ビル・ミラー (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・ミラー
プロフィール
リングネーム ドクター・ビル・ミラー
ビッグ・ビル・ミラー
ドクターX
ミスターX
ミスターM
ザ・クリムゾン・ナイト
本名 ウィリアム・M・ミラー
ニックネーム 狂った獣医
身長 196cm - 198cm
体重 132kg - 140kg
誕生日 1927年6月5日
死亡日 1997年3月24日(満69歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州の旗 オハイオ州
サンダスキー郡フレモント
スポーツ歴 アメリカンフットボール
レスリング
デビュー 1951年
引退 1976年
テンプレートを表示

ビル・ミラーDr. Bill Miller、本名:William M. Miller1927年6月5日 - 1997年3月24日)は、アメリカ合衆国プロレスラーオハイオ州フレモント出身のドイツ系アメリカ人

獣医師の免許を有していたことから「ドクター」の異名を持ち、覆面レスラードクターXミスターXミスターMに変身しての活動でも知られる。第5代AWA世界ヘビー級王者(ミスターMとして戴冠)。実弟のエド・ミラーとダン・ミラーも元プロレスラーである。

来歴[編集]

オハイオ州立大学時代はスポーツ万能ぶりを発揮し、カレッジフットボールではローズボウルで活躍[1]レスリングではビッグ・テン・カンファレンス1950年1951年の2度に渡ってヘビー級チャンピオンとなり、1951年にはNCAAのオールアメリカンに選出された[2]。学業においては獣医学を学び[2][3]獣医師の資格を取得したが[1]、プロモーターのアル・ハフトにスカウトされ[3]、大学卒業後の1951年にプロレスラーとしてデビュー[1][2]

地元オハイオにてハフトが主宰していたMWA(ミッドウエスト・レスリング・アソシエーション)を主戦場に、1953年から1955年にかけて、ミッドウエスト・ヘビー級王座および改称版のイースタン・ステーツ・ヘビー級王座をバディ・ロジャースと争う[4]1956年2月にはディック・ハットンを破り、オハイオ・ヘビー級王座にも戴冠した[5]

1956年下期からは弟のエド・ミラーとタッグチームを結成し、アメリカ西海岸からカナダトロントまで、NWAの各テリトリーを転戦。同年8月にはサンフランシスコにてボボ・ブラジル&エンリケ・トーレスから同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取している[6]

エドとのタッグ解消後は覆面レスラードクターXDr. X)に変身し、ネブラスカ州オマハにて1959年10月3日にウイルバー・スナイダー1961年2月4日にドン・レオ・ジョナサンを破り、俗に「オマハ版」といわれるAWA世界ヘビー級王座を獲得[7]。その後、ミネソタAWAミスターMMr. M)に再変身し、1961年10月17日にハードボイルド・ハガティからUSヘビー級王座を奪取[8]1962年1月9日にはバーン・ガニアを下してミネアポリス版のAWA世界ヘビー級王座にも戴冠している(両AWA世界王座は1963年にガニアが統一)[9]

この間の1961年5月、ミスターXMr. X)のリングネーム日本プロレスに初来日。『第3回ワールド大リーグ戦』に出場し、力道山と決勝を争った[3][10]。継続参戦した選抜シリーズにおいては、7月21日に田園コロシアムにて力道山のインターナショナル・ヘビー級王座に挑戦している[11]。同リーグ戦にはカール・ゴッチもカール・クラウザー名義で参戦していたが、ミラーとゴッチは1962年9月、オハイオ州コロンバスの会場控室においてバディ・ロジャースとトラブルを起こしたことがある[1][12]

1965年からは素顔のドクター・ビル・ミラーDr. Bill Miller)としてニューヨークWWWFに登場[13]。7月12日・8月2日・8月23日のマディソン・スクエア・ガーデン定期戦において、ブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に3カ月連続で挑戦している[14]。WWWFでは弟のダン・ミラーとのタッグでも活動し、1965年8月5日にはゴリラ・モンスーン&カウボーイ・ビル・ワットからUSタッグ王座を奪取、翌1966年2月21日にジョニー・バレンタイン&アントニオ・プリエーゼに敗れるまで保持した[15]

1968年1月、ミスターXの覆面を着けながらもビル・ミラー名義で日本プロレスの『新春チャンピオン・シリーズ』に再来日。1月8日の広島大会ではクラッシャー・リソワスキーと組んでBI砲ジャイアント馬場&アントニオ猪木)のインターナショナル・タッグ王座に挑戦する予定だったが、猪木が雪害のため広島入りできず欠場、タイトルは空位となり、馬場&吉村道明と王座争奪戦を行うも引き分ける[16]。2月3日に東京大田区体育館にて改めてBI砲との争奪戦に臨むが敗退した[17]

