鄭勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
韓国の旗 大韓民国
男子 柔道
オリンピック
1992 バルセロナ 71kg級
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 71kg級
1991 バルセロナ 71kg級

鄭 勲(チョン・フン、: 정훈: Chung Hoon1969年4月29日- )は韓国扶安郡出身の柔道選手。階級は71kg級[1]

人物[編集]

1990年のアジア大会準決勝では、古賀稔彦出足払で有効に近いポイントを取られながらも判定勝ちすると(後日、審判員はこの判定を謝罪した)[2]、決勝では北朝鮮の李昌寿縦四方固で破って優勝した。1991年の世界選手権では、3位決定戦でハイトシュ・ベルタランを技ありで破って3位となった。1992年のバルセロナオリンピックでは準決勝でハイトシュに体落で敗れて3位に終わった。1993年の世界選手権では決勝でハイトシュを2-1の判定で破って優勝した。1994年のアジア大会で2連覇を達成すると引退を表明した。引退後は韓国代表チームの監督を務めると、2012年のロンドンオリンピックでは金メダル2つをもたらした。2014年には中国の男子代表監督になった。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは男子90kg級の程訓釗が銅メダルを獲得したことにより、柔道競技で中国男子に初のメダルをもたらすことになった。契約が切れるリオデジャネイロオリンピック後には韓国に戻って大学で指導にあたるという[3]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]