横掛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

横掛(よこがけ)は、柔道投げ技横捨身技の一つ。

前(正面)から滑り込み(スライディングして)、相手の足首に足を掛け、そのまま横に倒れこんで投げる技。

浮技との違いは、浮技は、正面から向き合って立った状態から、相手の足首に自分の足首を掛けて、体を横に開きながら倒れこんで投げる。横掛は滑り込むため、相手の足首に自分の膝が掛かり、臀部と伸ばした足を支点にして、自分諸共、横(真横)に相手を直角に倒す様にして投げる。

この技は両者とも肩が付くと試合では効果が分かりづらい場合があるので最後まで右(左)手は引き続けるのが肝心である。かけ方のコツとしては取りの体を1本の棒のようにして思い切りが大切のようだ。しかし難易度が高いため、試合では滅多に見られない。

外部リンク[編集]