テリー・スゾピンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ウォーロード
プロフィール
リングネーム ザ・ウォーロード
バイオレンス・ウォーロード
スーパー・アサシン2号
本名 テリー・スコット・スゾピンスキー
ニックネーム 筋肉武将
身長 196cm
体重 147kg(全盛時)
誕生日 1962年3月28日(53歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州の旗 フロリダ州
ポンパノ・ビーチ
トレーナー エディ・シャーキー
デビュー 1986年
引退 1996年
テンプレートを表示

ザ・ウォーロードThe Warlord)のリングネームで知られるテリー・スゾピンスキーTerry Scott Szopinski1958年9月6日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーフロリダ州ポンパノ・ビーチ出身。

驚異的なマッスルボディを持つ大型バイオレンス・ファイターとして活躍し、ヒールのポジションにいながら子供に人気があった。

来歴[編集]

ミネソタ州のジムでロード・ウォリアー・アニマルと知り合い、彼の紹介でエディ・シャーキーのトレーニングを受け、1986年NWAミッドアトランティック地区でデビュー[1]。その後、セントラル・ステーツ地区を経て、1987年6月に新日本プロレスバイオレンス・ウォーロードViolence Warlord)の名前で初来日している[2]

同年末、ミッドアトランティック地区でザ・バーバリアンとコンビを組み、ロード・ウォリアーズのイミテーションであるパワーズ・オブ・ペインThe Powers of Pain)を結成[3]。本家ウォリアーズと抗争を開始する。1988年2月にはマネージャー格のイワン・コロフを交えたトリオでダスティ・ローデス&ロード・ウォリアー・ホーク&ポール・エラリング(アニマルの代打で出場)からNWA世界6人タッグ王座を奪取[4]。4月に行われたタッグ・トーナメント "Crockett Cup" ではウォリアーズを破り決勝に進出するも、スティング&レックス・ルガーに敗れ準優勝に終わった[5]

1988年7月よりパワーズ・オブ・ペインとしてWWFに移籍し、同じくウォリアーズの影響下にあったデモリッションと抗争を展開[6]1989年11月23日のサバイバー・シリーズではゼウスと共にテッド・デビアス率いる「ミリオンダラー・チーム」のメンバーとなり、ハルク・ホーガンジェイク・ロバーツ、デモリッションの「ハルカマニアックス」と対戦。ホーガンにバーバリアンとの2人がかりのハイジャック・パイルドライバーを放って反則失格となっている[7]

1990年下期、ウォリアーズ(リージョン・オブ・ドゥーム)のWWF参戦に伴いパワーズ・オブ・ペインを解散。スキンヘッドに金属製の仮面を被り、鎧を身につけ槍を手にした剣闘士ギミックのシングルプレイヤーとなる[1]"ドクター・オブ・スタイル" スリックマネージャーに迎え、1991年ブリティッシュ・ブルドッグとパワー対パワーの抗争を繰り広げた[8]。同年2月と10月には、当時WWFと提携していたSWSに来日、天龍源一郎阿修羅・原と対戦した[9]

1992年にバーバリアンと同時期にWWFを離れ、スーパー・アサシンズThe Super Assassins)としてWCWでコンビを復活させたが活躍の機会を与えられず、以降は単身でインディー団体を転戦。1994年8月にはWARに来日、ボブ・バックランド&スコット・プトスキー(イワン・プトスキーの息子)とのトリオで冬木軍(冬木弘道邪道外道)を破り世界6人タッグ王座を獲得した[10]

1996年に自動車事故で引退[11]。その後は地元のフロリダで警備員ボディーガードの職に就きつつ[11]2002年頃からインディー団体へのスポット出場を再開。バーバリアンとのパワーズ・オブ・ペインも何度か再結成しており、2007年10月19日にサンフランシスコで行われたファンフェスタでは、スリックがマネージャーに付いたカマラ&ワンマン・ギャングを相手に勝利を収めた[12][13]

2012年9月14日には、CHIKARAの6人タッグチーム・トーナメントであるキング・オブ・トリオに、バーバリアン&ミングのフェイシズ・オブ・フィアーと合体したフェイシズ・オブ・ペインThe Faces of Pain)として出場、1回戦でチームROHのマイク・ベネット&ヤング・バックスと対戦した[14]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座:1回(w / キラー・カール・コバック)[15]
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
レッスル・アソシエーション・R
マキシマム・エクストリーム・プロ・レスリング
  • MXPWヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b Where Are They Now? The Warlord”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  2. ^ The NJPW matches fought by The Warlord in 1987”. Wrestlingdata.com. 2015年2月8日閲覧。
  3. ^ Powers of Pain”. Online World of Wrestling. 2015年2月8日閲覧。
  4. ^ a b NWA World 6-Man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  5. ^ NWA Jim Crockett Sr. Memorial Cup 1988 - Tag 2”. Cagematch.net. 2015年11月23日閲覧。
  6. ^ The WWE matches fought by The Warlord in 1988”. Wrestlingdata.com. 2015年2月8日閲覧。
  7. ^ WWF Survivor Series 1989”. pWw - Everything Wrestling. 2010年4月19日閲覧。
  8. ^ The WWE matches fought by The Warlord in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年2月8日閲覧。
  9. ^ The SWS matches fought by The Warlord in 1991”. Wrestlingdata.com. 2015年2月8日閲覧。
  10. ^ a b WAR World 6-Man Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  11. ^ a b Catching up with The Warlord: Part 2”. WWE.com. 2010年4月19日閲覧。
  12. ^ Warlord”. Online World of Wrestling. 2009年9月12日閲覧。
  13. ^ Wrestlefanfest Malice In The Palace”. Cagematch.net. 2015年11月23日閲覧。
  14. ^ CHIKARA King Of Trios 2012 - Tag 1”. Cagematch.net. 2015年11月23日閲覧。
  15. ^ NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]