山本杏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 杏
基本情報
ラテン文字 Anzu Yamamoto
日本の旗 日本
出生地 日本の旗横浜市
生年月日 (1994-06-18) 1994年6月18日(25歳)
身長 158cm
選手情報
階級 女子57kg級
所属 国士舘大学
段位  弐段
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界団体
2012 サルヴァドール 57kg級
2013 リオデジャネイロ 57kg級
2015 アスタナ 57kg級
グランドスラム
2012 東京 57kg級
2014 パリ 57kg級
2010 東京 52kg級
2013 パリ 57kg級
2017 東京 57kg級
2011 東京 57kg級
2013 東京 57kg級
アジア大会
2014 仁川 57kg級
アジア選手権
2012 タシュケント 57kg級
2016 タシュケント 57kg級
東アジア選手権
2011 香港 57kg級
世界ジュニア
2010 アガディール 52kg級
2011 ケープタウン 57kg級
テンプレートを表示

山本 杏(やまもと あんず、1994年6月18日 - )は、神奈川県横浜市出身の日本の女子柔道選手。身長158cm。握力は右30kg、左33kg。バスト91cm。リーチ161cm。血液型はB型。組み手は左組み。段位は弐段。得意技は小内刈袖釣込腰。階級は57kg級と63kg級。現在はパーク24に所属している[1][2]

経歴[編集]

中学まで[編集]

柔道は4歳の時に父親が指導者を務める朝飛道場で始めた[2]。小学校6年の時には全国小学生学年別柔道大会45kg級に出場すると、予選リーグで岡本理帆に一本勝ちするなどして決勝トーナメントに進むが、5位にとどまった[2]六角橋中学に進むが、全国中学校柔道大会には県予選で勝てず、結局1度も出場できずに終わった。3年の時は関東大会で優勝しながら、県予選では相原中学2年の内尾真子に敗れた[2]。しかしながら、20歳以下の大会である全日本ジュニア52kg級に出場すると、決勝で世界ジュニアチャンピオンである山梨学院大学1年の加賀谷千保に敗れるが2位になった。そのため、シニアの大会である講道館杯に出場する資格を得ると、中学3年の15歳ながら大学生自衛隊員警視庁の選手らを次々と倒し続け、準決勝で西田優香に敗れたものの、3位決定戦で加賀谷を倒して3位入賞という快挙を達成して一躍有名になった。ちなみに、女子中学生が講道館杯で表彰台に上がるのは、1997年倉持亜佐美松田邦恵が48kg級で1, 2位となって以来のことになった[3]

高校時代[編集]

2010年には桐蔭学園高校へ進学した。1年生の時には8月のインターハイ決勝で、小松大谷高校2年の宮川拓美一本背負投で敗れた。9月の全日本ジュニアでも環太平洋大学1年の谷本和に指導2で敗れて2位だったが、谷本とともに世界ジュニア代表に選出された[2]。10月にモロッコで開催された世界ジュニアでは初戦から順調に勝ち上がり、決勝ではブラジルの選手を崩上四方固で破って優勝した[4]。 11月の講道館杯では決勝で金沢学院大学3年の橋本優貴を小内刈の技ありで破って、中村美里以来5年ぶりに高校1年生で優勝を果たした[5]。続くグランドスラム・東京では初戦で世界3位であるロシアのナタリア・クジュティナ背負投で一本勝ち、準々決勝でも昨年の世界選手権2位であるキューバのヤネト・ベルモイ袈裟固で破るなどオール一本勝ちで決勝まで進むも、世界チャンピオンの西田優香に背負投で有効を取られて2位に終わるが、グランドスラム初出場の16歳の健闘にIJFも優勝した西田以上の興味を示した[6]。なお、2011年からは57kg級に階級を上げることとなった[7]

