ジェリー・リン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェリー・リン
ジェリー・リンの画像
プロフィール
リングネーム

ダイナミック・リン

ジェリー・リン
ゴーゲダ・クロス
ジェリー・ザ・ラム
Mr.J.L.
スルタン・ガラーゴラ
本名 ジェレミー・リン
ニックネーム ダイナミック
ニュー・ファッキン・ショー
身長 180cm
体重 96kg
誕生日 1963年6月12日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ミネアポリス
トレーナー フランシスコ・バルカ
ブラッド・レイガンズ
エディ・シャーキー
デビュー 1988年3月23日
引退 2013年3月23日
テンプレートを表示

ジェリー・リンJerry Lynn1963年6月12日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー。本名はジェレミー・リンJeremy Lynn)といい、WCWECWWWFWWETNAでの活動を経て、インディーでの活動を中心にしていたが、引退している。

来歴[編集]

キャリア初期、WCW(1988-1997)[編集]

リンは1988年からミネソタ州ミシガン州の様々なインディー団体で活動するようになり、プロレスリング・アメリカPro Wrestling America / PWA)やテネシー州に拠点を置くスモキー・マウンテン・レスリングSmoky Mountain Wrestling)に参戦していた。PWAが閉鎖されるとテキサス州ダラスに拠点を置くグローバル・レスリング・フェデレーションGlobal Wrestling Federation)に参戦するようになり、GWFライトヘビー級王座を獲得したり、2年間ライトニング・キッドと抗争をしたりしている。

90年にユニバーサルプロレスに初来日

1993年12月10日にみちのくプロレスに、1試合のみの出場でサブゥーと対戦[1]

1995年8月にもゴルゴダ・クロスというマスクマンとして、みちのくプロレスに来日[2]覆面ワールドリーグ戦にするも、最下位となりマスクを脱いだ。

1995年にはWCWにマスクマンのMr.J.L.として登場し知られるようになり、ハイフライヤーとしてWCWのクルーザー戦線へと参戦している。クルーザー戦線ではメキシコこのルチャ・ドーラーズと対戦したり世界各国のレスラー、クリス・ベノワディーン・マレンコエディ・ゲレロサブゥークリス・ジェリコアレックス・ライトと対戦している。12月にナイトロの放映される予定だったディーン・マレンコとの試合で腕を負傷している。サタデー・ナイトにも出演するようになり、特にレックス・ルガーと対戦している。1997年のClash of the Champions XXXVでコナンラ・パルカと組んでクリス・ジェリコ、スペル・カロチャボ・ゲレロ・ジュニアと対戦している最中に負傷、負傷が原因でエリック・ビショフに解雇されている。

5月には新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにエントリー[3]

ECW、WWF/E(1997-2002)[編集]

WCW解雇後はECWに参加し、ジャスティン・クレディブルと抗争を開始しており、Heatwave '98でクレディブルに負けて抗争は終了している。クレディブルの抗争が終了するとランス・ストームマイキー・ホワイウェレックとの抗争を開始するがすぐにホワイウェレックがWCWへ移籍したために抗争は終了している。ストームとの抗争が終るとLiving Dangerously 1999でECW世界テレビジョン王座保持者のRVDと対戦し、ファイブスター・フロッグ・スプラッシュでピンフォール負けしている。それからはRVDのニックネームの"The Whole F'N Show"を真似した"The New F'N Show"を名乗るようになり、ECW世界テレビジョン王座に狙いを定めるようになる。何度もRVDの持つテレビジョン王座に挑戦する機会を与えられるが獲得には至らず、リンも足首を負傷して離脱してしまう。5月に復帰するとHardcore Heaven 1999で再びRVDのタイトルへ挑戦する機会が与えられえるが獲得できずにいた。