1968年はオーストラリアジム・バーネット主宰のワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征し、6月にキラー・コワルスキーとのコンビでIWA世界タッグ王座を奪取している[18]1970年6月26日にはインディアナポリスWWAにて、ディック・ザ・ブルーザーと組んでWWA世界タッグ王座も獲得した[19]。同年11月20日、ザ・クリムゾン・ナイトThe Crimson Knight)なるマスクマンとして、ミズーリ州セントルイスにてドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座に挑戦するも敗退[20]、覆面を剥がされている[1]

1971年2月、素顔のビッグ・ビル・ミラーBig Bill Miller)として国際プロレスの『AWAビッグ・ファイト・シリーズ』に来日。3月4日の北九州小倉大会でサンダー杉山からIWA世界ヘビー級王座を奪取し、ベルトを海外に流出させるも、3カ月後の6月19日、ミネソタ州ダルースにてストロング小林王座を明け渡した[21](当日、両者はミネアポリスにて、ミラーはニック・ボックウィンクル、小林はビル・ロビンソンと対戦しており[22]、ダルースにおける小林とミラーの試合は記録に残されておらず、この王座交代劇は架空のものともされる[23])。国際プロレスには1972年6月開幕の『ビッグ・サマー・シリーズ』にも再来日し、7月19日に東京の板橋区体育館にて新王者の小林に挑戦したが、タイトル奪還は果たせなかった[24]。同シリーズではバロン・シクルナをパートナーに、空位となっていたIWA世界タッグ王座を小林&グレート草津と争っている[25]

1973年6月末にはキラー・カール・コックスブル・ラモスらと共に全日本プロレスの『サマー・アクション・シリーズ』に参戦[26]、これが最後の来日となった。1976年の現役引退後は地元のオハイオにて食肉検査官の職に就き[27]、後に獣医を開業した[2][3]

1997年3月24日、ジムでのトレーニングを終えた後、心臓発作を起こして死去[1]。69歳没。同年、オハイオ州立大学では生前の彼の功績を称え、アスレチックの殿堂に迎えている[2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ミッドウェスト・レスリング・アソシエーション
  • ミッドウエスト・ヘビー級王座 / イースタン・ステーツ・ヘビー級王座:3回[4]
  • MWAオハイオ・ヘビー級王座:2回[5]
  • MWAオハイオ・タッグ王座:1回(w / スタン・ホレック)[1]
NWAデトロイト
NWAサンフランシスコ
NWAオールスター・レスリング
  • NWAパシフィック・コースト・タッグ王座:1回(w / エド・ミラー)[29]
  • NWAカナディアン・オープン・タッグ王座:1回(w / エド・ミラー)[30]
セントラル・ステーツ・レスリング
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
  • WWWF USタッグ王座:1回(w / ダン・ミラー)[15]
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Bill Miller”. Online World of Wrestling. 2010年6月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e College Wrestling 101: College mat stars of the 1950s who became pro wrestlers”. Examiner.com. 2010年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P284(1996年、日本スポーツ出版社
  4. ^ a b Eastern States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  5. ^ a b Ohio Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  6. ^ a b NWA World Tag Team Title [San Francisco 1950s]”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  7. ^ a b World Heavyweight Title [Omaha]”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  8. ^ a b AWA United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  9. ^ a b AWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  10. ^ JWA 1961 The 3rd Annual World Big League”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  11. ^ JWA 1961 Selection Matches of the Summer”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  12. ^ フレッド・ブラッシー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『フレッド・ブラッシー自伝』P187(2003年、エンターブレインISBN 4757716923
  13. ^ WWE Yearly Results 1965”. The History of WWE. 2010年6月10日閲覧。
  14. ^ WWE Specific Arena Results: MSG 1963-1969”. The History of WWE. 2010年6月10日閲覧。
  15. ^ a b WWWF United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  16. ^ 『1945-1985 激動のスポーツ40年史(6)プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P154(1986年、ベースボール・マガジン社
  17. ^ NWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  18. ^ a b IWA World Tag Team Title [Australia]”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  19. ^ a b WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  20. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1970”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  21. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月10日閲覧。
  22. ^ AWA at Minneapolis 1971/06/19”. Wrestlingdata.com. 2014年10月17日閲覧。
  23. ^ 『日本プロレス事件史 vol.1 "黄金時代"の光と影』P69(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583621817
  24. ^ IWE 1972 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  25. ^ IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  26. ^ AJPW 1973 Summer Action Series”. Puroresu.com. 2016年1月4日閲覧。
  27. ^ 『THE WRESTLER BEST 100』P96-97(1981年、日本スポーツ出版社)
  28. ^ NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  29. ^ NWA Pacific Coast Tag Team Title [British Columbia]”. Wrestling-titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  30. ^ NWA Canadian Open Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。
  31. ^ NWA North American Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]