風間ルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風間 ルミ
プロフィール
リングネーム 風間 ルミ
本名 斉藤 ルミエ
身長 153cm
体重 57kg
誕生日 1965年11月28日
死亡日 (2021-09-21) 2021年9月21日(55歳没)
出身地 東京都台東区
所属 フリー
スポーツ歴 シュートボクシング
キックボクシング
テコンドー
バスケットボール
新体操
デビュー 1986年
引退 2003年8月3日
テンプレートを表示

風間 ルミ(かざま ルミ、本名:斉藤 ルミエ〈さいとう ルミエ〉[1]1965年11月28日 - 2021年9月21日)は、日本の元女子プロレスラー、元女子シュートボクサータレント東京都台東区出身。

来歴[編集]

1982年、高校生の時に友人に誘われて始めたキックボクシングで在学中にプロデビュー[1]

1985年にはシーザー武志に声をかけられシュートボクシング(SB)に入り[2]。SB初の女子試合に出場、美少女シュートボクサーとして雑誌のグラビアを飾り人気アイドルとなる。

1986年、ジャッキー佐藤に誘われプロレスへ転向、ジャパン女子プロレスに入団[1][2]。8月17日、ジャパン女子プロレス後楽園ホール大会でプロレスラーとしてデビュー[2]。同期入団には神取忍がいる。団体旗揚げ当初はその経歴から、佐藤、ナンシー久美、神取と共に四天王扱いを受けるが、その容姿から芸能活動にも駆り出され、「都会の流星」で歌手デビューしたり、朝日ソノラマとタイアップした同時進行漫画『蹴撃エンジェルRUMI』が『コミックファイター』に連載されたり、各種グラビアを飾るなど、人気先行型の選手へと変わっていく[2]。このアイドル路線は後にキューティー鈴木尾崎魔弓らに引き継がれていく。

1992年にジャパン女子を脱退。同団体が解散した後、同年7月にLLPW(〈株〉レディースレジェンドプロレスリング)を設立。女子プロ界では世界初の代表取締役社長兼現役レスラーとなる[1][2]。当時、多くの女子団体は所属選手たちに「男性、酒、タバコ」を禁じてきたが、LLPWは「プロの大人なのだから」と選手たちに3禁を課すことはしていない。また風間は社長として1度たりともファイトマネーの遅配をしなかったことを、「週刊ゴング」元編集長の小佐野景浩が言及している[3]

1993年11月、全日本女子プロレスとの対抗戦で北斗晶との抗争の末、髪切りマッチで敗れて丸刈りになるという女子プロレス史上に残る試合が行われた[1][2]

2002年10月1日、社長を退任して神取に譲り、翌2003年8月3日後楽園ホールにて現役を引退した[1][4][2]。その後はLLPWのスーパーバイザーに就任するとともにタレント活動を再スタートさせた。タレント活動においても、プロレスラー時代のリングネームを芸名として用いている。

2005年井上貴子イーグル沢井らと「BLACK JOKER」を結成[5]

2006年、WAR最終興行で一夜限り復帰し、天龍源一郎とタッグを組んだ。

J SPORTSのLLPW中継での解説者の傍ら、女子プロレス初のゲイユニットグラマーエンジェルス」をプロデュースしている。

2006年10月、神取が参議院議員に繰り上げ当選したことに伴い、公設秘書に就任[4]。活動の中心を参議院議員会館に移し、選挙では選対本部長を務めた。

2010年1月 神楽坂にイーグル沢井小河真子の3人で「豚菜キッチン 絆」を開店(2012年12月22日閉店)。

その後ユニオンプロレス木高イサミ福田洋のマネージャー(DIVA)として参戦。

2013年、ユニオン認定Fly to Everywhereワールドチャンピオンシップのコミッショナーに就任。

2008年、食育インストラクター資格取得。

2016年、心理カウンセラー1級、コーチング1級資格取得。それぞれの資格を活かし、講師としても活動している。

2018年、全日本道連盟日本道アンバサダーに就任。

2020年5月27日、YouTubeチャンネル「女子プロレスの乙女心チャンネル」を開始[6]

2020年8月21日 YouTube「エガちゃんねる」で花火師である川上孝行を師匠とし、花火師をしていることが確認される[1]

2021年9月20日、18日以降連絡がつかないことを不審に思った知人が都内の自宅を訪問したところ、意識不明の状態で倒れている風間を発見[1]21日、都内の搬送先の病院で死亡が確認された[1][2][4]。55歳没。生涯、独身だった。

  • 同月22日、風間が社長を務めていたLLPW(現・LLPW-X)は、現社長の神取忍名義で公式サイト上に声明を発表。室内での病死であり、事件性はなく、新型コロナウイルス感染症や自死でもないことを説明した。遺体は遺族のもとに搬送されており、死因は病理解剖で特定中であるため、結果が出次第、公表するとしている[7][8]
  • マスコミの取材に応じた神取は、3月27日に東京・靖国神社で行われたZERO1「奉納プロレス」で風間と最後に会ったことを明かした。「靖国の時もそうだったけど、『おなかが痛いんだよね』と言っていた。『病院に行ったほうがいいよ』と言ったんだけど、注射が嫌いで行かなかった。それにこういう時期(コロナ禍)だから病院に抵抗があったのかなって。そこが悔やまれる」と話している[9]
  • 風間は、Twitter・公式ブログで子宮内膜症を持病に持っていたことを明かしている。
    • 2010年9月19日・2015年6月28日のツイートで激痛の症状に悩んでいること[10][11]、公式ブログでは2019年に体調を崩したこと・通院していることなどを綴っている[12][13]
    • 2021年8月31にはTwitter・公式ブログで、激痛や発熱、過多月経・立てなくなるほどの貧血の症状について綴っている[14][15][16]。薬を飲んでいることや食欲不振であることも綴っていた[17]。食欲不振で一週間に体重が3kg減っている状況やデリバリーで食事を摂っていることが綴られたTwitterの更新は同年9月5日が最後になっている[18]
    • 医師の長尾和宏は、連載中のコラム「ドクター和のニッポン臨終図巻」で子宮内膜症について説明し、この病気自体での死亡ではないのではと推測している。長尾は多くの新型コロナウイルス感染症患者の治療に当たってきており、「本当に病院が嫌いで検査したくなかったのであれば、それも彼女の意志として尊重しなければなりませんが、コロナ禍で足が遠のいたのであれば、大変残念なことだと感じます」とコメントしている[19]