2000年10月のAnarchy Rulzでジャスティン・クレディブルのもつECW世界ヘビー級王座に挑戦し獲得している。スティーブ・コリノを相手に1度は防衛するが翌月のリマッチでスティーブ・コリノにタイトルを奪われている。2001年1月のECW最後となったPPVではタッグ・マッチ後にメインでRVDと対戦しているがヴァン・ターミネーターで敗れている。2001年4月にECWが破産を迎えるとWWFに雇われている。4月後半のサンデー・ヒート・ナイトでクラッシュ・ホーリーの持つWWFライトヘビー級王座を挑戦するという破格の待遇でデビュー、獲得にまで至っている。6月にジェフ・ハーディーにタイトルを奪われるとRVDとの抗争を開始し、リリースされる2002年2月まで抗争を続けていた。その後短い間ワールド・レスリング・オールスターズWorld Wrestling All-Stars)に参戦しクルーザー級王座を獲得している。

TNA(2002-2007)[編集]

WWEから解雇されたまもない2002年6月にTNAと契約、6人タッグに参加している。契約後にはTNA Xディヴィジョン王座を2回獲得、A.J.スタイルズアメイジング・レッドとタッグを変えてNWA世界タッグチーム王座を獲得している。

2003年12月にはプロレスリングZERO-ONEに来日、NWA軍としてZERO-ONE常連のスティーブ・コリノとタッグを組んだ[4]

その後はA.J.スタイルズやドン・キャリス、Xディヴィジョン戦線のレスラーと抗争を開始するが2004年2月にフベントゥ・ゲレーラとの試合中にジュビ・ドライバーを食らった際に肩、特に回旋筋腱板を重度に負傷したためロード・エージェントに転向、マッチ・マイカーや若手のコーチを担当していた。2005年6月のシェーン・ダグラス主宰のECWレスラーを中心に行われたHardcore Homecoming An Extreme Reunionで復帰、ジャスティン・クレディブルと対戦している。7月のTNAのPPVであるNo Surrenderのスタイルズとショーン・ウォルトマンのレフェリーとして登場、8月のSacrificeではショーン・ウォウトマンと対戦している。PPVの翌週に肩の怪我を再発し、離脱している。(これはストーリーライン上、ウォルトマンとリンの抗争を再発するためのアングルといわれている。)

2006年1月になるとロード・エージェントとしてテレビに映るようになり、PPVのFinal Resolutionでは第1試合を観戦していた。2006年の残りはちょくちょくテレビに映るようになり、デトロイトで初めて行われたハウス・ショーではボビー・ルードと対戦している。2007年に入るとリンはレギュラーメンバーとしてリングに戻り、Final ResolutionではXディヴィジョン王座保持者のクリストファー・ダニエルズクリス・セイビンの試合に加わっているがセイビンにピンフォールを奪われている。PPV後はXディヴィジョン王座をめぐってセイビンと抗争を開始し、王座へ挑戦するためにラダー・マッチ形式のナンバー・ワン・コンテンダーに参加して勝利、3月のDestination Xでタイトルを賭け3本勝負に挑むも2-1で敗北している。試合後に謎のマスクマンに襲われ、セイビンは旋回してからの開脚式ダブルアーム・フェイスバスター、リンはタイトルのベルトで殴打されてしまい、4月のLockdownではマスクマンの正体とケージ・マッチで対戦するが負けている。5月のSacrificeではアレックス・シェリーセンシ、4代目タイガーマスクの4wayマッチに参加している。6月の Slammiversaryでは元NFL選手のフランク・ワイチェックと組みジェームス・ストームロン・キリングスと対戦、7月のVictory Roadでは元WWFヘビー級王座ボブ・バックランドと組みモーター・シティ・マシンガンズと対戦している。試合はMCMGのコーナーについていたケビン・ナッシュにノック・アウトされ、セイビンからフォール負けしている。8月にTNAにリリースを要求、リリースされている。

インディー(2007-2008)[編集]

2007年6月にテキサス州オースティンに拠点を置くアナキー・チャンピオンシップ・レスリングAnarchy Championship Wrestling)に、ACWのリングではスコット・サマーズを破りACWヘビー級王座を獲得し、2008年1月まで防衛し続けている。2007年11月にはイースト・コースト・レスリング・アソシエーションEast Coast Wrestling Association)のスーパー・エイト・トーナメントに出場し、決勝でサンジェイ・ダットを破り優勝している。その後もACWでは活動を続け、11月にはスコット・サマーズとACWタッグチーム王座を獲得し、2010年1月まで防衛し続けている。2011年8月にACWへ復帰、2012年から活動を再開するがすぐに年度末に引退をすると宣言、引退ツアーのゴッファーザー・オブ・アナキーGodfather of Anarchy)を行っている。