2年生の時には8月のインターハイ57kg級でオール一本勝ちの優勝を飾った[8]。 11月の世界ジュニアでは決勝でオランダのサンネ・フェルハーヘン横四方固で破って、前年の52kg級に続いて2階級制覇を達成した[9]。 12月のグランドスラム・東京では準決勝で佐藤愛子に横四方固で一本負けを喫して3位だったものの、前年に続いて今大会でのメダルを獲得した[2]。 2012年2月にはワールドカップ・ブダペストに出場すると、決勝でドイツのミリアム・ローパーを横四方固で破って優勝を飾った[10]。続いてグランプリ・デュッセルドルフに出場して、初戦で世界ランキング3位であるポルトガルのテルマ・モンテイロに内股で一本勝ちすると、準決勝では2011年の世界選手権で2位となったブラジルのラファエラ・シルバを合技一本で破る活躍を見せるが、決勝では世界ランキング1位であるフォーリーフジャパン松本薫に指導2で敗れたものの、2位となった[11]。 3月には高校選手権の決勝で敬愛高校1年の芳田司を有効で破って優勝を果たした[12]

3年になると、4月のアジア選手権では決勝で台湾の連珍羚を判定で破って優勝を飾った。また、団体戦でも優勝した[13]。5月の体重別では初戦でコマツの大友真貴子に技ありで敗れた。8月のインターハイでは個人戦決勝で帝京高校1年の西尾直子を腕挫十字固で破って2連覇を飾った。10月の世界団体では決勝の中国戦で馬英楠縦四方固で勝利したのを始めオール一本勝ちして、日本チームを優勝に導く原動力となった[14][15]。11月の講道館杯では決勝でコマツ宇高菜絵と対戦して、GSに入ってから出足払で技ありを取って勝利して、2年前の52kg級に続く2階級制覇を成し遂げた[16]。12月のグランドスラム・東京では、初戦と準々決勝は2-1の微妙な内容での判定勝ちだったものの、準決勝ではロンドンオリンピック銅メダリストのオトーヌ・パヴィアを体落で破ると、決勝でも自衛隊体育学校平井希にGSに入ってから指導2で優勢勝ちして、今大会初優勝を飾った[1]。2013年2月には下半身の接触が全面禁止となった新ルールによる最初の大会となったグランドスラム・パリに出場すると、決勝で地元のパヴィアから先に技ありを先取しながら、終盤に逆転の一本負けを喫して2位に終わった[1]。なお、この時点では高校生でありながらシニアでもトップレベルの活躍を示していたことから、2016年のリオデジャネイロオリンピックではロンドンオリンピック金メダリストの松本薫を押しのけて代表になることが有力であるとの想定がなされていた[17]

大学時代[編集]

4月からは国士舘大学に進学することになった[1]。1年の時には5月の体重別で前年に続いて初戦で大友に有効で敗れたものの、国際大会などの実績が考慮されて世界選手権代表に選ばれた[18]。8月の世界選手権では、準々決勝でパヴィアに指導2で敗れると、その後の3位決定戦でもスロベニアのヴロラ・ベデティに指導3で敗れて5位に終わった。一方、団体戦では優勝を飾った[19]。11月のグランドスラム・東京では準決勝で宇高菜絵に敗れて3位にとどまった[20]。 2014年2月のグランドスラム・パリでは準々決勝でシルバを横四方固で破ると、準決勝ではパヴィアに指導1で勝利を収め、決勝では宇高をGSに入ってから指導3で破り優勝を飾った[21]

2年の時には4月の体重別決勝で宇高に大外刈で一本負けを喫して世界選手権代表を逃した[1]。 9月のアジア大会では決勝で地元韓国の金ジャンディ崩袈裟固で破って優勝を果たした[22]。団体戦の決勝では個人戦に続いて金ジャンディと対戦して、縦四方固で一本勝ちしてチームの優勝に貢献した[23][24]。 12月のグランドスラム・東京では準々決勝でモンテイロに技ありで敗れると、その後の3位決定戦でもコマツの芳田司に指導1で敗れて5位にとどまった[1]。 2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出場するが初戦で敗れた[1]

