真田聖也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真田 聖也
SANADA 2016.jpg
2016年
プロフィール
リングネーム 真田 聖也
SANADA
本名 真田 聖也
ニックネーム コールド・スカル
シャイニング・スター
青春ハリケーン
身長 182cm
体重 100kg
誕生日 (1988-01-28) 1988年1月28日(29歳)
出身地 新潟県新潟市西区
スポーツ歴 レスリング
野球
柔道
トレーナー カズ・ハヤシ
小島聡
諏訪魔
西村修
太陽ケア
デビュー 2007年3月13日
テンプレートを表示

真田 聖也(さなだ せいや、1988年1月28日 - )は、日本男性プロレスラー新潟県新潟市西区出身。血液型A型。新日本プロレス参戦時のリングネームSANADA(サナダ)で活動している。

経歴[編集]

小学校4年の時に兄がプロレスのゲームを買ってくる。当時プロレスについて全く興味が無かったが、その日の深夜に放送していた長州力の引退興行を見たことでプロレスに興味を持ち始めた。

中学時代は野球部で、巻総合高等学校入学後は柔道部に所属していた。しかし2年で柔道をやめてレスリング部に所属するようになり、プロレスラーを目指すようになる。『武藤塾』の新人オーディションに合格し入門。トレーニングの成果からか入門後に身長が177cmから182cmまで伸び、本来ジュニアヘビー級でやっていくつもりであったが、ヘビー級として戦っていくことを決意する。

全日本プロレス[編集]

新人時代[編集]

2007年3月13日高岡大会にて中嶋勝彦T28を相手にデビュー(真田のパートナーは土方隆司)。5月29日には、佐々木健介、中嶋と組み「サムライTV杯争奪トリプルアロートーナメント」で優勝し、デビュー2か月でプロ入り初のタイトルを獲得。またその準決勝でT28から逆エビ固めで勝利し、プロ入り初勝利を飾った。

6月24日、VOODOO-MURDERS(以下VM)との試合後に、小島聡のマイクを横取りし、マイクパフォーマンスをする。この後小島は真田、T28と共に新たなユニット『AJF(オールジャパン・フューチャー)』を結成することを明言した。だが、小島がこの日のメイン終了後に本体を裏切りまさかのVM入りをしたため、AJFは幻となった。

7月15日、T28から逆エビ固めでシングル初勝利をあげた。10月シリーズでアブドーラ・ザ・ブッチャーと対戦、椅子で滅多打ちにされたが試合後レジェンド級の選手から真田について「彼はスターになれる素質を持っている」と絶賛された。

2008年はヘビー級に転身すると本人が明言、4月5日、第一試合にKAI大和ヒロシとの若手タッグでカズ・ハヤシ荒谷望誉平井伸和組と対戦し試合は真田が荒谷を投げっぱなしジャーマンでピンフォールし、初の先輩越えを成し遂げた。そして最終戦では征矢学とのタッグで荒谷、平井組と対戦、平井からドラゴン・スープレックス・ホールドで勝利する。そしてその勝利の後に来年(2009年)のチャンピオン・カーニバルへの出場を立候補した。

5月5日、韓国・ソウルでの新韓国プロレスNKPWA世界チャンピオン決定戦に、KAIとのタッグでの出場が決定した。これが真田にとって初の海外遠征であった。6月22日、後楽園ホールにて健介オフィスの起田高志とシングルで対戦しドラゴン・スープレックスで勝利する。

無我の後継者[編集]

11月3日両国大会で征矢に敗れるも、試合終了後に征矢から世界最強タッグ決定リーグ戦出場の申し立てがあった。真田もこれを承諾し、最強タッグの成績は2勝5敗という結果に終わったが師匠の小島と対戦した際その若さと勢いを評価された。

3月1日、後楽園ホールでパートナー征矢学とのチャンピオン・カーニバル出場権を賭けたシングルマッチが決定、これに勝利しチャンピオン・カーニバル出場権を獲得。チャンピオン・カーニバルに向けてトレーニング器具に頼らずあえて自然の中でトレーニングを行う。CC出場権を争った征矢が全面的に真田のトレーニングをサポート、4月5日の開幕戦でもセコンドについた。しかし結果は全敗に終わった。

5月17日、パートナーである征矢と組んでF4のKAI、大和とタッグで激突。若手同士の熱い試合を展開し、結果はパートナーの征矢がKAIから勝利した。この試合を見た武藤敬司から「俺達には出来ないような可能性を見た。」と高評価を受けた。

それからも相棒の征矢と共に若手ヘビー級戦線で活躍していたが、その征矢が長州に弟子入り志願するなど話題を集めていることにジェラシーを爆発。2009年度の最強タッグでは相棒の征矢ではなくその師匠の西村修と組んで出場することが決まった。その後、元相棒の征矢から逆さ押さえ込みで勝利した試合のバックステージにて、西村から「無我の後継者に相応しい」とのコメントを受ける。

