シャイニング・ウィザード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シャイニング・ウィザードShining Wizard)は、プロレス技の一種である。別名「閃光魔術(せんこうまじゅつ)」[1]

概要[編集]

武藤敬司のオリジナル技。助走して左膝をついた相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして空中で右膝を折り曲げて相手の頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。

最も使用される基本的な形はマット上で片膝立ちしている相手に対して、その片脚を踏み台にして相手の膝上に乗り上がり、すぐさま相手の頭部と顔面を狙って膝蹴りを繰り出すというものである。

片膝立ちの相手の脚を踏み台にする以外にもレフェリーやタッグパートナーを踏み台にして放つのとコーナーポストにもたれかかっている相手や立っている相手に向かって放つなど、様々なバリエーションが存在している。

初公開は2001年1月28日、全日本プロレスの東京ドーム大会において、武藤が対太陽ケア戦でドラゴン・スクリューなどによる足攻めを受けて片膝をついた状態でなかなか立ち上がってこないケアに対して使用。2月4日、新日本プロレスの北海道立総合体育センター大会において、武藤が対飯塚高史戦で初めてフィニッシュ・ホールドとして使用。当初は変形膝蹴りと称されていた。

2001年2月18日、新日本プロレスの両国国技館大会において、武藤が対村上一成(現:村上和成)戦で決め技に使ったところ「この膝蹴りに技名を付けよう」という企画が始まり、技名が一般公募されて多かった「シャイニング・ニー」に当時の武藤のニックネーム「クロス・ウィザード」を合わせて「シャイニング・ウィザード」と名付けられた。

当初は相手の顔の正面から膝蹴りを、かち上げるような形を使用していたが技を受ける相手が鼻骨骨折などの過度のダメージを受ける可能性があったため、フォームを修正して外側から足を振り回して大腿四頭筋付近を当てる型を使用している。

主な使用者[編集]

その他

派生技[編集]

シャイニング・ケンカキック
蝶野正洋のオリジナル技。助走して左膝をついた相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして空中で振り上げた右足の裏で相手の顔面を蹴り飛ばす。
シャイニング・イナズマ
垣原賢人のオリジナル技。助走して左膝をついた相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして相手の胸板に稲妻レッグ・ラリアットを叩き込む。
スコーピオ・ライジング
里村明衣子のオリジナル技。助走して左膝をついた相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして空中で右足を振り上げて相手の脳天に踵落としを叩き込む。
シャイニング・膝アッパー
高橋奈七永のオリジナル技。助走して左膝をついた相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして空中で右足を折り曲げて膝を突き出して相手の顎に下から突き上げるような膝蹴りを叩き込む。
ドラゴン・キッカー
伊東竜二のオリジナル技。助走して左膝をついた相手の右腿の上に自身の左足を乗せて相手の右腿を踏み台にしてジャンプして振り上げた右足の甲で相手の左側頭部に蹴りを叩き込む。
FH(踏み台にして・膝)
谷嵜なおきのオリジナル技。助走して立っている相手の右腿の上に左足を乗せて腿を踏み台にしてジャンプして膝を突き出すように右足を折り畳み、相手の頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。
DH(ダッシュして・膝)
谷嵜なおきのオリジナル技。相手をコーナーにハンマースルーにして自身も、それを追いかけるように助走をつけてコーナーに寄りかかる相手の右腿に左足を乗せてジャンプして膝を突き出すように自身の右足を折り畳み、相手の頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。

脚注[編集]

  1. ^ 「閃光魔術」と名付けたのは元週刊ゴング編集長の金沢克彦

関連項目[編集]