下田美馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下田 美馬
プロフィール
リングネーム 下田 美馬
本名 下田 美馬
ニックネーム 美しき女豹
身長 166cm
体重 62kg
誕生日 1970年12月23日(45歳)
出身地 東京都目黒区
所属 CMLL
トレーナー 北斗晶
デビュー 1987年8月5日
テンプレートを表示

下田 美馬(しもだ みま、1970年12月23日 - )は、日本の女子プロレスラーである。東京都目黒区出身。B92cm・W70cm・H98cm。血液型A型。現在はメキシコCMLL所属。

所属[ソースを編集]

  • 全日本女子プロレス(1987年 - 1997年)
  • フリーランス(1997年)
  • ネオ・レディース(1998年 - 1999年)
  • フリーランス(1999年 - 2003年)
  • AtoZ(2003年 - 2005年)
  • フリーランス(2005年 - 2006年)
  • CMLL(2006年 - )

プロフィール[ソースを編集]

1987年8月5日、全日本女子プロレスでの三田英津子戦でデビューし、全日本ジュニア王座を獲得するなどしたが、新人時代は伸び悩み、同期の豊田真奈美とタッグチーム『スイートハーツ』を結成する。ただし、これは本人が望んだことではなく、フロントの考えによるものである。その後、同期の三田英津子とタッグを組み、全日本タッグのタイトルを獲得。

1990年3月18日、格闘技経験が皆無である状況で、後楽園における格闘技戦(グローブマッチ)[1]アジャ・コングと対戦し、滅多打ちにされ、ローリング裏拳により下顎骨折および前歯数本を欠損した[2]

1991年吉田万里子と共にメキシコに遠征、現地では『MIMACHAN(ミマチャン)』のリングネームで試合を行っている。

1992年、三田と共に北斗晶に師事し、猛武闘賊(ラス・カチョーラス・オリエンタレス)なるチームを結成、下田にとって「お嬢さんからヒール」への大転身であった。北斗の引退(後に復帰)と共に、ラス・カチョーラス・オリエンタレスも消滅かと思われたが、下田と三田のタッグチームで継続することとなった。このタッグは全女を引っかきまわすだけには留まらず、LLPWJWPといった他団体の選手(特にヒール)とも積極的に試合をこなした。

1997年には女子プロにおけるタッグチーム最高峰と言われた、WWWA世界タッグ王座も奪取。女子選手を有するほぼ全ての団体に出場するほか、男子のみちのくプロレスやアメリカのECWにも出場経験があり、2000年には三田と共に東京スポーツ主宰の「女子プロレス大賞」受賞。全女の倒産後、フリー選手、ネオ・レディース(現:NEO女子プロレス)所属と転々とした下田は、最終的にAtoZ所属となった。2003年に引退後、AtoZのエージェントマネージャーに就任。フロントとして存在感を示していたが、2004年7月に一試合限定のプレミアムレスラーとして復帰。その後も度々リングに上がることとなった。2005年2月、リングへの本格復帰をした直後、AtoZが発展的消滅。その後は水商売とレスラーの「二足のわらじ」で活躍した後、メキシコに渡りCMLLを主戦場とする。

2005年11月、週刊現代誌上でヘアヌードを発表。

2007年7月12日、後楽園ホールで開かれたウルティモ・ドラゴン20周年記念興行に参戦。堀田祐美子とシングルで対戦し、特別レフェリーの松山勘十郎によるセクハラに苦しみながらフォール。しかし、闘龍門理事長の三遊亭楽太郎(現:六代目三遊亭円楽)から物言いが付き、松山を含めた3WAYが組まれ、回転エビ固めで松山からフォールを奪った。

2010年10月3日WAVE後楽園大会でスイートハーツ復活。グラマーエンジェルス麗香&葉千子組と対戦して、豊田がジャパニーズオーシャン・クインビーで葉千子からフォールを奪う。

2012年8月5日ディアナラゾーナ川崎大会で「下田美馬リアルデビュー25周年記念大会」を開催。1年後輩の井上京子と組み、ZAP・I&ZAP・T組と対戦。ZAP・Tからフォールを奪う。試合後、ディアナ入団を打診され、「前向きに考える」としている。

2013年7月15日我闘雲舞初参戦。板橋グリーンホール大会でキアイリュウケンエッちゃんプロレスリング紫焔)と組んで豊田真奈美&山田太郎666)と対戦するも、キアイリュウケンが山田にジャックナイフ式エビ固めでフォールを取られて敗れている。

10月6日、ディアナ道場マッチで堀田暴走軍に寝返る。

10月30日、WAVE後楽園大会にてGAMI引退記念5人掛けに登場。

2014年2月9日WNCラゾーナ川崎大会で朱里とシングルで対戦するも、ジャーマンスープレックスホールドで敗れる。

4月29日、ディアナ川崎市体育館大会で井上貴子と共に堀田暴走軍を裏切りKAORUと結託する。

その他、元プロレスリング・ノア泉田純至の憧れの人として知られ、何度かアタックを受けているが、泉田の強引なアタックに激怒している。

CMLLでの活躍[ソースを編集]

2006年5月8日にCMLL初参戦。

6月に一度帰国した後、8月30日より本格的に拠点をメキシコに移す。CMLLではレスラーのみならずマネージャーとしても活動。

2010年11月19日、メヒコ州トルーカのデポルティボ・アグスティン・ミランにてロサ・アステカとの「カベジェラ・コントラ・カベジェラ」で勝利。

2011年5月8日、CMLLと提携を結んだREINAの旗揚げ戦でCMLL世界女子王座挑戦権を懸けて栗原あゆみと対戦するが、敗れる。

2012年1月に開かれた新日本プロレスとの合同興行「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012」にてYOSHI-HASHIOKUMURAのセコンドに就いた。

同年3月24日、同じCMLLのセウシスとのタッグでREINA世界タッグ王座を奪取。

CMLLではルーダとして君臨し、風香を始め栗原や朱里ら日本からメキシコに渡りCMLLに参戦する選手とも対峙する。

得意技[ソースを編集]

雪崩式タイガー・スープレックス

入場テーマ曲[ソースを編集]

  • Skip Street(神保彰
  • 魅魔 THE SENSATION(「完全版全日本女子プロレステーマ曲集」に収録)

タイトル歴[ソースを編集]

プロレス大賞
  • 2000年女子プロレス大賞(三田英津子との同時受賞)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 1990年から1994年頃に時折行われた。内容はキックボクシングに近い。
  2. ^ ローリング裏拳。なお、5か月後の8月19日、後楽園ホールにおいて開催された「サバイバルシャウトin後楽園」において行われた格闘技戦において堀田祐美子と対戦し、6R目に同選手により上記前歯欠損を補填した差し歯を損傷され、TKO負けとなった。

写真集[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]