肝心の最強タッグリーグでは太陽ケア鈴木みのるの世界タッグ王者チーム戦ではなんと真田が元三冠王者の鈴木からフォール勝ちを納めるという大金星を見せたが、真田もインフルエンザにかかってしまうという事態に陥ってしまいリタイヤとなった。(その後もジョー、KAI、小島もインフルエンザでリタイヤ。)ブログ上でファンに謝罪した。

新世代軍、es結成[編集]

12月13日、ファン感謝デーで復帰。「ALL JAPAN FUTURE」として河野とタッグを組み、諏訪魔・征矢組とメインで対決、24分の激闘を展開し最後は真田が諏訪魔のラストライドに沈んだ。

2010年1月3日、新春シャイニングシリーズでは諏訪魔、河野、征矢、と新世代タッグを結成し、武藤、小島、、西村、船木誠勝組と3本勝負で対戦、その際師匠の西村から首固めでピンフォールを奪い、新世代軍の勝利に貢献した。さらに翌日、西村とのタッグで諏訪魔、河野組と対戦しなんと諏訪魔からこだわりの回転足折りエビ固めでまさかの大金星を奪って勝利した。自身のインフルエンザで途中欠場して幻となった諏訪魔・河野組との最強タッグリーグを制した。

2月7日、後輩の中之上靖文とのシングルに勝利した後、バックステージで一番気になる選手として太陽ケアを挙げ、HOLD OUT TOUR 2010の開幕戦でシングルマッチが決定した。

2月28日、グリコパワープロダクションドリームマッチにてベンチプレス大会に出場。近藤修司、中之上靖文、中西学平澤光秀というメンバーの中で220kgを記録し準優勝となった。

3月7日、HOLD OUT TOUR 2010の開幕戦、ケアとの対戦が実現した。入場曲を一新し、黒かった髪を金髪に染め上げてファンにアピールした。試合は元三冠王者相手に大接戦を展開した。

7月2日、後楽園で行われた「新世代軍vs.超党派軍vs.ブードゥ・マーダーズ全面対決6大シングルマッチ」で三冠王者の鈴木とシングルで対戦し、試合には破れはしたもののスピーディーな展開でチャンピオンを翻弄、激しい試合を展開した。

7月25日、後楽園大会の「新世代軍vs超党派軍8人タッグマッチ」に勝利する(諏訪魔が鈴木からフォール)。その後海外修行から帰って来た征矢と組んでアジアタッグ王座への挑戦を表明。そして8月29日の両国大会で見事アジアタッグ王座を奪取。自身初となるベルト獲得に成功。その後ファン公募でチーム名は「es」に決定、新世代軍が解散した後もesとしての活動は継続していった。

11月6日、台湾で行われたアジアタッグ挑戦者決定トーナメントに勝ち上がって来たKONO組に勝利し海外で初防衛に成功する。

年末の最強タッグ決定リーグ戦ではesとして参加、アジアタッグ王者として奮闘するも3勝4敗1分7点で決勝進出はならなかった。その後、最強タッグで敗北を喫した元プロレスリング・ノア本田多聞菊地毅組を破り王座防衛と共にリベンジを果たした。

大日本プロレス関本大介岡林裕二が団体の枠を超えてアジアタッグ挑戦を表明すると、まず査定試合として2試合ノンタイトルマッチを敢行、どちらも引き分けに終わったが若手同士の熱いぶつかり合いで素晴らしい好試合となり大日勢のアジアタッグ挑戦が正式に決定した。3月21日の両国大会で3度目の防衛戦に挑んだが相棒の征矢が関本に破れたため王座から陥落し、アジアタッグの他団体流出を許してしまった。

シングルプレーヤーとしての成長[編集]

全日本プロレス在籍時

2011年のチャンピオン・カーニバルでは準優勝に輝いた。

その後はメインの出場が一気に増え着実に勝ち星を増やしていくと、6月19日の両国大会で再び征矢と組みesとしてアジアタッグ王座を獲得する。そして両国メイン終了後、諏訪魔の持つ三冠王座挑戦を表明、7月31日に自身初の団体最高峰王座挑戦は王者を相手に健闘するも一歩及ばず、ベルト奪取とはいかなかった。

10月23日、両国大会で何度も対戦してきた大日本の関本・岡林組を相手にアジアタッグ王座戦を敢行するも王座防衛に失敗した。

12月18日、大日本プロレスに初参戦しタイプが似ているという大日本の若手ホープの石川晋也と対戦し勝利。

2012年1月3日、最強タッグのパートナーKAIと組んでダーク・オズダーク・クエルボの持つ世界タッグ王座に初挑戦するもメキシコ組の卑劣な戦法で敗北、王座獲得はならなかった。

3月20日には膝の怪我をおして小島とのシングルマッチに挑むが敗北、結果膝の怪我が悪化し1シリーズ欠場することになった。

来るチャンピオン・カーニバルでは決勝出場は逃すも、最終戦でのタッグマッチで征矢からピンフォールを奪い、世界タッグ王座への無言の挑戦をアピールする。そして5月20日福岡大会で久々に来日したジョー・ドーリングとのタッグで挑戦し、見事世界タッグ王座を獲得した。

