ドラゴン・スープレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ドラゴン・スープレックスDragon Suplex)は、プロレス技の一種でスープレックスから派生したものである。フルネルソン・スープレックスFull Nelson Suplex)とも呼ばれる。日本名は飛龍原爆固め(ひりゅうげんばくがため)、羽交い締め式原爆固め(はがいじめしきげんばくがため)。

概要[編集]

藤波辰爾が初公開したフィニッシュホールド。技名は藤波のニックネーム「ドラゴン」が由来。

過去に全日本プロレスでは新日本プロレスが発祥の技を敬遠する傾向にあったため、フルネルソン・スープレックスと呼称していたが近年はプロレス団体の増加と交流が盛んになったため、名称は使用するレスラーの任意となる傾向にある。また、新日本でも藤波が新日本を退団して以降はフルネルソン・スープレックスの呼称が多く用いられるようになった。

かけ方[編集]

相手を背後からフルネルソンの体勢に捕らえ、後方に反り投げそのままブリッジで相手をフォールする。

投げられた相手は腕と首を極められたまま首から叩きつけられるため、受身を取り辛くフォールを返すことが非常に困難な技である。落ちる角度が急になるので危険度は高い。藤波辰爾によれば、アメリカ修行時代にカール・ゴッチから「強靭なブリッジ力があれば、フルネルソンの体勢からでも投げられる」と言われたことがヒントになったという。本来は相手の頸椎を痛める行為であるため、「ブリッジからのレフェリーストップが目的の技だった」と言われて効く箇所は後頭部、背中、呼吸器であるとされる(事実、ジュニアヘビー時代の藤波はドラゴン・スープレックスを使用した際はピンフォール勝ちではなく、ギブアップを奪うのがほとんどだった)。

当初は、そのブリッジを利用してフォールする技だったが、後に投げっ放し式(ホイップ式)も使用されている。

来歴[編集]

1978年1月23日、WWWF(現:WWE)で藤波辰爾が対カルロス・ホセ・エストラーダ戦で初披露してピンフォールを奪った。次いで3月20日、凱旋試合で藤波が対マスクド・カナディアン戦でピンフォールを奪った。藤波がジュニアヘビー級で活躍するきっかけになった技であるが藤波はWWWFで活動していた頃にドラゴン・スープレックスを受けたアンヘル・ブランコマンドー・ゲレロらが立て続けに首を負傷したため、WWWFからドラゴン・スープレックスを使用禁止にされた。

新日本プロレス長州力が率いるユニット「維新軍」が全日本プロレスに移籍した後に将軍KYワカマツが率いるヒールユニット「マシーン軍団」との抗争でドラゴン・スープレックスの封印を解除して試合終了後のコメントで藤波は「タイミングが合えば、アンドレだろうがブン投げる」とまで発言していた。

主な使用者[編集]

その他

派生技[編集]

ハーフネルソン・スープレックス
片腕で相手をハーフネルソンに捉えた状態で、逆の手で相手のタイツを掴み、後ろ反り投げに持っていく(「スープレックス」と称しているが、フォールしない)。小橋建太が開発。吉江豊も得意技としている他、バイソン・スミスも小橋の影響を受けて使用している。
タイガー・スープレックス'85
片羽締め(片腕で相手をハーフネルソンに捉えた状態で、逆の腕を相手の脇から胸に回して締める)からスープレックスに持っていく。三沢光晴が2代目タイガーマスク時代に開発。三沢自身は小林邦昭戦で初披露した他には小橋建太戦をはじめ数回しか使用していない。
ミスト・クラッシュ
片腕で相手をハーフネルソンに捉えた状態で、逆の腕で相手をチキンウイングに捉え、スープレックスに持っていく。ドラゴン・スープレックスとタイガー・スープレックスの複合技。ムシキング・テリーが開発。佐々木健介も「キング・バスター」と称する同形の技を使用する。
プレミアム・ブリッジ
斎藤了のオリジナル技。相手をフルネルソンに捉えた状態からさらに相手の両手首を掴んで相手の頭の後ろで組み、後方へ反り投げホールドする変型ドラゴン・スープレックス・ホールド。手首も固められているため、ドラゴン・スープレックス以上に受身が取り難い。

返し方[編集]

  • 力で強引にクラッチを振り解く。

関連項目[編集]