タイガー・スープレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つくしによるタイガー・スープレックス(佐山式)。

タイガー・スープレックスTiger Suplex)は、プロレス技の一種でスープレックスから派生したものである。日本名は猛虎原爆固め(もうこげんばくがため)。

かけ方[編集]

初代タイガーマスク佐山聡)のオリジナル技。背後から捕まえた相手を後方に反り投げるスープレックスの一種である。ジャーマン・スープレックスでは自分の腕を相手の腰に回して投げるのに対し、タイガー・スープレックスの場合は、相手の腕を背後から閂のような形(ダブル・チキンウィング)に極め、そのまま投げる。

投げられた相手は両腕を固定されているため、受身が取れず、大きなダメージとなる。また、下手に受けると肩の関節を外してしまう危険がある。初代タイガーマスクによれば、ブリッジがしっかりしていれば、それほど困難な技ではないという。

当初は、そのブリッジを利用してフォールする技だったが、後に投げっ放し式(ホイップ式)も使用されている。

2代目タイガーマスク三沢光晴)は相手の背後から両肩に両手を添えるのではなく、相手の背中で両手をクラッチして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げて肩口から叩きつけてブリッジを崩さずにフォールを奪うのをタイガー・スープレックス'84の名称で使用。

これは2代目タイガーマスクが「毎年、新技を出す」という公約によるギミックから、従来の投げ方に変更を加えた新技と解釈するためである。

ただし、現在は佐山式三沢式はタイガー・スープレックスの名称で統一されている。

原型[編集]

タイガー・スープレックスの原型はオーストラリア出身レスラーのアル・コステロが用いたオースイ・スープレックスオージー・スープレックス / 日本名は豪州式原爆固め)とされており、相手の背後から両腕をクラッチしたまま後方へと背中から落ちるような形で反り投げ、肩口から叩きつけてフォールを奪った。

日本では1969年秋、日本プロレスの前座試合で高千穂明久戸口正徳を相手に公開。その後、マイティ井上が相手の背後から両腕をクラッチしたまま尻餅をつく形で後方へと倒れ込み、相手もろとも体を後転させて相手の両肩をマットに付け、自身の背中をブリッジするように仰け反らせてフォールを奪うのをオースイ・スープレックスの名称で使用した。

主な使用者[編集]

佐山式(タイガー・スープレックス)
三沢式(タイガー・スープレックス'84)

派生技[編集]

タイガー・スープレックス'85
「毎年、新技を出す」との公約から生まれた2代目タイガーマスク(三沢光晴)の技。ジャーマン・スープレックスよりも高い位置(相手の脇の下あたり)で、相手の体をスリーパー・ホールド風に固めて投げる。
テキーラ・サンライズ
尾崎魔弓が使用している、左腕をチキンウィングに固めた形で、自分の右腕をハーフネルソン風に回した上で相手の右手首も掴んで頭部脇にロック、そのまま後方へ投げる技。後述のミストクラッシュと異なり、右手首を固めているところが最大の特徴である。
ミスト・クラッシュ
片腕がタイガー・スープレックス(ハーフ・チキンウィング)、もう片腕がドラゴン・スープレックス(ハーフネルソン)という投げ技。ムシキング・テリーが使用している。佐々木健介のキング・バスターもほぼ同型。
デスレイク・ドライブ
下田美馬の得意技。雪崩式の投げっぱなしタイガー・スープレックス。格闘ゲームでも「ザ・キング・オブ・ファイターズ」のクラーク・スティルが使用する。
ビクトリー・タイガー
相手の喉下を掴んで後方に投げるタイガー・スープレックス。主な使い手は風間ルミ
どどん
田口隆祐が使用するダブルチキンウィング式フェイスバスター。タイガー・スープレックスに固めてから上に持ち上げ、一旦静止してから手を離して腰に持ち替え、シットダウン・パワーボムのような体勢で相手を前のめりにマットに叩きつけるフェイスバスター。
ミラノ作・どどんスズスロウン
変型のストマック・ブロック。タイガー・スープレックスの要領で捕らえた相手を宙に抱え上げた後、両腕のクラッチを切り、自らは背中からマットに倒れ込みながら両膝を突き出し、前のめりになった相手の腹部を両膝にめり込ませる。ミラノコレクションA.T.が発案した技で現在は田口隆祐がフィニッシャーとして使用している。

返し方[編集]

  • 力で強引にクラッチを振り解く。
  • 後方へと反り投げられた瞬間に体を後方へと回転させる(初披露は丸藤正道)。

関連項目[編集]