1ヵ月後の6月17日にGET WILDのリマッチによりベルトを奪われ、ジョーともまた仲たがいしたものの、9月8日にGAORA TV王座初代王者決定トーナメントに出場。大日本・岡林との激戦を制し準決勝にコマを進め、9月シリーズ最終戦では元nWoケビン・ナッシュを体感した。

2013年はヘビー級に転向したKAIに完敗した。チャンピオン・カーニバルでは準決勝まで駒を進めるも秋山準に試合を掌握され敗れた。そしてファイトの幅を広げるために海外遠征を決意、5月から短期間ではあるがカナダへの武者修行に旅立った。

2013年6月30日を以って全日本プロレスを退団した。

WRESTLE-1 & TNA[編集]

2013年9月8日、真田は武藤が旗揚げしたWRESTLE-1に参戦、KAIと対戦するが最後にスプラッシュプランチャを決められ敗戦[1]。以降、フリーとしての立場ながら継続して出場。9月24日、10月1日付でWRESTLE-1に入団する事を発表[2]。11月16日、TNAに所属し、TNA世界ヘビー級王座を保持するAJスタイルズに挑戦。最後にカーフキラーを極められるとギブアップをして敗戦[3]

2014年3月2日、TNAとの合同イベントである開戦〜OUTBREAK〜にてTNA Xディヴィジョン王座を保持するオースチン・エリーズに挑戦。最後にラウンディング・ボディプレスを決めて勝利を収め、日本人初の王者として君臨した[4][5]。同月4日、真田は武藤よりアメリカへの無期限遠征を通達され、WRESTLE-1とTNAでの日米両団体を往復する事になる[6]。同月9日、アメリカに渡りTNAにサナダSanada)のリングネームで参戦。Lockdown 2014にてグレート・ムタ & ヤスと組んでバッドインフルエンス(クリストファー・ダニエルズ & カザリアン)& クリス・セイビンスティールケージマッチ形式で対戦。終盤にムタがセイビンに背後から羽交い絞めにされピンチになるが正面より攻撃を仕掛けてきたカザリアンへ毒霧を浴びせて形勢を逆転。視界を奪われたカザリアンにスタナーを見舞い、ヤスがセイビンをラリアットで倒し、最後にムタがダニエルズにシャイニングウィザードを決めると真田がムーンサルトプレスでとどめを刺して勝利した[7]。同月22日、TNAにて試合が組まれていない事からWRESTLE-1 2014 TOUR After OUTBREAKにて凱旋帰国を果たし、吉岡世起を相手にTNA Xディヴィジョン王座防衛戦を行う。試合では危なげなく進めタイガースープレックスからラウンディング・ボディプレスへと繋げ勝利した[8][9]。以降、エリーズ、ダニエルズ、DJ Zティグレ・ウノを相手に防衛を重ねる[10]。7月6日、TNAとWRESTLE-1の合同イベントである衝撃〜IMPACT〜にてグレート・ムタと一騎討ちを行う。両者ムーンサルトプレスを何発も連発し合う異様な展開。終盤にムタにムーンサルトプレスを決めるが直後に毒霧を喰らってしまうとムタからムーンサルトプレスを決められ敗戦した[11][12]。同月7日、TNAと契約を交わし入団。WRESTLE-1とのダブル契約となることを発表[13]

8月14日、TNA・Impact Wrestlingにて朽ち果てた小屋で柱で縛られているところをジェームズ・ストームよりグレート・ムタに対する嫉妬心に対して唆され、ムタのオマージュであるグレート・サナダThe Great Sanada)へと変貌する事を告げられる[14]。同月27日、TNAの各タイトル制覇を目論むストームよりユニットであるザ・レヴォリューション(The Revolution)の1人目として登場。初期のムタを連想させるフェイスペイントを施しエリーズと対戦。終盤にストームの介入からエリーズの顔面へ毒霧を吹きつけると顔面へランニング・スーパーキックを決めて勝利した[15]。9月20日、ペンシルベニア州を拠点とするCHIKARAのKing Of Trios 2014 Night 2に参戦。トーナメントであるRey de Voladores 2014の4wayイリミネーションマッチでアマシス、ARフォックス、オーランド・クリストファーと対戦。最後にアマシスへ毒霧を吹きかけ視界を奪ったところへスーパーキックを決めて勝利[16]。同月21日、King Of Trios 2014 Night 3にてRey de Voladores 2014の決勝を行いシンロンと対戦、最後にバックフリップ・カッターからミドルロープ630°へと繋がれ敗戦した[17]。10月12日、WRESTLE-1とTNAによる共同イベントであるBound For Glory 2014にてストームと組んでグレート・ムタ & TAJIRIと対戦。終盤にストームがTAJIRIへアイ・オブ・ザ・ストームを仕掛けようとしたところ逃れられると花道へと追い出され、リング内で孤立した自身はTAJIRIからバズソーキック、ムタからシャイニング・ウィザードへと連携で喰らい敗戦した[18]。同月よりWRESTLE-1を中心に出場。11月15日より開始されたWRESTLE-1タッグチャンピオンシップを争う初代タッグ王者決定リーグ戦に大和ヒロシと組んでBブロックにエントリーされた。勝ち点4で予選敗退となる[19]。12月22日、WRESTLE-1 TOUR 2014 FinalにてWRESTLE-1チャンピオンシップを保持する武藤に挑戦し、武藤のドラゴンスクリューを何度もトライアングルランサーで切り返すが右膝を徹底的に狙われると最後に逆回転のドラゴンスクリューからドラゴンスクリュー、そして足4の字固めを極められるとギブアップをして敗戦した[20][21]

