ドラゴン・スープレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドラゴン・スープレックスDragon suplex)は、プロレス技の一種でスープレックスから派生したものである。ジャーマン・スープレックスの派生技である。日本名は飛龍原爆固め(ひりゅうげんばくがため)。フルネルソン・スープレックスFull nelson suplex)とも呼ばれて日本名は羽交い締め式原爆固め(はがいじめしきげんばくがため)。「ドラゴン」、「飛龍」の名称は発案者である藤波辰爾のニックネーム「ドラゴン」に由来する。

概要[編集]

相手の後方からフルネルソン(羽交い絞め)の状態に捕らえる、直前のモーションだけで会場が大きくどよめく藤波辰爾の大技。

過去の全日本プロレスでは新日本プロレス発祥の技を敬遠する傾向にあったためフルネルソン・スープレックスと呼称(2代目タイガーマスクが使用した時のみはスーパー・タイガー・スープレックスと呼んだ)していたが、近年は国内団体の増加と交流が盛んになったため、名称は使用するレスラーの任意となる傾向にある。

かけ方[編集]

相手を背後からフルネルソンの体勢に捕らえて後方に反り投げて、そのままブリッジで相手をフォールする。

投げられた相手は腕、首を極められたまま首からマットに叩きつけられるため、受身を取り辛く、フォールを返すことが非常に困難な技である。落ちる角度が急になるので危険度は高い。藤波によれば、修行先でカール・ゴッチから「強靭なブリッジ力があれば、フルネルソンの体勢からでも投げられる」と言われたことがヒントになったという。本来は相手の頸椎を痛める行為であるため、「ブリッジからのレフェリーストップが目的の技だった」と言われ、効く箇所は、後頭部、背中、呼吸器であるとされる(事実ジュニアヘビー時代の藤波はこの技を使用した時はピンフォール勝ちではなくギブアップを奪うのがほとんどだった)。

投げた後に相手をフォールしないものも存在しており、こちらの使用者も多い。この場合、技名に「投げ捨て式」「投げっ放し式」「ホイップ」という言葉を付けて呼ばれる。

来歴[編集]

1978年1月、藤波辰巳(現:辰爾)がWWWF(現:WWE)でのカルロス・ホセ・エストラーダ戦にて初披露、ピンフォールを奪う。次いで凱旋帰国第一戦でマスクド・カナディアン相手に炸裂させた。藤波がジュニアヘビー級で活躍するきっかけになった技であるが、藤波がWWWFで活動していた当時の対戦相手の首の骨を痛めてしまったために、対戦相手およびプロモーターの要請により技の使用を停止することになる。

新日本プロレス長州力率いる「維新軍」が全日本プロレスに移籍した後、将軍KYワカマツが率いる「マシーン軍団」との抗争で技の封印を解除。試合後のコメントで藤波は「タイミングが合えばアンドレだろうがブン投げる」とまで発言していた。

まさに必殺技と呼ぶに相応しい技であるが、その威力を知るがゆえに警戒され、腰を屈める、足をかけるなどしてかわされることも多い。腰を痛めて以来、使用しなくなった藤波に代わり、今も多くの使い手が受け継ぐ人気の技である。

主な使用者[編集]

藤波辰爾
一時期、危険すぎるという理由で使用しなかった。また、腰を痛めて以降、藤波はこの技を一度も出したことがない。
前田日明
IWGPリーグ戦での藤波との一騎討ちの際、元祖の藤波相手に繰り出した。
ゲーリー・オブライト
フルネルソン・スープレックスの名称で、ホールドなしの投げ捨て式として使用(全日本プロレス時代はホールド式も使用)。藤波のものとは、クラッチ時の自分の手の形が異なるのが特徴(両方の手で拳を固め、後頭部を押す)が、ほぼ同形のため、同じ技と見なされている。奥の手としてロコモーション式(ジャーマン・スープレックスとの連携も)を繰り出す。失神者を量産した。
武藤敬司
若手時代の得意技であったが、橋本真也が保持していたIWGPへ挑戦した時に、橋本の体をブリッジで支えられず、前歯が8本折れてしまった。それ以降は使用していない。
大谷晋二郎
ジュニア時代からフィニッシュ・ホールドとして大事に使っている。この技で金村キンタローを仕留め、3秒という試合時間を記録、東京スポーツの一面を飾った。
棚橋弘至
藤波から直接、伝授された。現在ではタイトルマッチ等の大舞台でしか中々使用されない。
望月成晃
滅多に出さない切り札。
大森隆男
奥の手としているため、通常の試合では滅多に使わない。更なる奥の手としてロコモーション式を繰り出すこともある。
杉浦貴
ビッグマッチ限定で突如超高速式で放つ。
越中詩郎
ジュニア時代から使っており、ヘビーに転向してからは投げっぱなし式も併用している。
真壁刀義
奥の手として使用する。
斎藤“ジミー”了
フィニッシュ・ホールドである。リストクラッチ式でもある「プレミアム・ブリッジ」も使用する。
AKIRA
奥の手として稀に使用する。
岩谷麻優
2段式としても使用する。

架空の人物では、対戦型格闘ゲームバーチャファイター」シリーズのキャラクターであるウルフ・ホークフィールドも必殺技として使用している。ちなみに1997年から2000年にかけて、全日本プロレスとセガのタイアップによりジム・スティールが現実のウルフとして試合を行ったことがあったが、この技は披露されていない。

ストリートファイター2シリーズのガイルも、投げ技の1つにドラゴンスープレックスを有しているが、名前に反してモーションはジャーマンスープレックスに近い。

派生技[編集]

ハーフネルソン・スープレックス
片腕で相手をハーフネルソンに捉えた状態で、逆の手で相手のタイツを掴み、後ろ反り投げに持っていく(「スープレックス」と称しているが、フォールしない)。小橋建太が開発。吉江豊も得意技としている他、バイソン・スミスも小橋の影響を受けて使用している。
タイガー・スープレックス'85
片羽締め(片腕で相手をハーフネルソンに捉えた状態で、逆の腕を相手の脇から胸に回して締める)からスープレックスに持っていく。三沢光晴が2代目タイガーマスク時代に開発。三沢自身は小林邦昭戦で初披露した他には小橋建太戦をはじめ数回しか使用していない。
ミストクラッシュ
片腕で相手をハーフネルソンに捉えた状態で、逆の腕で相手をチキンウイングに捉え、スープレックスに持っていく。ドラゴン・スープレックスとタイガー・スープレックスの複合技。ムシキング・テリーが開発。佐々木健介も「キング・バスター」と称する同形の技を使用する。
プレミアム・ブリッジ
相手の両手首を掴み、相手の頭の後ろで組ませつつ、相手をフルネルソンで捕らえてスープレックスで固めるリストクラッチ式のドラゴン・スープレックス。斎藤了の得意技。

関連項目[編集]