3年の時には4月の体重別で決勝まで進みベネシードの松本と対戦するが、GSに入ってから指導を取られて2位にとどまった。世界選手権代表には選出されなかったが、世界団体のメンバーには選ばれた[25]。 7月のユニバーシアードでは日本選手団の旗手を務めた。個人戦では準決勝でモンゴルのドルジスレン・スミヤに敗れて3位に終わった[26]。団体戦では全勝してチームの優勝に貢献した[27]。8月の世界団体では初戦から全勝してチームの優勝に貢献した[28]。 11月の講道館杯では決勝でコマツの石川慈と対戦すると、有効を先取しながら横四方固で逆転負けして2位に終わった。これによりグランドスラム・東京には出場できず、リオデジャネイロオリンピック代表の対象から外れることになった[29]。続くグランプリ・青島では準決勝でローパーに敗れたが、3位決定戦で三井住友海上玉置桃に足取りの反則勝ちを収めて3位になった[30]

4年の時には4月の体重別初戦で石川に上四方固で敗れた。アジア選手権では準決勝でスミヤに指導1で敗れて3位だった。しかし、団体戦では決勝のモンゴル戦でスミヤを横四方固で破るなどしてチームの優勝に貢献した[31][32]。10月には学生体重別の2回戦で山梨学院大学1年の谷川美歩に指導1で敗れた[33]。11月の講道館杯では2回戦で敗れた。続くグランプリ・青島では前年と同じく3位だった[34]

社会人時代[編集]

2017年4月からはパーク24の所属となった[1]。体重別では初戦で宇高に反則負けを喫した[35]。8月の実業個人選手権では準決勝で玉置に指導2で敗れて3位だった[36]。11月の講道館杯では準決勝で宇高に袈裟固で雪辱すると、決勝では綜合警備保障の渡部優花を袖釣込腰で破って今大会5年ぶり3度目の優勝を飾った。ここのところ低迷していたが、女子柔道部監督の園田隆二による指導や、1年先輩の60kg級世界チャンピオンである高藤直寿などとの稽古が復活のきっかけになったという[37][38]。12月のグランドスラム・東京では決勝まで進んで芳田と対戦するが、GSに入ってから一本背負投の技ありで敗れて2位だった[39]

2018年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは前日計量(57kg以下)にパスしたものの、無作為に選ばれる当日計量で増量の許容範囲内である5%(59.85kg以下)を超えていたために失格となった[40]。このため、規定により強化指定選手を除外された。4月に出場予定だった体重別も辞退することになった[41]。その後階級を63kg級に上げると、8月の実業個人選手権ではJR東日本土井雅子に敗れて5位だった。11月の講道館杯では3回戦で了徳寺学園職員の能智亜衣美送襟絞で破るなどして3位になった[42]。4月の体重別では準決勝で三井住友海上鍋倉那美に反則負けして3位だった[43]

IJF世界ランキングは321ポイント獲得で33位(19/4/22現在)[44]

人物[編集]

  • 階級は57kg級。試合にばかり出場していて昇段試験を受ける時間がなく、2009年まで白帯(三級)であった(昇段試験自体は2009年10月に受けているが、段位を取得できるのは数ヶ月先のため)。黒帯でないと出場が認められない規定上、同年のグランドスラム・東京2009には結果として出場できなかった[2][45]
  • 角刈り頭がトレードマーク。そのため女子トイレに入ろうとすると何度も呼び止められたことがあるという。しかし、高校2年になって周囲から「女性らしくしろ」と言われたことで、髪を伸ばしてイメージチェンジを図ることとなった[46]

戦績[編集]

