ツバサ (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツバサ
プロフィール
リングネーム ツバサ
本名 非公開
ニックネーム ストーム・オブ・アカプルコ
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1973-06-21) 1973年6月21日(43歳)
出身地 岐阜県土岐郡笠原町(現:多治見市
所属 フリー
スポーツ歴 シュートボクシング
剣道
野球
サッカー
トレーナー フライ・トルメンタ
デビュー 1993年12月3日
テンプレートを表示

ツバサ1973年6月21日 - )は、日本覆面レスラー

経歴[編集]

プロレスラーを志してメキシコに渡り、フライ・トルメンタ孤児院(プロレスラーのファイトマネーによって運営される孤児院)に所属。

1993年12月3日、メキシコのイダルゴ州パチューカにてデビュー。約6年の間、EMLLを中心に活動。

1999年、CMLL JAPANに参戦して日本に逆上陸。9月より大阪プロレス所属となった。

2001年、正規軍を脱退してブラックバファローとタッグチーム「インフィニティ」を結成。7月21日、王座決定戦にてスペル・デルフィン&村濱武洋組に勝利して大阪プロレスタッグ王座を獲得。

2002年8月25日"ビッグボス"MA-G-MA&大王QUALLT組に勝利して大阪プロレスタッグ王座を獲得。

2003年、インフィニティを解散。以降は正規軍としてルード軍「岸和田愚連隊」と戦う。4月29日ビリーケン・キッドと組み「大阪タックフェスティバル2003」に出場し優勝。

2004年4月2日、当時、カズ・ハヤシが所持していた全日本プロレス世界ジュニアヘビー級王座に挑戦するが敗退。6月12日ユタカとタッグを組み「大阪タックフェスティバル2004」に出場して優勝。同年、右膝の故障により長期欠場に入った。

2005年2月13日、「大阪ハリケーン2005」で半年間の休養から復帰する。9月17日、ビリーケン・キッドと組み、秀吉&正宗組を破り、大阪プロレスタッグ王座を獲得。しかし、初防衛後に返上。11月より右膝の再手術のため再び長期欠場に入った。

2006年10月1日、約11ヶ月ぶりの復帰を果たす。

2007年2月13日大阪ハリケーン2007、フラッシュムーンと組んで大阪プロレスタッグ王座に挑戦するも敗退。「大阪タッグフェスティバル2007」にアジアン・クーガーとタッグを組み参戦。準決勝まで勝ち抜いた。

2008年1月13日、大阪プロレスタッグ王座次期挑戦者決定戦にアジアン・クーガーとタッグを組んで秀吉&政宗組を破って挑戦権を獲得。2月11日大阪ハリケーン2008でゼロGAINAの持つ大阪プロレスタッグ王座に挑戦するも敗退。

2014年11月24日大阪府和泉市和泉シティプラザ弥生の風ホールにてツバサデビュー20周年記念大会「意志あるところに道は通じる」を開催。

得意技[編集]

ルチャリブレを基礎とした技を得意とする。力強い投げ技も使いこなす。

ウイングロックバスター
抱え込み落とし
除夜の鐘
カサドーラクラッチ
ウン・タコ
ラ・ネブリナと同型。
トルナド・デ・アカプルコ
サザンクロススプラッシュと同型。
クロスアームスープレックス
ドラゴンスリーパー
フランケンシュタイナー
ウラカン・ラナ・インベルティダ
メキシカンストレッチ
技名のないジャベの数々を指す総称。

タイトル歴[編集]

エピソード[編集]

  • 欠場中は引退後のために理学療法士の専門学校に通う。そのため、平日、土曜日、東京の試合には出られなくなり、日曜、祝日のみの限定復帰となった。だが、実質は専属フリー契約で4月にプロレスリング華☆激にも参戦。その後、準レギュラー扱いで参戦している。
  • リング場のマイクパフォーマンスはほとんどしない。大阪プロレスの中ではくいしんぼう仮面の次に喋らないのだがトークが上手く、去年は大阪プロレスでは一番多い4度ものトークショーを行っている。
  • 大の野球好きでブログの内容もプロレスより野球の方が多い。特に中日ドラゴンズの大ファンでシーズン中は実家に帰るときにナゴヤドームで野球観戦をすることもある。
  • 「大阪タッグフェスティバル2007」におけるアジアン・クーガーとのタッグはツバサの華麗なルチャリブレとクーガーの荒々しいハードコアが素晴らしいコンビネーションで人気を呼んだ。現在は大阪プロレスで一番の人気タッグチームになっている。

外部リンク[編集]