2015年1月20日、カナダにてスコット・ダモールが主宰するBCW(Border City Wrestling)のCampus Combat 2015に参戦。A1と組んでジョー・ドーリング & ジョー・コールマンと対戦して勝利[22]。2月7日、カナダ・オンタリオ州を拠点とするSMASHのBattle Linesに参戦。ジョシュ・アレキサンダーと対戦するが敗戦[23]。3月20日、TNAにてTNA世界タッグ王座争奪アルティメットXにマニックと組んでウルブズエディ・エドワーズ & デイビー・リチャーズ)、ブローマンズ(DJ Z & ジェシー・ゴッダーズ)と対戦。終盤に吊るされたロープから移動するリチャーズを捕まえるがウラカン・ラナで投げられリチャーズから続けてダイビングフットストンプを喰らうと力尽きベルトを取られ敗戦した[24]

4月16日、TNAとの契約が満了となり退団する事を発表[25]、5月13日、アメリカを拠点とした活動を続行したいという意思からWRESTLE-1との契約を同月15日付で満了となり退団とする事が発表された[26]

インディー団体[編集]

2015年7月10日、ジェフ・ジャレットが主宰するGFWのGrand Slam Tourに参戦。PJブラックと組んでバレット・クラブカール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦。ブラックとアンチアメリカのプロモーションを行い批判。バレット・クラブはスコット・スタイナーをセコンドに呼んで試合を行うが終盤にブラックがバットを使って攻撃しようとしたところスコットに止められ、ギャローズからリバース・ネックブリーカーからアンダーソンのバックスープレックスへと繋がれ敗戦した[27]。同月11日、GFW Grand Slam Tourにて新日本プロレス所属の渡辺高章と組んでバレット・クラブ(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦し、試合こそコントロールするが最後は力尽き敗戦した[28]。同月24日、GFW Ampedにて初代GFWネクスジェン王者決定トーナメントに出場。1回戦でPJブラックと対戦、最後に450°スプラッシュを決められ敗戦となった[29]。9月12日、ドイツニーダーザクセン州を拠点とするEWP(European Wrestling Promotion)のWrestling Festival 2015に参戦、レオン・ヴァン・ガステレンと対戦して勝利する[30]。10月2日、メキシコバハ・カリフォルニア州を拠点とするTHE CRASHに参戦。トロフェオXジム4wayマッチを行い、フェニックス、アンヘリコ、マット・クロスと対戦。最後に450°スプラッシュを決められ敗戦[31]。同月3日、イリノイ州を拠点とするDREAMWAVEのNo Escapeに参戦、DREAMWAVEオルタネイティブ王座を保持するARフォックスに挑戦するが敗戦となった[32]。同月17日、BCW Excellence 2015にて元WWE所属のシェーン・ヘルムズと組んでシンジケート(タイソン・デュークス & ブラッド・マーティン)と対戦して勝利する[33]。同月23日、GFW AmpedにてGFWネクスジェン王座次期挑戦者決定戦にてサンジェイ・ダットと対戦するが敗戦した[34]。11月7日、メキシコ・ベラクルスで行われたQue Viva El Reyにてドラゴと組んでフェニックス & レイ・ホラスと対戦するが敗戦した[35]

国内復帰、新日本プロレス[編集]

2015年12月1日、東京愚連隊の後楽園ホール大会、東京DREAM2015に参戦しFUJITAと対戦。タイガースープレックスからラウンディングボディプレスを決めて勝利する[36]。同月24日、S.P.E(エス・ピー広告株式会社スポーツエンターテイメント事業部)とマネジメント契約を結んだ[37]。同月30日、大日本プロレスに参戦。菊田一美と組んで宇藤純久 & 丸山敦と対戦。最後に菊田が丸山からタイガースープレックスホールドを喰らい敗戦した[38]

