土井雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
グランドスラム
2018 大阪 63㎏級
2019 デュッセルドルフ 63kg級

土井 雅子(どい まさこ、1995年6月9日 - )は、山口県出身の、日本柔道選手である。階級は63kg級。身長167cm。バスト96cm。握力は右32kg、左34kg。血液型はO型。組み手は右組み。得意技は内股寝技[1][2]

経歴[編集]

柔道は兄の影響で3歳の時に萩柔友会で始めた[1][2]。その後、萩柔道スポーツクラブに転籍。実家は旅館の「荻パール」を営んでいて、子供の時はよく手伝いをしていた[2]。小学校5年の時には全国小学生学年別柔道大会40kg超級の予選リーグで千葉県の春山仁美に敗れた。6年生の時には45kg超級の準決勝まで進むが春山に敗れて3位だった[1][2]

萩東中学へ進むと、2年の時には全国中学校柔道大会57kg級の2回戦で敗れた。3年の時には63kg級に階級を上げるが、3回戦で敗れた[1]。寝技に力を入れている阿蘇中央高校に進むと、時には夜中まで練習する猛練習で寝技を徹底的に鍛えられて得意にしていった。とりわけ1年先輩の梅木真美からは、阿蘇名物の阿蘇返し(三角絞)を教わるなど物心両面で大きな影響を受けた。1年の時には全国高校選手権の団体戦で2位になった[1]。2年の時にはインターハイ個人戦で5位だったが、団体戦では梅木などとともに活躍して優勝した[1]。全国高校選手権では個人戦で5位、団体戦で3位となった[1]

2014年に環太平洋大学へ進むと、バルセロナオリンピック71㎏級金メダリストである総監督の古賀稔彦や監督の矢野智彦を指導を受けることになった。なお、極端な上がり症だったが、大学入学後にメンタルトレーニングを積んで緊張感を克服して行った[2]。2年の時には全日本ジュニア学生体重別で3位だったが、アジアジュニアで優勝した[1][3]。3年の時には学生体重別で3位だったが、体重別団体では梅木などとともに活躍して優勝した[1][3][4]。4年の時には主将に選ばれるが、全日本学生優勝大会と体重別団体で2位にとどまった[4][5]。学生体重別では3年連続3位だった[3]。それまでは3年連続初戦敗退だった講道館杯では決勝まで進むと、コマツ田代未来GSに入ってから技ありで破ってシニアの全国大会初優勝を飾った[2][6]グランドスラム・東京では準々決勝でオランダのユール・フランセンに技ありで敗れると、その後の3位決定戦でもオリンピックチャンピオンであるスロベニアのティナ・トルステニャクに反則負けして5位に終わった[7]

2018年からはJR東日本の所属となった[1]実業個人選手権では決勝で自衛隊体育学校太田晴奈を破って優勝した[8]。11月の講道館杯では決勝で帝京科学大学3年の幸田奈々を技ありで破って優勝した[9]グランプリ・ハーグでは3位だった[10]。続くグランドスラム・大阪では準決勝でトルステニャクを崩上四方固で破ると、決勝では三井住友海上鍋倉那美にGSに入ってから反則勝ちしてIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[2][11][12]。2019年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは準決勝でロシアのダリア・ダビドワに敗れるも、3位決定戦で世界ジュニアチャンピオンであるオランダのサンネ・フェルメールを横四方固で破って3位になった[13][14]。4月の体重別では初戦でパーク24山本杏に技ありで敗れた[15]

IJF世界ランキングは1366ポイント獲得で30位(19/4/22現在)[16]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]