払腰返

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

払腰返(はらいごしがえし)は、柔道投技の一つである。足技21本の一つ。講道館では1982年(昭和57年)に新たに名称として登録された。名称設定の経緯については小内返#「返」の名称も参照のこと。

概要[編集]

払腰に対する返し技である。お互いに右組の場合、相手(受け)が払腰で攻めてきた時、自分(取り)は重心下げ踏ん張る。その後、重心を右足(攻められている足)に移し、受けの片足になっている軸足(左足)を取りの左足ふくらはぎをあてて真後ろに投げる。形としては小外掛に近い形となる。似た動きの技としては跳腰返内股返があるが、体の捌き方やタイミングなどが異なる。

払腰をやり返した場合は、払腰が記録される。(払腰返は足技だが、このパターンは腰技。しかし、大半は体勢が近い大外刈で返すケースが多い。逆に大外刈払腰で返されるケースがあり、このケースの方が試合でよく見かける。)

尚、「すかし」は内股に限定されており、正式な技として認められているのは内股すかしだけである。(内股すかしの項に参照。)

外部リンク[編集]