ニコライ・オジョギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
男子 柔道
世界柔道選手権
1995 幕張 60kg級

ニコライ・オジェギン(Nickolay Ozhegin 1971年5月4日- )は旧ソ連チュメニ出身の柔道選手。階級は60kg級。身長160cm[1]

人物[編集]

1990年の世界ジュニア選手権60kg級ではソ連代表で出場して優勝を飾った。1995年の世界選手権では準決勝で前大会チャンピオンの園田隆二から肩車で有効を取って破ると、決勝でもゲオルギ・ワザガシビリを判定で下して優勝を果たした。しかし、翌年のアトランタオリンピックでは3回戦で野村忠宏と対戦して、先に袖釣込腰と肩車で有効2つを取るものの、終了20秒ほど前に袖釣込腰で技ありを取られて逆転負けを喫した。その後の3位決定戦でも敗れて5位にとどまりメダルを獲得できずに終わった。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]