バッファロー (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラックバファローから転送)
移動先: 案内検索
バッファロー
バッファローの画像
プロフィール
リングネーム バッファロー
因幡のバッファロー
ブラックバファロー
山田 圭介
本名 山田 圭介
ニックネーム タクティカル・バイオレンス
身長 180cm
体重 90kg
誕生日 (1974-07-06) 1974年7月6日(42歳)
出身地 鳥取県
所属 先駆舎
鳥取だらずプロレス
スポーツ歴 柔道
デビュー 1993年8月2日
テンプレートを表示

バッファロー1974年7月6日 - )は、日本覆面レスラー。本名:山田 圭介(やまだ けいすけ)。

概要[ソースを編集]

リングネームのブラックバファロー及びキャラクターは大阪プロレス時代に同じく所属していたタイガースマスクプロ野球球団「阪神タイガース」とテレビアニメ「タイガーマスク」をモチーフにしているキャラクターに対して同じくプロ野球球団「大阪近鉄バファローズ」がモチーフになっている(登場はタイガースマスクより早い)。ただし、野球ギミックの度合いは低くマスクの鍔や足下のスパイクは入場時に持つ金属バット等に見られる程度である。1999年、コスチュームに描かれた背番号は「37」であったが2007年、怪我から復帰した時の背番号は「4」、また、ルード軍団「LOV」所属時代の背番号は「9」であった。なお、ブラックバファローとタイガースマスクは野球に関心がない。

経歴[ソースを編集]

山田圭介[ソースを編集]

1993年8月2日、オリエンタルプロレスで山田圭介としてデビュー。後にフリーを経てI.W.A.JAPANに入団。

1997年11月、I.W.A.JAPANの代表に就任。

1998年9月7日、ザ・グレート・カブキ引退試合として行なわれた3試合で唯一のシングル戦の相手を務める。

1999年、I.W.A.JAPANを退団。

ブラックバファロー[ソースを編集]

同年、大阪プロレスに入団してリングネームをブラックバファローに改名。ルード軍「LOV」に所属する。LOV時代は主に悪徳マネージャーとして活動。

2001年、ルード軍「FLUXxx」に所属する。7月21日、ツバサとタッグを組んで大阪プロレスタッグ王座に勝利し第2代王者となる。ツバサとタッグチーム「インフィニティ」を結成。

2002年、ツバサと共にFLUXxxを追放される。8月25日、ツバサとタッグを組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。

2003年、試合中パートナーであるツバサに攻撃を加えてマスクを剥ぎ、ルード軍「岸和田愚連隊」に所属する。インフィニティは解散となる。

2004年大王QUALLTとタッグを組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。

2005年、フリーの大鷲透を首魁に据えてルード軍「武侍漢」を結成。

2006年、ヒールターンしたビリーケン・キッドをボスとしてルード軍「ベンダバル」を結成。2月26日、キッドとタッグを組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得したが右肩負傷のため返上。

2007年、欠場中にメキシコに向かったことが確認されたと大阪プロレスサイドがマスコミに向けて発表。AAAの試合に出場していることもマスコミで確認された。4月、契約更改にてフリーとなることを発表。6月30日、タッグリーグ戦「大阪タッグフェスティバル」中にケガで欠場したゼロのピンチヒッターとして電撃復帰。7月14日、試合終了後にマイクパフォーマンスでケガによる長期欠場後のAAA無断参戦や契約解除など身勝手な行動を謝罪。プロレス界から退くか迷っていたところを引き止めてくれたGAINAへの感謝と大阪プロレスにまた上がり、試合をしたいと熱意を感極まりながら述べた。8月25日、ルード軍「バッドフォース」に所属する。

2008年2月11日、タイガースマスクとの覆面剥ぎマッチに敗退。素顔をさらして元I.W.A.JAPAN所属選手の山田圭介だと明かした。大阪プロレスを退団したのは極度の鬱病にかかったこと何度もタイガースが練習を誘いに自宅へ訪問してくれたことを涙ながらに語った。また、素顔で活動することを発表。その後、ゼロ、GAINAにより、バッドフォースを追放を宣告された。

2009年1月1日、タイガースとタッグを組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。5月20日、タイガースとタッグを組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。

2012年3月25日、大阪プロレス王座を獲得。

バッファロー[ソースを編集]

2014年4月20日、大阪プロレスを退団。その後、丸山敦吉野恵悟と共に先駆舎に入社。マスクを被り、リングネームをバッファローに改名。5月5日、鳥取だらずプロレスに入団。2団体所属となり、リングネームは鳥取だらずプロレス限定で因幡のバッファローとなることを発表。5月14日、ダブプロレスでツバサとのタッグチーム「インフィニティ」が復活。

2017年1月21日、古巣の大阪プロレスでツバサとのタッグチーム「インフィニティ」が復活。

得意技[ソースを編集]

体のバネを生かしたパワーのある攻撃を主とするが試合運びがずる賢く、巧みなため、普通のパワーファイターとは一線を画する。

バックドロップ
へそでなげる綺麗なモーションのバックドロップ。
バッファロードライバー
タイガードライバーと同型。
垂直落下式バッファロードライバー
グランドスラム
シュラスコ
ラリアット
倒れこみ式ラリアット

タイトル歴[ソースを編集]

エピソード[ソースを編集]

  • 入場時にもっている金属バットは凶器としては使用しない。
  • 「〜以上」で締めるマイクパフォーマンスが名物。アドリブも利き、大阪プロレスで一番マイクが上手い。
  • ツバサとのタッグチーム「インフィニティ」は連携や試合運びの上手さから大阪プロレス一のタッグチームと呼ばれている。
  • 2004年ルードであるにもかかわらず、愛甲法科専門学校の警察官自衛官向け公務員養成講座でトレーニングの講師を務めた事がある。
  • 2008年から2011年まで鳥取県で開催される新日本プロレス鳥取大会に参戦していた。
  • 2011年8月13日、Jリーグセレッソ大阪ガンバ大阪の大阪ダービーにゲストとして大阪プロレス所属選手が招かれた際に「ガンバ大阪?知らねえなぁ」とガンバ大阪のサポーターを煽った。なお、この台詞はセレッソ大阪のサポーターに愛用されて12月4日、セレッソ大阪ファン感謝デーで「セレッソ流行語大賞」を獲得。

CM出演[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

  • 内匠政博 - コスチュームに描かれた背番号「37」の元ネタ。

外部リンク[ソースを編集]