高橋瑠璃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界ジュニア
2019 マラケシュ 78kg超級
世界ジュニア団体戦
2019 マラケシュ 70㎏超級

高橋 瑠璃(たかはし るり、2000年7月13日 - )は、宮崎県出身の、日本柔道選手である。階級は78kg超級。身長165cm。体重105Kg。血液型はB型。組み手は左組み。得意技は大外刈[1]。父親は100kg超級で活躍していた高橋宏明[2]

経歴[編集]

柔道は3歳の時に父親の影響で始めた[1]講道館の春日柔道クラブに所属していた小学校5年の時に、全国小学生学年別柔道大会の40kg超級準決勝でバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦の娘である神奈川県代表の古賀ひよりに横四方固で敗れて3位だった。6年の時には45kg超級に出場するが3回戦で敗れた。全国少年柔道大会の団体戦では準決勝のつくばユナイテッド戦で個人戦で優勝した村尾三四郎と引き分けるなどして優勝した[1]帝京中学へ進むと、1年の時には全国中学校柔道大会の団体戦で3位になった[1]。2年の時には全国中学校柔道大会の個人戦70kg超級で3位となった[1]。3年の時には全国中学校柔道大会の個人戦で準決勝までオール一本勝ちするも、決勝で世界カデチャンピオンである田主丸中学3年の素根輝に指導2で敗れた。団体戦では決勝の田主丸中学戦で古賀早也香を横四方固で破るも、1年後輩の藤城心などが敗れたことで2位にとどまった。続くマルちゃん杯でも準決勝の田主丸中学戦で古賀早也香を判定で破るも、藤城などが敗れたことで3位だった[1]帝京高校へ進むと、1年の時にはドイツカデ国際で優勝するも、インターハイの78kg超級では初戦で敗れた[1]全国高校選手権では個人戦無差別と団体戦でともに5位だった[1]。2年の時には全日本カデの準決勝で夙川学院高校2年の吉峰芙母絵に指導2で敗れて3位だった[1]。インターハイの個人戦では準々決勝で南筑高校2年の素根輝に反則負けして5位だった[1]。団体戦では決勝で桐蔭学園高校と対戦すると、代表戦で70kg級の朝飛七海にGSに入ってから技ありを取られて2位に終わった[1]全日本ジュニアでは準決勝で三井住友海上児玉ひかるに反則負けして3位だった[3]。全国高校選手権では決勝で藤枝順心高校1年の米川明穂を横四方固で破って優勝した。団体戦では決勝の夙川学院高校戦で吉峰と引き分けるが、他の選手が敗れたために2位にとどまった[1]。3年の時にはロシアジュニア国際でオール一本勝ちして優勝した[1]。インターハイの団体戦は3回戦で敗れるも、個人戦では決勝で米川を技ありで破って優勝した[4]。全日本ジュニアでは3位だった[3]。2019年には山梨学院大学へ進学すると、1年の時には優勝大会で2位だったが、全日本ジュニアで優勝した[3]学生体重別では決勝で東海大学1年の児玉ひかるに敗れて2位だった[5]世界ジュニアでは準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝では韓国のキム・ハユンに技ありを先取されるも攻め返すと、終了間際に逆転の反則勝ちを収めて優勝した[6][7]。団体戦では準決勝のフランス戦、決勝のロシア戦でともに一本勝ちしてチームの優勝に貢献した[8]。2年の時には10月の講道館杯準々決勝で綜合警備保障秋場麻優に技ありで敗れるも3位になった[9]。12月には全日本選手権に出場するも、3回戦で78㎏級の選手である綜合警備保障梅木真美に反則負けを喫した[10]。3年の時には体重別決勝でコマツ冨田若春に反則負けして2位だった[11]

IJF世界ランキングは700ポイント獲得で43位(20/5/11現在)[12]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 高橋瑠璃 - JudoInside.com のプロフィール(英語)