シャイニング・ウィザード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シャイニング・ウィザードShining Wizard)は、プロレス技の一種である。別名「閃光魔術(せんこうまじゅつ)」、「閃光妖術(せんこうようじゅつ)」。

片膝立ちした相手の脚などを踏み台にして仕掛ける、飛び膝蹴りの一種。開発者は武藤敬司。相手を踏み台にして攻撃を仕掛けるという今までにない独創性豊かな技であるため、多くのレスラーによって使われている。また、派生技も多く誕生し、片膝立ちの相手を踏み台にしての技をシャイニング式シャイニング系と呼ぶようになるまでになった。

漫画やアニメ、ゲームキャラクターの技にも多く取り入れられている。

概要[編集]

最も使用される基本的な形は、マット上で片膝立ちしている相手に対し、その片脚を踏み台にして相手の膝上に乗り上がり、すぐさま相手の頭部・顔面を狙って膝蹴りを繰り出すというもの。

片膝立ちの相手の脚を踏み台にする以外にも、レフェリーやタッグパートナーを踏み台にして放つ、コーナーポストにもたれかかっている相手や立っている相手に向かって放つなど、様々なバリエーションが存在する。

初公開は2001年1月28日、全日本プロレス東京ドーム大会での太陽ケア戦。武藤のドラゴンスクリューなどによる足攻めを受け、片膝をついた状態でなかなか立ち上がってこないケアに対して披露。その後同年2月の新日本プロレス札幌大会で、飯塚高史相手に初めてフィニッシュ技として使用した。

初めは「変形の膝蹴り」と称されたが、2001年2月18日の村上一成とのシングルマッチで決め技に使ったところ、「この膝蹴りに技名を付けよう」という企画が始まり、技名称が一般公募された。そして応募で多かった「シャイニング・ニー」に当時の武藤のニックネーム「クロス・ウィザード」を合わせ、「シャイニング・ウィザード」と名付けられた。

初期は単に正面からの膝蹴りであったが、受ける側が鼻骨骨折などの過度のダメージを受ける可能性があり、スティーブ・ウィリアムスに使った際に当たり所が悪く自らの膝を痛めたこともあったため、改良を重ね、獣神サンダー・ライガーとのシングル戦以降は外側から足を振り回して大腿四頭筋付近を当てる形になった。

主な使用者[編集]

オリジナルの名称で使用している選手
その他

派生技[編集]

シャイニング・ケンカキック
蝶野正洋のシャイニング式のケンカキック(ヤクザキック)。「シャイニング・ブラック」と呼ばれることもある。
シャイニング・トライアングル
中邑真輔のシャイニング式三角絞め
スコーピオライジング
里村明衣子のシャイニング式踵落とし
シャイニング・イナズマ
垣原賢人のシャイニング式稲妻レッグラリアート
シャイニング・あてがい
男色ディーノのシャイニング式のあてがい(原型のあてがいは自らの股間でコーナーでダウンしている相手に押さえ付けるのに対し、こちらは自らの股間をシャイニング式に当てる技。)
ブラックマジック
ロウキーのシャイニング・ウィザードに行くと見せかけてのバックキック(後方へ足を降り出して相手を蹴る技)。
シャイニング膝アッパー
高橋奈苗のオリジナル技。シャイニング式で自らの片膝を下方から上方へかち上げる。
シャイニング・インパクト
タッグマッチにおいて、味方選手が相手選手を肩車し、もう一方がコーナーポスト上からシャイニング・ウィザードを放つ合体技。
膝を使っての飛び回し蹴り
正確に言えば派生技ではないが、ブルガリア空手家ヴァレリー・ディミトロフ新極真会の大会でみせた技。相手の膝に乗って飛び、回し蹴りを中段に極めて一本勝ちした。ゴング格闘技誌面で「武藤敬司のシャイニング・ウィザードに似た技を空手でだした」と記事になった。

関連項目[編集]