中村義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 義雄(なかむら よしお、1925年〈大正14年〉7月15日 - 1993年〈平成5年〉3月21日)は、日本国文学者中古文学専攻し、『源氏物語絵巻』などの「絵詞文学」を専門とする。

人物[編集]

1983年(昭和58年)『絵巻物詞書の研究』により角川源義賞受賞。同書により文学博士(筑波大学)。日本画家の服部有恒に師事し、池田亀鑑『全講枕草子』(至文堂)、『日本国語大辞典』『古語大辞典』『日本古典文学全集』以上(小学館)、萩谷朴の校注書等の古典考証挿絵を手掛ける。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『王朝の風俗と文学』 塙書房、1962年
  • 『魔よけとまじない-古典文学の周辺』 塙書房、1978年(塙新書)
  • 『絵巻物詞書の研究』 角川書店、1982年

校注[編集]

関連人物[編集]