貫手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貫手(四本貫手)

貫手(ぬきて、NukiteSpear Hand)は、空手などの格闘技武道で用いられる殴打技オープン・ブロー)の一種である。貫き手(ぬきて)、貫手突き(ぬきてづき)とも呼ばれる。少林寺拳法では角手(つので)と呼ばれている。

概要[編集]

貫手は手の指を真っ直ぐ伸ばして指先で相手を突く技である[1][2]指先の鍛錬をしないものが、これを行うと指先を痛めるおそれがあるが[1]通常の突き、パンチよりも力を一点に集中させることが出来るため、みぞおち、脇腹、喉、目などの急所を攻撃する場合は非常に大きなダメージを与えることが出来る[2]

種類[編集]

  • 四本貫手(しほんぬきて)
最も多く使われて人差し指から小指までを使用[1][2]。プロレスラーのアブドーラ・ザ・ブッチャーはプロレスの試合で地獄突き(じごくつき、Throat Thrust)の名称で使用して以降は同名称が定着している。漫画『プロレススーパースター列伝』によると地獄突きはブッチャーがシンガポールで空手の達人であるガマ・オテナ(実在しない)の下で修行して開発したオリジナル技とされている。主な使用者はキラー・トーア・カマタルーク・ギャローズ橋本真也天山広吉新崎人生秀吉一刀の名称で使用)、吉田隆司
  • 二本貫手(にほんぬきて)
人差し指と中指を使用。相手の目、鼻、喉など柔らかい部位を狙う場合が多い。
  • 一本貫手(いっぽんぬきて)
人差し指または親指及び親指第一関節のみを使用[2]。ただし、相手に失明など重大な怪我を与えかねない危険な技であるため、試合では禁止技となっており、道場で練習されることも少ない[1]

鍛練法[編集]

貫手の鍛練法として一般的なものは砂もしくは米を入れた甕に繰り返し貫手を突き刺す方法である[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 山口剛玄『剛柔流空手道教範』(2008年)、pp.46 - 47.
  2. ^ a b c d e Hirokazu Kanazawa"Black Belt Karate: The Intensive Course"(2007年)、pp.32 - 33.

関連項目[編集]