得意技[編集]

ビクトリータイガー
相手の喉下を掴んでの変形タイガースープレックス
パンサー・ボム
抱え式バックドロップの要領で抱え上げ、旋回させてボムで叩きつける。
ダルマ式ジャーマンスープレックス
ドラゴンスリーパー
スイングDDT
ドラゴンパンサー
キャメルクラッチ式にうつぶせの相手に跨って決める変形ドラゴン・スリーパー。
コーナーニール

入場テーマ曲[編集]

出演[編集]

レコード[編集]

写真集[編集]

  • ルミエール(双葉社)撮影:リウ・ミセキ
  • ORAGE(双葉社)撮影:山岸伸

DVD[編集]

  • 風間ルミ HEAT UP VENUS(1988年5月、大陸書房
  • 風間ルミ one more night(2005年10月28日、マーレ)
  • 狂った果熟 芸能人 風間ルミ DEBUT(2010年7月8日、ソフト・オン・デマンド
  • 芸能人 風間ルミ デンジャラスプロレスラー(2011年1月8日、ソフト・オン・デマンド)

舞台[編集]

  • 踊るやくざ
  • 草薙良一第7回プロデュース公演「片岡歌衛門一座物語 心の旅路編」(2005年11月9日 - 15日、池袋・東京芸術劇場) - 天海ルミ 役

映画[編集]

Vシネマ[編集]

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i アイドルレスラー風間ルミさん 55歳の若さで死去 知人が自宅を訪ね発見”. スポニチアネックス. スポニチスクエア (2021年9月23日). 2021年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 週刊プロレス編集部 (2021年9月22日). “【訃報】元女子プロレスラーの風間ルミさんが死去【週刊プロレス】”. BBMスポーツ. ベースボール・マガジン社. 2021年9月22日閲覧。
  3. ^ 《追悼》風間ルミさんが女子プロレスにもたらした自立心と“新鮮な驚き”「“3禁”ルール撤廃」「女子でも顔面キック」(門馬忠雄)” (日本語). Number Web - ナンバー(2021年10月20日). 2021年10月22日閲覧。
  4. ^ a b c "元アイドルレスラー 風間ルミさんが急死 55歳 SNSで体調不良も報告". デイリースポーツ. 22 September 2021. 2021年9月22日閲覧
  5. ^ 井上 貴子 (講師陣データベース)”. 株式会社ブレーン. 2021年9月23日閲覧。
  6. ^ “風間ルミのユーチューブ・チャンネル「女子プロレスの乙女心チャンネル」スタート”. 東スポWeb. (2020年5月27日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/1873602/ 2021年9月22日閲覧。 
  7. ^ LLPW-X|LADYS LEGENDARY PROFESSIONAL WRESTLING” (日本語). 2021年9月24日閲覧。
  8. ^ 風間ルミさん病死「事件性もなくコロナでもなく自決でもございません」神取が発表/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2021年9月22日). 2021年9月24日閲覧。
  9. ^ 神取忍が悔やむ盟友・風間ルミさんの「人並みはずれたガッツ」と「最後の会話」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社(2021年09月24日). 2021年9月24日閲覧。
  10. ^ https://twitter.com/rumikazama/status/24915094909” (日本語). Twitter. 2021年10月19日閲覧。
  11. ^ https://twitter.com/rumikazama/status/615061131325890561” (日本語). Twitter. 2021年10月19日閲覧。
  12. ^ 『久しぶりの子宮内膜症の痛みキター』” (日本語). 風間ルミのBlog〜enjoy美life〜(2019年4月13日). 2021年10月19日閲覧。
  13. ^ 『身体が弱るとね。。。』” (日本語). 風間ルミのBlog〜enjoy美life〜(2019年8月15日). 2021年10月19日閲覧。
  14. ^ https://twitter.com/rumikazama/status/1432275153598119942” (日本語). Twitter. 2021年10月19日閲覧。
  15. ^ https://twitter.com/rumikazama/status/1432624224766554114” (日本語). Twitter. 2021年10月19日閲覧。
  16. ^ 『ボディメンテ終了❣️倒れるかと思った』” (日本語). 風間ルミのBlog〜enjoy美life〜(2021年8月31日). 2021年10月19日閲覧。
  17. ^ 女子プロレスラー風間ルミさん死去、55歳 8月末に子宮内膜症の痛み告白 - プロレス : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年9月22日). 2021年10月19日閲覧。
  18. ^ 急死の風間ルミさん 体調不良訴えていた「突然目がくらくら」一週間で体重3キロ減/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年10月19日閲覧。
  19. ^ 【ドクター和のニッポン臨終図巻】元女子プロレスラー・風間ルミさん ブログから伝わる「生きる意志」 貧血で料理も買い物もできず” (日本語). zakzak (2021年10月4日). 2021年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]