カルロス・ホセ・エストラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カルロス・ホセ・エストラーダ
プロフィール
リングネーム カルロス・ホセ・エストラーダ
ホセ・エストラーダ
ホセ・エストラーダ・シニア
スーパー・メディコ
スーパー・メディコ1号
(スーパー・メディック1号)
コンキスタドール1号
(コンキスタドール・ウノ)
ニックネーム カリブの鮫
身長 178cm
体重 98kg(全盛時)
誕生日 1946年????
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
デビュー 1975年
テンプレートを表示

カルロス・ホセ・エストラーダCarlos José Estrada1946年[1] - )は、プエルトリコポンセ出身の元プロレスラー

ニューヨークWWWF / WWFやプエルトリコのWWCを主戦場に、ヒールジョバーとして活動した。WWE殿堂者ジョニー・ロッズの弟とされている[1]

来歴[編集]

少年期に家族でニューヨークスパニッシュ・ハーレムに移住し、1975年にプロレス入りしたとされる[1]1978年1月20日、王座決定戦にてトニー・ガレアを破ったとして、復活したWWWFジュニアヘビー級王座の新王者に認定される[2]。3日後の1月23日、マディソン・スクエア・ガーデンにて藤波辰巳に敗れ短命王者で終わるも、後の日本におけるドラゴン・ブームの露払い役を担った。翌1979年1月、新日本プロレスに初来日している[1]

以降もWWFでは前座要員のヒールとして、MSG定期戦ではニューカマーやゲスト出場選手のジョバーを担当。1980年3月24日にはMSGに初登場したケリー・フォン・エリックのジョバーを務め、12月29日には同年に新日本プロレスに入団した谷津嘉章のプロデビュー戦の相手に起用された[3]。同年は9月22日の定期戦において、当時レス・ソントンが保持していたNWA世界ジュニアヘビー級王座にも挑戦している[3]

新日本プロレスには1982年4月と1983年1月にも再来日し、当時人気絶頂だった初代タイガーマスクとも対戦[4][5]。1982年11月23日のMSG定期戦では、ニューヨークに遠征してきたタイガーマスクのWWFジュニアヘビー級王座に挑戦したが、奪還は果たせなかった[3]

1983年下期、プエルトリコのWWC覆面レスラースーパー・メディコSuper Médico)に変身。WWFでの盟友であり兄ともされるジョニー・ロッズとのスーパー・メディコス(スーパー・メディックス)で活動し、1983年9月10日にペドロ・モラレス&カルロス・コロンからWWC世界タッグ王座を奪取した[6]1985年3月2日にはインベーダー3号と組んでブッチ・ミラー&ルーク・ウィリアムスザ・シープハーダーズを破り北米タッグ王座にも戴冠[7]、シングルではプエルトリカン・ヘビー級王座を再三獲得した[8]1986年8月にはスーパー・メディコとして全日本プロレスに来日している[9]

1987年末、WWFにて同じくプエルトリコ系のジョバーだったホセ・ルイス・リベラをパートナーに、中南米の侵略者コンキスタドールを名乗った覆面タッグチーム "The ConquistadorsLos Conquistadores)" を結成。エル・ドラードをイメージした金色のマスクと全身タイツを身に付け、ブリティッシュ・ブルドッグスハート・ファウンデーションをはじめベビーフェイスのタッグチームのジョバーを務めた。1988年11月24日のサバイバー・シリーズにおけるタッグチーム・エリミネーション・マッチでは、ヒール陣営の最後の生き残りチームとなるなど予想外の活躍を見せた[10]。後年、彼らのギミックはアティテュード期のWWFにおいて、エッジ&クリスチャンによってパロディとしてリメイクされている[11]

WWFには素顔とコンキスタドールのギミックを使い分け、1989年まで出場。その後はWWCに定着し、再びスーパー・メディコとして活動。スーパー・メディコ3号こと息子のホセ・エストラーダ・ジュニアを新パートナーに[12]、WWC世界タッグ王座やカリビアン・タッグ王座を幾度となく奪取している[6][13]。キャリア最末期の1992年12月には、ビクター・キニョネスのブッキングでW★INGプロモーションに来日した[14]

引退後はWWCにてヒールのマネージャーとなって活動[15]2007年7月13日に行われたWWCのアニバーサリー・ショーでは、レジェンド・マッチと銘打ってカルロス・コロンとタッグマッチで対戦した[16]

獲得タイトル[編集]

ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリカン・ヘビー級王座:3回[8]
  • WWC世界ジュニアヘビー級王座:2回[17]
  • WWC世界タッグ王座:6回(w / スーパー・メディコ2号スーパー・メディコ3号(ドン・ケント)、ブラック・ゴードマン、スーパー・メディコ3号×4)[6]
  • WWC北米タッグ王座:5回(w / スーパー・メディコ2号×4、インベーダー3号)[7]
  • WWCカリビアン・タッグ王座:3回(w / スーパー・メディコ2号、スーパー・メディコ3号×2)[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P38(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b WWF Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c Madison Square Garden - The 80s”. The History of WWE. 2012年3月19日閲覧。
  4. ^ NJPW 1982 Big Fight Series”. Puroresu.com. 2015年5月31日閲覧。
  5. ^ NJPW 1983 New Year Golden Series”. Puroresu.com. 2015年5月31日閲覧。
  6. ^ a b c WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月19日閲覧。
  7. ^ a b WWC North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月19日閲覧。
  8. ^ a b WWC Puerto Rican Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月19日閲覧。
  9. ^ The AJPW matches fought by José Estrada in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年5月31日閲覧。
  10. ^ WWF Survivor Series 1988”. pWw-Everything Wrestling. 2012年3月24日閲覧。
  11. ^ The Conquistadors”. Online World of Wrestling. 2012年3月24日閲覧。
  12. ^ Jose Estrada Sr.”. Online World of Wrestling. 2012年3月24日閲覧。
  13. ^ a b WWC Caribbean Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月19日閲覧。
  14. ^ The W★ING matches fought by José Estrada in 1992”. Wrestlingdata.com. 2015年5月31日閲覧。
  15. ^ Jose Estrada Sr.”. Cagematch.net. 2012年3月28日閲覧。
  16. ^ WWC 34th Anniversary Show Results”. 411 mania.com. 2012年3月24日閲覧。
  17. ^ WWC World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]