2016年1月2日、丸山敦と組んでチーム大和(橋本和樹 & 橋本大地)と対戦、最後に橋本和樹へ回転足折り固めを決めて勝利を収める[39]。同月10日、古巣であるWRESTLE-1に参戦、武藤 & 曙と組んでリアル・デスペラードKAZMA SAKAMOTO & NOSAWA論外 & MAZADA)と対戦し最後に武藤がNOSAWAへシャイニングウィザードを決めて勝利を収めた[40]。3月6日からは大日本プロレスのシングルリーグ戦「一騎当千」に参加[41]神谷英慶、橋本大地に勝利するも2勝3敗に終わった[41]

4月10日、新日本プロレスINVASION ATTACK 2016にてオカダ・カズチカ vs 内藤哲也IWGPヘビー級王座戦で終盤にオカダが内藤にドロップキックからツームストン・パイルドライバーを喰らわせてレインメーカーポーズを決めたところで場外から黒い骸骨のマスクを被って乱入し、背後から襲撃を仕掛けTKOを決めると上着を脱いでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのシャツを見せ、そしてマスクを取り正体を現した。最後に内藤がオカダにデスティーノを決めて勝利してベルト奪取に貢献[42]、同月11日、リングネームを「SANADA」に改めた[43]。同月17日、Road to レスリングどんたく2016にてLIJ vs CHAOSによる8人タッグマッチで対戦、終始オカダと対戦を行った。終盤にオカダのフラップジャックを喰らい外道にタッチされ逃げられるとLIJのメンバー総動員で猛波状攻撃で攻め、最後に外道にTKOからSkull Endへと繋げて勝利した[44]。5月3日、レスリングどんたく2016にてオカダと対戦、序盤は場外に引き込む鉄柵への攻撃を仕掛けるが中盤よりクリーンファイトを展開していった。終盤にはお互いの得意技である体勢に入るも何度も切り返し合い、Skull Endの体勢で軍配が上がったかと思われたがオカダからツームストンパイルドライバーを喰らうと、最後にレインメーカーを決められ敗戦した[45]。7月、G1クライマックスに初出場、棚橋弘至や優勝決定戦に進出した後藤洋央紀を破るなど健闘を見せ、4勝5敗で終わった。

11月7日、WORLD TAG LEAGUE2016にEVILと出場したが、5勝2敗予選落ちで終わった。

得意技[編集]

藤波辰爾のドラゴン殺法を彷彿とさせる腰への攻めを中心に試合を運んでいく。その高い身体能力と多方面から評価されるセンス・テクニックで、華麗で多彩な技を多く使用する。レスリング仕込みのスープレックス、スワンダイブなどの華麗な技、ローリング・クレイドルのようなクラシカルな技など幅広くこなし、特に抑え込み技にはこだわりがある。フィニッシュにドラゴン・スープレックスを使っていることで分かる通りドラゴン殺法を好む。藤波について真田は「(プロレス界に)入ってから好きになりました」と語り、根性よりも技術で闘う姿に惹かれたとのこと。また西村のようにあまり大技を出さないレスリングが好きだとも語っている。またその西村からは「無我の継承者」として期待されている。

打撃技[編集]

ドロップキック、ミサイルキック
真田のデビュー当初からの得意技で、長身から繰り出されフォームも美しい。カウンターやスワンダイブ、ダッシュしてロープの反動を利用するなど、レパートリーは豊富である。ミサイルキックもデビュー当初からの得意技。スワンダイブ式を頻繁に使い、相手をマットに叩きつけるような角度で突撃するため威力は高い。2009年のJCBホール大会では、花道に落とされるもそのまま助走をつけ、トップロープを飛び越えてリング内のジョー・ドーリングにドロップキックを当てる身体能力の高さを見せ付けた。それ以後、花道からのドロップキックをここぞという時に使っている。また、巨漢選手が相手だとミサイルキックが受け止められやすいことが多い。
ランニングエルボー
打撃の必殺技。チャンピオン・カーニバル準優勝後、5月シリーズよりフィニッシュとして使い始めた技であり、それまで多数のエルボーを使ってきた真田であるが、初公開時は近藤を相手に一撃で勝負を決めるなどその切れ味と破壊力は研ぎ澄まされ、フィニッシュとして説得力のあるものになった。
ドロップキック・スイシーダ
場外に落とした相手へ、リング上からトップロープを飛び越えドロップキックやミサイルキックを決める。
各種エルボー
ワンツー、ローリング式、串刺し式、スワンダイブ式、上述のランニングエルボーなど、多彩でトリッキーな戦術に合わせて使用している。

スープレックス系投げ技[編集]

