坂口仁美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界ジュニア
2014 フォートローダーデール 44kg級

坂口 仁美(さかぐち ひとみ、1994年1月8日 - )は、長野県東御市出身の、日本人女子柔道選手である。階級は44kg級。身長145cm。血液型O型。段位は弐段。組み手は右組み。得意技は背負投寝技[1][2]

経歴[編集]

柔道は6歳の時に東御市東部柔道教室で始めた[1]

東部中学から小諸商業高校に進むと、2年の時にインターハイ48kg級に出場するが初戦で敗れた[1]

2012年には国際武道大学へ進むと、全日本ジュニアに新設された44kg級に出場して優勝を飾った[1]。2年の全日本ジュニアでは3位だったが、アジアジュニアでは優勝を果たした[1]。3年の全日本ジュニアでも3位だったものの、世界ジュニア代表に選ばれた[1]。世界ジュニアでは5試合全てを得意の寝技で一本勝ちして優勝を飾った[3][4]

2016年に大学を卒業後は、ヤックスケアサービスの所属となった[5]。2017年のヨーロッパカップ・ツェリェ48kg級で優勝するも、2018年の大会では決勝でウクライナのダリア・ビロディドに技ありで敗れて2位だった[6]

主な戦績[編集]

44㎏級での戦績

48㎏級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]