横掛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横掛(よこがけ)は、柔道投技横捨身技の15本の1つである。

概要[編集]

足払いで足を払うと同時に自分も横に倒れこんで投げる技。

小外系の技で相手の足を刈るか足を掛けた状態から足を払って連絡するか、足払い系の技から直接連絡すると投げやすい。

その名の通り、足を掛けるのだが、捨身技版足払いのため、支釣込足と同じ様な足の使い方になる。

この技は両者とも肩が付くと試合では効果が分かりづらい場合があるので最後まで手は引き続けるのが肝心である。

かけ方のコツとしては取りの体を1本の棒のようにして思い切りが大切のようだ。

しかし難易度が高いため、試合では滅多に見られない。

そのため、横落同様、珍しい技で、投げ方も似ている事から、逆に覚えている人も少なくない。

相手の足首に自分の足首を掛けて、体を横に開きながら倒れこんで投げると浮技になり、スライディングして、自分の膝に相手の足首に引っ掛けて倒す様に投げると、横落になる。

外部リンク[編集]