭和52年6月号』P132(1977年、日本スポーツ出版社)
  17. ^ a b WWE Yearly Results 1977”. The History of WWE. 2011年12月2日閲覧。
  18. ^ The WWE matches fought by Tor Kamata in 1977”. Wrestlingdata.com. 2016年7月26日閲覧。
  19. ^ a b NWA North American Heavyweight Title: Hawaii version”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月11日閲覧。
  20. ^ a b NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月2日閲覧。
  21. ^ a b WWE Yearly Results 1980”. The History of WWE. 2008年7月12日閲覧。
  22. ^ The WWE matches fought by Tor Kamata in 1980”. Wrestlingdata.com. 2016年7月26日閲覧。
  23. ^ a b WWF Showdown at Shea 1980”. Cagematch.net. 2015年4月14日閲覧。
  24. ^ The GCW matches fought by Tor Kamata in 1981”. Wrestlingdata.com. 2016年7月26日閲覧。
  25. ^ GCW at Atlanta 1981/11/01”. Cagematch.net. 2014年9月9日閲覧。
  26. ^ GCW at Augusta 1981/11/02”. Wrestlingdata.com. 2014年9月9日閲覧。
  27. ^ a b NWA Australasian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  28. ^ a b 『忘れじの国際プロレス』P101(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  29. ^ IWE 1977 Big Challenge Series”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  30. ^ a b c PWF Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月2日閲覧。
  31. ^ AJPW 1978 Giant Series”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  32. ^ AJPW 1980 Real World Tag Team League”. Puroresu.com. 2015年4月14日閲覧。
  33. ^ AJPW 7th Champion Carnival - Tag 13”. Cagematch.net. 2015年4月14日閲覧。
  34. ^ AJPW Excite Series 1980 - Tag 14”. Cagematch.net. 2015年4月14日閲覧。
  35. ^ The AJPW matches fought by Tor Kamata in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年4月14日閲覧。
  36. ^ a b 『不滅の国際プロレス 1974-1981』(2007年、ポニーキャニオン、JAN 4988013253940)
  37. ^ 『デラックス・プロレス 昭和58年3月号』P56(1983年、ベースボール・マガジン社
  38. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.1』P66(2007年、辰巳出版ISBN 4777804313
  39. ^ 『町田康全歌詩集 1977-1997』(2001年、マガジンハウスISBN 4838711700
  40. ^ NWA North American Tag Team Title: Central States version”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月8日閲覧。
  41. ^ NWA World Tag Team Title: Los Angeles version”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月2日閲覧。
  42. ^ WWC Puerto Rico Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]