2008年1月にアマリロのインディー団体、ウェスト・テキサス・レスリング・アソシエーションWest-Texas Wrestling Association)の2周年記念でカオス"ザ・ロック・スーパースター"と対戦するはずだったが怪我の影響で負傷したためローカル・スターのマーク・ウィルソンと対戦している。リンはWWAへ復帰するとアメリオのローカル・レスラーやジャスティン・クレディブルレイヴェンとも対戦している。2月には別団体でショーン・シュルツからUWAヘビー級王座を獲得している。3月にプロレスリング・シンジゲートPro Wrestling Syndicate)のニューヨークで行われたマジェスティック・トゥエブル・トーナメントにケニー・オメガと組んで出場しているが所詮でトニー・スエードとケビン・マシューズに敗れている。4月にはインディー・レスリング・カルテルInternational Wrestling Cartel)で行われたSuper Indy VII Tournamentに出場してジェイソン・ゴリー、シーマ・アイオンデイビー・リチャーズを破り優勝、同時にIWCスーパー・インディー王座を授与されるはずだったが拒否し、次の興行でチャンピオンのラリー・スウィーニーに挑戦すると宣言した。5月の興行でスウィーニーを破りタイトルを獲得したが9月にジョニー・ガルガノにタイトルを奪われている。

ROH、2度目のTNA(2008-2011)[編集]

リンはフルタイム・ロスターのメンバーになろうと何度もROHに訪れ、時には当時にROH世界王座の保持者であるナイジェル・マッギネスとも対戦している。リンはROHの姉妹団体でもあるフル・インパクト・プロFull Impact Pro)に参戦し、オースチン・エイリースロデリック・ストロングの3wayマッチやエイリースとのシングルマッチをしている。9月のPPVではクリス・ヒーローと対戦し、翌日のECWアリーナで行われたGlory By Honor VIIではケニー・キングと対戦して勝利している。PPV後にROHからフルタイム・ロスターとして認められた。まもなくしてROHのテレビショーにも参加するようになり、デリリアスに勝利している。09年4月のSupercard of Honor IVでマッギネスの持つROH世界ヘビー級王座に挑戦、勝利して初めてROHのタイトルを獲得している。6月のManhattan Mayhem IIIのメインでROH王座を賭けてタイラー・ブラックオースチン・エイリースと対戦するもエイリースにタイトルを奪われてしまっている。それからはデリリスとタッグを組みエイリース、ケニー・キング、レット・タイタスと抗争をしていた。

2010年8月上旬にTNAに復帰、PPVのHardcore Justiceのメインにも現れている。2011年6月に再び復帰、7月のPPVであるDestination XでRVDと対戦すると宣言。7月7日にAJスタイルズクリストファー・ダニエルズRVDの4wayマッチに参加するがRVDからピンオールを奪われている。PPVではRVDとシングルマッチをするが負けている。8月のHardcore JusticeのクリムゾンRVDの試合に乱入している。9月に一時的にRVDと行動するが裏切り、ヒール・ターンする。10月のBound for Gloryでフル・メタル・メイヘムでRVDと対戦し再び負けている。

引退へ(2012-2013)[編集]