ドラゴン・スープレックス
2007年11月23日に初公開し山口竜志を下した。真田はその後もこの技で平井などの先輩レスラーや同期のレスラーたちからピンフォール勝ちを納めている。ジャーマン・スープレックスは投げっぱなしを多用するが、こちらはそのままホールドすることが多い。
タイガー・スープレックス
2009年3月1日、後楽園ホール大会で初公開。ライバルの征矢を下してチャンピオン・カーニバルに出場するきっかけとなった技である。これを期にドラゴン・スープレックスや回転足折り固めと並ぶフィニッシュ技に定着した。クラッチは自分の手のひらを相手の背中に押し当てる佐山聡式。
ジャーマン・スープレックス
ドラゴンへのつなぎや、ドラゴンが失敗したときなどに使われる。これで勝利を得たことも少なくはない。
ロコモーション式ジャーマン・スープレックス・ホールド
連続でジャーマン・スープレックスを決める技。真田の場合は、最後のジャーマン・スープレックスから足折り固めでフォールを奪う(いわゆる「マヤ式ジャーマン」や「デルフィン・スペシャル1号」と同型)。2011年のチャンピオン・カーニバルから使用を始めた技であり、この技で初のケア越えを果たした。
ハーフルネルソンスープレックス
変形ドラゴンスリーパーのフィニッシュ前から使用していた。岡林裕二戦で初公開。

フォール技[編集]

ラウンディング・ボディプレス
2011年6月19日に初公開。この技で真田は大日本勢からアジアタッグ王座を取り返した。高度が高く、綺麗なフォームのまま落ちるその技は、長年使用してきたその場飛び式のものを基礎としている。全日本プロレス時代はムーンサルト・プレスの技名であったが、W-1参戦時からラウンディング・ボディプレスと名称を変更している。
回転足折り固め
別名ローリング・バック・クラッチ。上記3種のスープレックスが返された時などに使う真田の奥の手である。鈴木や諏訪魔、ケアなど元三冠王者の名だたる面々からもフォールを奪えるほど現在はその切れ味が研ぎ澄まされている。
ジャパニーズ・レッグロールクラッチ
日本式回転足折り固めともいう。うつ伏せに倒れている相手両脇に自分の両足首を差し込み、そのまま体を反転させて相手の体を仰向けにひっくり返し、真田が後方へブリッジすることによって、相手をエビ固めに丸め込む。大日本プロレスの石川戦ではピンフォールを奪う威力を発揮した。
逆さ押さえ込み
2009年10月11日、ライバルの征矢をこの技で下している。西村から『無我』の後継者に相応しいと認めさせた技でもある。
その場飛びムーンサルト
ローリング・クレイドル
若手では珍しくデビュー当初からこの技を使用している。大きな試合の時に、回転しすぎて自分も目が回ることがしばしばある。
TKO
2016年4月10日、新日本プロレスの両国大会にてオカダを襲撃した際に使用された。相手をファイヤーマンズキャリーに抱え上げ、相手の脚を振ってダイヤモンド・カッターに移行する。
マーク・メロが考案したTKOと同型技であり、ケアが同名の技を使用するがハリケーンドライバーであるため異なる。

組み技[編集]

フランケンシュタイナー、雪崩式フランケンシュタイナー
2011年チャンピオン・カーニバルで初公開。雪崩式は、決勝の永田裕志戦で初公開。
ワンハンド・バックブリーカー
腰攻めの要。バックドロップと同じ体勢から入るため受身が取りづらい。かつての藤波の得意技のひとつ。
RKO
起死回生の組技。顎を負傷している選手にも使用する非情な一面を併せ持っている。2012年9月8日には大日本・岡林のボディプレスをこれで返すという荒業を見せ、勝利につなげた。
ドラゴンスクリュー
エプロン際で相手の足を取り使う。

関節技[編集]

コブラツイスト
リング上で相手をロープに振り、自分はその対角線をダッシュして技に移行する、オリジナルの極め方を使用する。
スリーパーホールド
Skull End
旧名THiS iS iT。2012年チャンピオンカーニバルから使用。胴締めスリーパーである。初期は相手の背後をとってスリーパー → ドラゴンスリーパーから移行するのが主な技の入り方だったが、チャンピオンカーニバル後半戦から、ジャパニーズレッグロールからドラゴンスリーパーに移るようになった。2012年中頃から両方使用。2013年3月10日、不知火の要領で相手の首を肩後ろにとり、コーナーポストを駆け上がって宙返りしてから移行する入り方も披露。
新日本プロレス参戦時よりSkull Endへと改称[44]
THiS iS iT Version II
2013年、チャンピオンカーニバルの初戦で大森隆男を相手に披露した。ドラゴンスリーパーで相手を捕獲すると右腕を取って巻き込み、変形腕極めドラゴンスリーパーに移行する。
パラダイスロック
相手の両手両足を複雑に絡めて極めつつ、手足の自由を奪うジャベ。新日本参戦後より使用。ミラノコレクションA.T.の得意技で、解説席にいたミラノの目の前で挑発するように仕掛けた際には、ミラノの怒りを買いつつも「俺より上手いけど」と評された。また再度解説席の前で実行した時に、実況を務めていたテレビ朝日野上慎平アナウンサーからは「パラダイスロック」ならぬ「パクリデスロック」と称された。

その他[編集]

技というわけではないが、独特の試合中のムーブがある。

ヘッドシザースを倒立で返す
師匠の西村が得意としていたムーブ。2012年ごろから使い始めている。
相手のパフォーマンス・アピールを真似る
ゾディアックの「ゾ・ディ・アック!ポーズ」や小島の「いっちゃうぞ!」等を真似た。やはり違和感があるのか、途中でやめたこともある。最近はほとんど見られない。
セカンドロープを跨いでリイングインするところをセカンドロープを蹴って股間へダメージ。

