川田歩実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界ジュニア
2019 マラケシュ 52kg級
世界ジュニア団体戦
2019 マラケシュ 57㎏級

川田 歩実(かわだ あゆみ、2003年2月25日 - )は、埼玉県草加市出身の、日本柔道選手。階級は52kg級。身長159cm。バスト97cm。血液型はA型。組み手は右組み。握力は左右40kg。得意技は背負投[1][2][3][4]

経歴[編集]

父親が柔道整復師だったこともあって、柔道は4歳の時に兄2人と姉に続いて草加市柔道会で始めた[1][2][5]修徳中学3年の時に監督の松本まゆみに「もっと冷酷になれ」とアドバイスされたことがきっかけで、遠慮がちでマイナス思考だった性格も変化し始めた[2]修徳高校に入学すると、小学生の時から鍛え上げてきた「誰にも真似できない」と評される大の得意技である背負投を武器に結果を残すようになった[2]。1年の時には全国高校選手権52kg級準決勝で富士学苑高校2年の藤城心に後袈裟固で敗れるも3位となった[6]。2年の時にはインターハイ52kg級の準決勝で藤城を技ありで破るなどして優勝した[7]全日本ジュニアでも決勝で藤城を背負投で破って優勝した[8]世界ジュニアでは準決勝で台湾の許琳宣に隅落で敗れて3位だった[9]。団体戦は57㎏級の袴田佳名瑚がケガのため代わりに出場すると、準々決勝の韓国戦で個人戦3位の金知秀小外刈で破るも、準決勝のフランス戦では巴投げで敗れたが、決勝のロシア戦では合技で一本勝ちしてチームの優勝を決定付けた[10]

IJF世界ランキングは350ポイント獲得で81位(20/3/16現在)[11]

戦績[編集]

(出典[6][7]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]