オリエンタルプロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オリエンタルプロレスは、かつて存在した日本プロレス団体。キャッチフレーズは「出前プロレス」。

歴史[編集]

1992年6月、元パイオニア戦志所属選手の剛竜馬が設立。7月26日香川県琴平町営西駐車場特設リングで当地の商工会が企画した夏祭りの余興として旗揚げ戦を開催。

パイオニア戦志の失敗から新日本プロレスジャパンプロレスなどで営業面で采配を振った加藤一良をフロントに招いて興行面を任せた。また小規模なインディー団体の身軽さを利して日本各地で呼ばれればどこへでも赴くスタイルで興行を開催していた。

当日の試合を収録、編集して帰りがけの観客にビデオの即売を行う「ほっかほかビデオ」の企画はテレビ東京の番組「ワールドビジネスサテライト」でも採り上げられるなど注目を集めたが赤字続きで短期間で姿を消した。

パイオニア戦志では出来なかった外国人選手の招聘も積極的に行いジェシー・バーと双子タッグチーム「ザ・ブルース・ブラザースロン・ハリス&ドン・ハリス)」らを来日させた。またパイオニア戦志で正統派プロレスにこだわり失敗した反省から金網デスマッチも行った。しかし興行的には苦戦が続き給料の未払いにより加藤らフロント陣が退職。

1992年12月、千葉県船橋市大会を最後に団体内のトラブルから代表の剛が退団。

剛の退団後は高杉正彦をエース格としてW★INGプロモーションみちのくプロレス山梨県に本拠を構える空手の宮川道場などの協力を得て残った所属選手と興行を開催するも1993年12月に解散。

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

リングアナウンサー[編集]