2012年3月に年度末に引退すると宣言。2012年9月にチカラに参戦、2・コールド・スコーピオトミー・ドリーマーとのタッグ、エクストリーム・トリオThe Extreme Trio)で出場するが1-2-3キッド、アルド・モントーヤ、タタンカチーム・WWFに勝利するがマイク・ベネットマット・ジャクソンニック・シャクソンのチーム・ROHに敗れている。11月にはテキサス州ベッドフォードに拠点を置くMPXで4wayマッチに勝ちMPX王座を獲得しているが引退を考えてすぐに返上、その後キャリア初期を過ごしたダラス・フォート・ウォースエリアに行っている。12月にROHのPPVであるFinal Battleにスポット参戦し、ROHでの引退試合をマイク・ベネックを相手に試合をしている。2013年2月にプロレスリング・シンジゲートで行われたThank You, Jerryのメイン・イベントでランス・ストームに勝っている。2013年1月に引退ツアーの一環としてTNAにスポット参戦、One Night Only: X-Travaganza specialでRVDとの最後の試合をしている。

2013年3月23日に引退試合とデビュー25周年を兼ねた興行をデイブ・サビックとヘビー・オン・レスリングHeavy On Wrestling)の協力の元開催し、ホレス・ザ・サイコパスJBトラスクショーン・ウォルトマンの4wayマッチに出場し、キャリア最後の試合を勝利で終らしている。試合後にロッカールームにいた選手がリンの勝利とキャリアを祝うために現れ、彼にトロフィーをプレゼントしている。

得意技[編集]

クレイブル・パイルドライバー
WWF時代を除いてのキャリア通してのフィニッシャー。相手の股下を両手でクラッチするパイルドライバー、ゴッチ式パイルドライバーと同型。
トルネードDDT
WWFに所属していた頃のフィニッシャー。
TKO
ファイヤーマンズキャリーからのダイヤモンド・カッター

獲得タイトル[編集]

AAW(All American Wrestling)
  • AAWヘビー級王座 :1回
ACW(Anarchy Championship Wrestling)
  • ACW-IWAテキサス・ヘビー級王座 :8回
  • ACW-IWAテキサス・タッグチーム王座 :19回(w/スコット・サマーズ
CWA(Continental Wrestling Association)
  • CWAヘビー級王座 :6回
Extreme Championship Wrestling
  • ECW世界ヘビー級王座 :1回
GCW(Gateway Championship Wrestling)
  • GCWヘビー級王座 :5回
GWF(Global Wrestling Federation)
  • GWFライト・ヘビー級王座 :1回
HWA(Hardcore Wrestling Association)
  • HWA世界ヘビー級王座 :4回
  • HWA王座 :2回
IWA East Coast(Independent Wrestling Association East Coast)
  • IWA East Coastヘビー級王座 :5回
IWA Mid-South(Independent Wrestling Association Mid-South)
  • IWA Mid-Southヘビー級王座 :1回
IWC(International Wrestling Cartel)
  • IWCスーパー・インディ王座 :5回
MPX(Metroplex Wrestling)
  • MPX王座 :1回
NEPW(New Era Pro Wrestling)
  • NEPWトリプル・クラウン王座 :1回
NWS(New Wrestling Society)
  • NWS世界王座 :3回
NYWC(New York Wrestling Connection)
  • NYWCヘビー級王座 :1回
  • NYWC Interstate Championship :1回
PH&W(Primos Hardcore & Wrestling)
  • PH&Wタッグチーム王座 :1回(w/グリーミー・ジャム)
PWA(Pro Wrestling America)
Ring of Honor
  • ROH世界王座 :1回
SAW(Showtime Allstar Wrestling)
  • SAWインターナショナル王座 :1回
SPW(Suncoast Pro Wrestling)
Total Nonstop Action Wrestling
UWA(United Wrestling Association)
  • UWAヘビー級王座 :1回
USWO(United States Wrestling Organization)
  • USWOテレビジョン王座 :1回
WWA(West-Texas Wrestling Association / Amarillo Elite Wrestling)
  • WWA王座 :1回 最後の王者となった
  • AEWマスキュラー王座 :1回
  • AEWプレミア世界王座 :1回、最後の王者となった
WWA(World Wrestling All-Stars)
  • WWAインターナショナル・クルーザー級王座 :1回
WWF(World Wrestling Federation)
  • WWFライト・ヘビー級王座 :1回

脚注[編集]

  1. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年7月28日閲覧。
  2. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年7月28日閲覧。
  3. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年7月28日閲覧。
  4. ^ Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年7月28日閲覧。