獲得タイトル[編集]

新日本プロレス
w/EVIL&BUSHI
全日本プロレス
w / ジョー・ドーリング
w / 征矢学
w / KAI
TNA
その他
  • サムライTV杯争奪トリプルアロートーナメント優勝(パートナーは佐々木健介、中嶋勝彦)
2007年5月に行われた、サムライTVが主催する6人タッグトーナメント。中国地方の戦国大名、毛利元就の「三本の矢」をモチーフとしている。このトーナメントに健介、中嶋とのタッグで優勝した。準決勝では同期のT28を下し、デビューたった2か月で栄冠を手にした。
  • PLAYBOY CHANNEL NIGHT ナナイロ賞
夏目ナナプロデュース興行で、夏目ナナが個人的に気に入った選手に与えられる賞。

人物[編集]

  • 同期達がジュニアヘビー級で活躍しているのに対し、真田はヘビー級の選手として地道に勝ち星を増やし着実に成長してきた。また、デビュー当初から新人離れしたテクニック、センスはファン・関係者共に高い評価を獲得していた。
  • デビュー当初は身長の割に細い体つきだったが、現在はビルドアップされた肉体となっている。また学生時代は小柄で、中学生の頃は140cm代で40kg代、高校入学時は170cm以下の60kg。プロレスに入った時は177cm、75kgだった。
  • デビュー当時から青、もしくは水色のショートパンツに白いレスリングシューズがトレードマークである。一時期、若手時代のジャンボ鶴田を彷彿とさせる赤、青、☆マークの三拍子揃ったロングタイツを着用していたことがある。
  • 過去に好きだったレスラーは闘魂三銃士、西村、小島、天山広吉、King Of The Hills時代の棚橋弘至である。リック・フレアーを敬愛しており、尊敬する選手としてかつて付き人をしていた小島、そして全日本のコーチに就任した太陽ケアを挙げている。
  • KAI、T28、大和とは同期入門であるが彼らより4つ年下である。また征矢とは非常に仲が良く、師匠の西村からも非常に可愛がられている。
  • 好きな有名人は松田優作のようである。
  • BBQ CHICKENSのファン。
  • 好きなブランドはGAINGROUND。真田は全日本プロレスの受験生に向けて、入団して良かったことについて聞かれ「先輩から沢山服を貰って嬉しかったです」と語った。
  • 西村、内田全日本プロレス取締役も所属している草野球チームに所属している。また横浜DeNAベイスターズの大ファンでもある。
  • アンパンマンのファンでもあり、好きなキャラクターはばいきんまんとカバオくんとのこと。
  • 2010年3月の太陽ケア戦で金髪を披露した。

入場テーマ曲[編集]

新日本プロレス参戦以後、使用しているテーマ曲。2016年4月 - 現在まで使用。
  • PROBABILITY
  • 青春の嵐/真田広之とペガサス幻想/MAKE-UPのミックス。※旧テーマ曲