52kg級

57kg級

63kg級

  • 2018年8月 - 実業個人選手権 5位
  • 2018年11月 - 講道館杯 3位
  • 2019年4月 - 体重別 2位

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「柔道全日本強化選手名鑑 2019」近代柔道 ベースボールマガジン社、2019年4月号
  2. ^ a b c d e f g h 「解体新書 山本杏」近代柔道 ベースボールマガジン社、2012年4月号、24-27頁
  3. ^ 中3女子白帯の山本杏が堂々3位/柔道 日刊スポーツ 2009年11月15日
  4. ^ 【柔道】清水、山本が優勝 世界ジュニア MSN産経ニュース 2010年10月23日
  5. ^ 16歳に高まる期待=山本、足技武器に52キロ制す-講道館杯柔道 時事通信 2010年11月21日
  6. ^ Judo Grand Slam, TOKYO 2010 - New Kid on the Block Signals her Arrival with Silver in Tokyo IJF 2010年12月11日
  7. ^ 頼もしい16歳山本=グランドスラム柔道 時事通信 2010年12月11日
  8. ^ 57kg級山本杏、盟友田代未来に捧げるオール「一本」V 柔道サイト eJudo 2011年8月22日
  9. ^ 男女4階級で優勝=世界ジュニア柔道 時事通信 2011年11月5日
  10. ^ 橋本、山本が優勝=柔道女子W杯 時事通信 2012年2月12日
  11. ^ 山本杏は敗戦も「わくわくできた」 日刊スポーツ 2012年2月19日
  12. ^ 山本、寝技に新境地=柔道高校選手権 時事通信 2012年3月19日
  13. ^ 西田、山本が優勝=柔道アジア選手権
  14. ^ 日本女子が優勝=世界団体柔道 時事通信 2012年10月28日
  15. ^ 山本、全試合一本勝ち「楽しもうと思った」/柔道 サンケイスポーツ 2012年10月28日
  16. ^ 山本、2階級制覇も「まだ甘い」/柔道 サンケイスポーツ 2012年11月11日
  17. ^ 「次世代を担う新鋭たち」近代柔道 ベースボールマガジン社、2013年2月号 13頁
  18. ^ 世界柔道代表18人を発表…過去の内容を重視で 読売新聞 2013年5月12日
  19. ^ 山本杏はメダル逃す/柔道 日刊スポーツ 2013年8月29日
  20. ^ 高藤2連覇!近藤ら日本勢が全5階級制覇/柔道 サンケイスポーツ 2013年11月29日
  21. ^ 女子57キロ、山本杏V…柔道グランドスラム 読売新聞 2014年2月9日
  22. ^ 秋本2連覇、山本も金=アジア大会・柔道 時事通信 2014年9月21日
  23. ^ 流れ変えた山本の一本=日本、敵地で圧勝-アジア大会・柔道女子 時事通信 2014年9月23日
  24. ^ 柔道・団体 女子「金」 闘志前面 MSN産経ニュース 2014年9月24日
  25. ^ 田知本愛10回目で初優勝、世界選手権の代表決めた 日刊スポーツ 2015年4月19日
  26. ^ ユニバ旗手の山本杏、延長で敗れ銅に終わる/柔道 サンケイスポーツ 2015年7月6日
  27. ^ 日本、柔道団体は男女とも金 光州ユニバ 日本経済新聞 2015年7月8日
  28. ^ 日本、団体で男女アベック優勝 柔道世界選手権 日本経済新聞 2015年8月30日
  29. ^ 平成27年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会[リンク切れ] 全日本柔道連盟 2015年11月8日
  30. ^ 渡名喜、西田が優勝/柔道 サンケイスポーツ 2015年11月20日
  31. ^ 橋本、志々目が優勝=柔道アジア選手権 時事通信 2016年4月16日
  32. ^ 日本女子、団体戦制す=柔道アジア選手権 時事通信 2016年4月17日
  33. ^ 平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会
  34. ^ 田川、山本が3位=柔道グランプリ 時事通信 2016年11月18日
  35. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  36. ^ 全日本実業柔道個人選手権大会結果
  37. ^ 小川、男子100キロ超級制す=女子52キロ級は高校生阿部-講道館杯柔道 時事通信 2017年11月12日
  38. ^ 山本杏5大会ぶりV2、高藤と稽古で世界レベル体感 - 柔道 日刊スポーツ 2017年11月13日
  39. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  40. ^ 柔道金野強化委、山本杏の計量失格「反省しないと」 - 柔道 日刊スポーツ 2018年2月27日
  41. ^ 羽賀、左肩脱臼で欠場=選抜体重別柔道 時事通信 2018年3月5日
  42. ^ 平成30年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  43. ^ 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  44. ^ World ranking list
  45. ^ 白帯中学生3位!山本杏 Jr女王破り表彰台 日刊スポーツ 2012年3月19日
  46. ^ 角刈りやめた!杏イメチェンV 日刊スポーツ 2012年3月19日

外部リンク[編集]