川石酒造之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川石 酒造之助(かわいし みきのすけ、1899年8月13日 - 1969年1月30日)は日本柔道家講道館七段。兵庫県飾磨郡手柄村(のちの姫路市)出身。「フランス柔道の父」と称され、国内よりも海外で著名な柔道家である[1]

来歴[編集]

  • 造り酒屋の家の五男として生まれる。兄は灘菊酒造創業者の川石酒造作。旧制姫路中学(のちの兵庫県立姫路西高等学校)から早稲田大学政治経済学部を卒業。東京市役所財務課勤務、兵役を経てアメリカコロンビア大学に留学、その後ロンドンを経由してパリで柔道指導を行う。
  • 1931年:オックスフォード大学小泉軍治らとともに指導にあたる。1935年には、同大学のモリス・オーウェン氏に黒帯を伝授した[2]
  • 1935年:パリで日仏柔道倶楽部を創立する。この後、日本語による技名ではなく外国人への教授法を新たに作り、川石メソッドとして紹介した。
  • 1946年:柔道七段。
  • 1950年:助手として粟津正蔵を迎える。
  • 1951年:「川石方式」を出版。
  • 1951年:安部一郎(のちの十段、講道館参与)が講道館から派遣されてトゥールーズの修道館で指導を始める。
  • 1954年:フランス講道館柔道連盟を創立する。この頃、多数の組織が乱立したため柔道界は分裂の様相を呈していた。
  • 1956年:フランス政府の介入により連盟が一本化される。川石道場は連盟に登録しなかったので次第に公的な場からは離れていき晩年は寂しいものであったが、酒造之助は“フランス柔道の父”としての評価を得ている。

技術体系[編集]

「川石メソッド」(Méthode de Judo Kawaishi)と呼ばれる。パリの道場に迎えられた川石は柔道の技の系統的分類を、従来の講道館五教の技よりも多い147の技数でまとめた。川石は技の分類の上で、技毎に番号をつけ記号化したものを教えることで外国人に教授することに奏功した。ボルドー大学教授ミッシェル・ブルースの研究によると川石メソッドは科学者でありヨーロッパで最初の黒帯取得者と言われているモーシェ・フェルデンクライスの影響を受けていることが言及されている。 柔道の技の分類においても従来の講道館の分類、投技「足技」「腰技」「手技」「真捨身技」「横捨身技」、固技抑込技」「絞技」「関節技」とは異なる分類、投技「足技」「腰技」「肩技」「腕技」「捨身技」、固技「抑込技」「絞技」「腕固」「足固」「首固」を用いている。足関節技や首関節技の採用が続けられている特徴が見られる。内容は以下の通りである[3][4]

足技
1大外刈 2出足払 3膝車 4小外掛 5大内刈 6小内刈 7送足払 8大外車 9大外落 10小外刈 11支釣込足 12払釣込足 13外掛 14小内巻込 15足車
腰技
1浮腰 2首投 3釣腰 4腰車 5払腰 6跳腰 7後腰 8釣込腰 9移腰 10内股 11大腰 12小釣腰 13大車 14山嵐 15帯腰
肩技
1片背負 2背負投 3肩車 4背負落 5左背負 6背負挙
腕技
1体落 2浮落 2'空気投 3肘落 4掬投 5持上落 6隅落 7帯落 8片足取 9両足取
捨身技
1巴投 2横巴 3挙巴 4外巻込 5横掛 6谷落 7隅返 8浮技 9蟹挟 10横落 11跳巻込 12裏投 13横車 14横分 15俵返
抑込技
1袈裟固 2肩固 3上四方固 4崩上四方固 5逆袈裟固 6横四方固 7胸固 7'胸頭固 8縦四方固 9崩袈裟固 10肩抑固 11裏固 12頭固 13裏横四方固 14上三角固 15崩横四方固 16縦三角固 17浮固
絞 技
第1類 1片十字絞 2逆十字絞 3横十字絞 4裏絞 4'裏胴絞 5送襟絞 5'送襟胴絞 5”変大送襟胴絞 6片羽絞 7裸絞 7'裸胴絞 8海老絡 8'海老胴絡 9巴絞 10襟絞 10'裏襟絞 11懸垂絞 12肩絞 13胴絞 14膝絞 15突込絞 16海老絞 17挟絞 18横転絞
第2類 1並十字絞 2片手絞 3袖車 4左足絞 5踵絞 6上四方絞 7上四方足車 8上四方挟 9逆送絞 10返絞 11逆返絞
腕固
第1位置 1腕挫十字固 2腕絡[5] 3腕挫 4横膝固
第2位置 1上腕挫十字固 2横腕挫 3上膝挫
第3位置 1腕挫変化技 2逆十字 3絞挫 4膝固 5膝隅固
第4位置 1腹固 2足固 3腕絡変化技 4横転固
第5位置 1袈裟絡 2崩上四方絡 3逆袈裟絡 4胸絡 5胸逆
第6位置 1逆手首 2肘巻込 3崩肘巻込 4閂固 5腕挫膝固
足固
1片足挫、1'片足挫腹足、1”片足挫返 2両足挫 2'両足挫腹足 2”両足挫返 3足取絡 4膝挫 4'膝挫足 5縦四方膝挫 6足巻込 7蟹絡 8足閂 9膝取絡
首固
1首挫 2抑挫 2'抑胴挫 3縦挫 4逆挫 5巴 6袈裟固挫

また、川石は当時のヨーロッパの不安定な社会情勢も受け、ピストルやナイフ、徒手で攻撃してくる無法者に柔道を活用して反撃する方法や当身や武器術を含む護身術も柔道の指導内容の中に含ませ学ばせている。

脚注[編集]

  1. ^ 川 石 酒 造 之 助 に つ い て
  2. ^ Oxford Judo
  3. ^ 『柔道の国際化《その歴史と課題》』村田直樹 日本武道館 p.193
  4. ^ 『MY METHOD OF JUDO』Mikonosuke KAWAISHI  W.FOULSHAM&CO.LTD.
  5. ^ 『MY METHOD OF JUDO』Mikonosuke KAWAISHI  W.FOULSHAM&CO.LTD. p.180

資料[編集]

  • 「柔道の国際化《その歴史と課題》」 村田直樹 日本武道館
  • 「MY METHOD OF JUDO」 Mikonosuke KAWAISHI  W.FOULSHAM&CO.LTD.
  • 「MY METHOD OF SELF-DEFENCE」 Mikonosuke KAWAISHI  W.FOULSHAM&CO.LTD.
  • 「フランス柔道の創始者・川石酒造之助─科学的手法と日仏の人脈─」白井智子 日本仏学史学会
  • 「同郷の朋、阿部知二と川石身酒造之助─知二が見た1950年代のパリ─」白井智子 姫路獨協大学
  • 「阿部知二とフランス柔道の父・川石酒造之助の交友─パリと姫路をめぐって─」白井智子 阿部知二研究会
  • 「世界にかけた七色の帯」 川石酒造之助伝 吉田郁子 駿河台出版社 ISBN 4-411-00358-9
  • 「川石酒造之助について」 真柄浩(順天堂大学)