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ W-1旗揚げツアー”. WRESTLE-1. 2013年9月8日閲覧。
  2. ^ 真田聖也選手のWRESTLE-1入団並びに10月6日(日)後楽園ホール大会出場選手発表記者会見”. WRESTLE-1. 2013年9月24日閲覧。
  3. ^ WRESTLE-1 TOUR 2013”. WRESTLE-1. 2013年11月16日閲覧。
  4. ^ 開戦~OUTBREAK~”. WRESTLE-1. 2014年3月2日閲覧。
  5. ^ SHOW RESULTS - 3/2 TNA vs. Wrestle-1 in Tokyo, Japan: "One Night Only" PPV results, set-up for Lockdown”. PWTorch.com. 2014年3月2日閲覧。
  6. ^ TNA王者・真田が無期限米遠征へ”. 東スポWeb. 2014年3月4日閲覧。
  7. ^ Daniels, Kazarian and Sabin vs. Muta, Sanada and Yasu”. Wrestleview.com. 2014年3月9日閲覧。
  8. ^ WRESTLE-1 2014 TOUR After OUTBREAK”. WRESTLE-1. 2014年3月22日閲覧。
  9. ^ 真田が新鋭・吉岡を下し初防衛に成功。TNA Xディビジョン選手権=W−1”. スポーツナビ. 2014年3月22日閲覧。
  10. ^ TNA遠征中の真田聖也選手の近況に関して”. WRESTLE-1. 2014年6月2日閲覧。
  11. ^ 衝撃~IMPACT~”. WRESTLE-1. 2014年7月6日閲覧。
  12. ^ ムタが本家ムーンサルトで真田を撃破。自称エース・KAIが屈辱の髪切り=W-1”. スポーツナビ. 2014年3月22日閲覧。
  13. ^ W-1の真田聖也がTNAとの契約発表”. nikkansports.com. 2014年7月7日閲覧。
  14. ^ TNA Impact Wrestling Results - 8/14/14 (Team 3D vs. Hardys)”. Wrestleview.com. 2014年8月14日閲覧。
  15. ^ TNA Impact Wrestling Results - 8/27/14 (Hardys/3D/Wolves)”. Wrestleview.com. 2014年8月27日閲覧。
  16. ^ CHIKARA 09/20/14 King of Trios 2014 Night 2 Results”. PWPonderings.com. 2014年9月21日閲覧。
  17. ^ CHIKARA 09/21/14 King of Trios 2014 Night 3 Results”. PWPonderings.com. 2014年9月21日閲覧。
  18. ^ TNA Bound for Glory Results: James Storm & Sanada vs. Great Muta & Tajiri, New Hall of Famers in Hardcore Action, X-Division 3-Way & More”. Wrestlezone.com. 2014年10月12日閲覧。
  19. ^ WRESTLE-1 TOUR 2014 First Tag League Greatest ~初代タッグ王者決定リーグ戦~”. WRESTLE-1. 2014年11月28日閲覧。
  20. ^ WRESTLE-1 TOUR 2014 Final”. WRESTLE-1. 2014年12月22日閲覧。
  21. ^ 武藤が足4の字でW-1王座初防衛に成功。船木と鈴木が試合そっちのけ大乱闘”. スポーツナビ. 2014年12月22日閲覧。
  22. ^ Border City Wrestling – Campus Combat Results”. ProWrestlingDigest.com. 2015年1月21日閲覧。
  23. ^ SMASH Wrestling Battle Lines results”. Northern Lights Suplex. 2015年2月14日閲覧。
  24. ^ TNA Impact Wrestling Results - 3/20/15 (Lashley vs. Angle)”. Wrestleview.com. 2015年3月20日閲覧。
  25. ^ Another TNA Wrestling Star Released From the Promotion”. WrestleZone.com. 2015年4月16日閲覧。
  26. ^ 真田聖也選手に関してのご報告”. WRESTLE-1. 2015年5月13日閲覧。
  27. ^ SHOW RESULTS - 7/10 GFW in Erie, Pa.: Bullet Club headlines Global Force event, plus Jarrett-EY title feud continues, Magnus, more stars”. PWTorch.com. 2015年7月14日閲覧。
  28. ^ Global Force Wrestling 07/11/15 Results”. PWPonderings.com. 2015年7月12日閲覧。
  29. ^ GFW Amped TV Taping Results (SPOILERS)”. 411mania.com. 2015年7月25日閲覧。
  30. ^ 12.09.2015 - WRESTLING FESTIVAL 2015, Hannover”. European Wrestling Promotion. 2015年9月12日閲覧。
  31. ^ ¡Bestia 666 es el nuevo rey de los pesos cruceros! ¡Pentagon Jr. en busca de la cabellera de Bestia!”. TheGladiatores.com. 2015年10月3日閲覧。
  32. ^ Résultats – DREAMWAVE Wrestling « No Escape » – 10 octobre 2015”. Ultimate-Catch. 2015年11月15日閲覧。
  33. ^ Résultats – Border City Wrestling « Excellence » – 17 octobre 2015”. Ultimate-Catch. 2015年10月22日閲覧。
  34. ^ Global Force Wrestling 10/23/15 AMPED TV Tapings Results: Champions Crowned”. PWPonderings.com. 2015年10月23日閲覧。
  35. ^ ¡Rey Mysterio Jr. brilla en 'Que Viva el Rey'!”. Xeudeportes.com. 2015年11月8日閲覧。
  36. ^ 東京DREAM2015”. バトルニュース. 2015年12月1日閲覧。
  37. ^ 真田聖也がS . P . E所属に”. 週プロmobile. 2015年12月24日閲覧。
  38. ^ 後楽園ホール大会”. 大日本プロレス. 2015年12月30日閲覧。
  39. ^ 2016新春・後楽園ホール大会”. 大日本プロレス. 2016年1月2日閲覧。
  40. ^ WRESTLE-1 TOUR 2016 SUNRISE”. WRESTLE-1. 2016年1月10日閲覧。
  41. ^ a b ※4/9(日)札幌大会終了、星取表更新!”. 大日本プロレス BJW official website  (2016年4月9日). 2015年4月11日閲覧。
  42. ^ INVASION ATTACK 2016”. 新日本プロレス. 2016年4月20日閲覧。
  43. ^ 【新日・両国】IWGP初戴冠の内藤を復活へ導いた魔法の言葉とは”. 東スポWEB. 2016年4月11日閲覧。
  44. ^ a b Road to レスリングどんたく2016”. 新日本プロレス. 2016年4月17日閲覧。
  45. ^ レスリングどんたく2016”. 新日本プロレス. 2016年5月3日閲覧。
  46. ^ [1]

関連項目[編集]

同期入門
パートナー

外部リンク[編集]