中村佳央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 86kg級
1997 パリ 95kg級
アジア大会
1994 広島 86kg級
1998 バンコク 90kg級
アジア柔道選手権
1991 大阪 86kg級

中村 佳央(なかむら よしお、1970年10月22日 - )は、日本柔道家。身長182cm。弟兼三と共に寝技師として知られる。得意技は、寝技。中でも、腕挫十字固を得意としている。また、立ち技では内股大内刈払腰を得意にしていた。行成兼三とともに中村三兄弟と呼ばれた。

来歴[編集]

福岡県福岡市出身。小学校3年の時に柔道を始める[1]東海大学卒業後、旭化成に入社、1993年、世界選手権で優勝。1996年、階級を86kg級から95kg級に変更し、全日本体重別で優勝。アトランタオリンピック代表。

2001年より旭化成柔道部監督、2005年全日本特別コーチを務める。

戦歴[編集]

  • 1985年:全国中学校大会中量級 2位
  • 1987年:インターハイ軽重量級 2位
  • 1988年:インターハイ軽重量級 優勝
  • 1988年:全国高校選手権団体戦 優勝
  • 1988年:全日本新人体重別選手権 優勝
  • 1988年:インターハイ団体戦 優勝
  • 1988年:国際高校選手権団体戦 優勝
  • 1989年:全日本学生柔道優勝大会 優勝
  • 1990年:世界ジュニア選手権 3位
  • 1990年:東京都柔道選手権大会 優勝
  • 1990年:全日本学生柔道優勝大会 優勝
  • 1991年:全日本学生体重別選手権 優勝
  • 1991年:アジア選手権 優勝
  • 1992年:ドイツ国際柔道大会 優勝
  • 1992年:全日本学生体重別選手権 優勝(2連覇)
  • 1992年:全日本学生選手権(無差別)優勝
  • 1993年:講道館杯日本体重別選手権大会 優勝
  • 1993年:全日本選抜柔道体重別選手権大会 優勝
  • 1993年:フランス国際柔道大会 2位
  • 1993年:カナダ・ハミルトン世界柔道選手権大会 優勝
  • 1993年:全日本実業柔道団体対抗大会 優勝
  • 1994年:全日本選抜柔道体重別選手権大会 優勝
  • 1994年:東京都柔道選手権大会 優勝
  • 1994年:講道館杯日本体重別選手権大会 優勝
  • 1994年:広島アジア競技大会 優勝
  • 1994年:嘉納治五郎杯国際柔道大会 準優勝
  • 1995年:フランス国際柔道大会 3位
  • 1995年:オーストリア国際柔道大会 優勝
  • 1995年:全日本選抜柔道体重別選手権大会 準優勝
  • 1995年:韓国国際柔道大会 優勝
  • 1995年:全日本柔道選手権大会 3位
  • 1995年:講道館杯日本体重別選手権大会 優勝(3連覇)
  • 1996年:全日本選抜柔道体重別選手権大会 優勝
  • 1996年:フランス国際柔道大会 3位
  • 1996年:嘉納治五郎杯国際柔道大会 優勝
  • 1996年:アトランタオリンピック出場
  • 1997年パリ世界柔道選手権大会 3位
  • 1997年:全日本実業柔道団体対抗大会 優勝
  • 1997年:全日本選抜柔道団体選手権大会 優勝
  • 1998年:全日本柔道選手権大会 3位
  • 1998年:フランス国際柔道大会 優勝
  • 1998年:バンコクアジア競技大会 準優勝
  • 1998年:全日本実業柔道団体対抗大会 優勝
  • 1998年:ワールドカップ柔道国別団体選手権 優勝

脚注[編集]

  1. ^ 「CLOSE-UP 中村3兄弟」近代柔道 ベースボールマガジン社、1993年5月号、28-31頁

外部リンク[編集]