ロバート・ストラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビー・E
ロビー・Eの画像
プロフィール
リングネーム ロビー・E
ロビー・マカシィ
ロブ・エコス
本名 ロバート・ストラウス
ニックネーム ユーアー・アンビーリブル
プラチナ・パパ
身長 180cm
体重 91kg
誕生日 (1983-10-01) 1983年10月1日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州エリザベス
トレーナー ケビン・ナイト
IWFスタッフ
デビュー 2000年
テンプレートを表示

ロビー・ERobbie E)のリングネームで知られるロバート・ストラウスRobert Strauss1983年10月1日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ニュージャージー州エリザベス出身。現在はTNAに所属している。キャリア初期は北東部と大西洋中部のインディー団体にてロブ・エコスRob Eckos)というリングネームで活動していた。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

ロバートは4歳の頃からプロレスを見始め、アルティメット・ウォリアースティングショーン・マイケルズのファンだった。そしてニュージャージー州ウッドブリッジでアイアン・マイク・シャープが主催したローカル団体のライブイベントを見たとき、プロレスに興味を持ち、プロレスラーを目指すようになった。

16歳になるとニュージャージー州ウッドランドパークにあるケビン・ナイトの下で、2000年の1月にロブ・エコスRob Eckos)としてチャド・ワーウイックとデビュー戦をするまでの4ヶ月間定期的な練習と訓練をしていた。

ニュージャージー州ウッドランドパークに拠点を置くインディー団体であるインディペンデント・レスリング・フェデレーションIndependent Wrestling Federation)でエコスはプロレスラーとして初期のキャリアを2002年まで過ごした。

IWF離脱後の02年以降、TNAと契約するまではプロペイン・プロレスリングPro-Pain Pro Wrestling / 3PW)、カオスレスリングChaotic Wrestling)、イースト・コースト・レスリングアソシエーションEast Coast Wrestling Association)、ハードウェイ・レスリングHardway Wrestling)、ジャージー・オール・プロレスリングJersey All Pro Wrestling)といった数多くのインディー団体に参戦し、多くのタイトルを獲得している。

TNA[編集]

2010年7月27日にTNAのダーク・マッチに出場し、ボビー・フィッシュと対戦し負けてしまうが、8月5日にTNAが契約を結んだ事を発表した。リングネームをロビー・ERobbie E)と改名し、8月10日のTNA Impact!のダーク・マッチにてマネージャーのクッキーと組み、ジェレミー・バック(ヤング・バックスの1人)と対戦して勝利している。10月7日にてマネージャーのクッキーと共にImpactのライブにてテレビデビューする。

ロビーはアメージング・レッドを破ったあとのXディビジョン王座保持者であるジェイ・リサールをリングで襲撃し、リング・デビューする。翌週リサールの持つXディビジョン王座への挑戦権を獲得するためにクッキーとともにストリートファイトスタイルでノンタイトル戦をするも負けてしまう。11月のTurning Pointにてロビーはクッキーの助けを借りてリサールを破り、Xディビジョン王座を初めて獲得した。12月のFinal Resolutionでクッキーの介入を防ぐためにクッキーが上空の檻に閉じ込められた状態でリサールとリマッチを行ない、再び勝利するも2日後の12月7日のImapct!にてリサールにXディビジョン王座を奪い返されてしまう。

11年2月10日に新チャンプであるカザリアンの持つXディビジョン王座にAgainst All Oddsで挑戦できる権利を賭けた挑戦者決定トーナメントに出場し、ブライアン・ケンドリックスーサイドを破り決勝へ進出する。Against All Oddsでカザリアンに挑戦するも敗北してしまう。その後3月のVictory Roadでカザリアン、ロビー・E、ジェレミー・バックマックス・バックと4wayマッチで再びXディビジョン王座に挑戦するも敗北してしまう。そして8月11日のImpact!でロビーとクッキーは別れてしまう(クッキーは後に解雇)。

クッキーと別れた後は新しいパートナーを探し始め、8月25日のImpactでロブ・テリーを新しいパートナーとしてオファーした。9月8日のImpact!でロブ・テリーはロビー・Eとエリック・ヤングの試合後に介入してエリック・ヤングを攻撃し、10月27日のエリック・ヤングとロビー・Eが戦い、ロビー・Eが敗北したあとロブ・テリーが介入し、ロブとロビーはエリック・ヤングを攻撃し、ロブ・テリーはロビー・Tと改名する。

11月13日のTurning Pointでロビー・Eはエリック・ヤングを破り、彼の持っていたTNA TV王座を手に入れ、同月17日と12月1日にディーボンとRVDを相手に防衛戦を行ない勝利している。12月1日のFinal Resolutionでエリック・ヤングのリマッチを受け、これを退ける。

2012年の1月12日のAgainst All Oddsで誰でもタイトルを賭け挑戦でも受けると発表し、シャノン・ムーアが名乗りを上げたため対戦し勝利する。3月のVictory Roadでも同じような発表を行ない、ディーボンが名乗り出たため対戦するも負け、タイトルを手放してしまう。4月のLockdownでスチール・ケージ・マッチ戦を行なうも、ディーボン相手に再び敗北、5月のSacrificeにてディーボン、ロビー・E、マネージャーのロビー・Tの3wayを行なうも敗北、6月7日のImpact!にてディーボンとまたタイトルマッチを行なうも、ギャレット・ビショフの介入により負けてしまい、計3回タイトル奪取に失敗している。

6月10日のSlammiversaryにロビー・Tと組み、ディーボンとギャレット・ビショフのタッグと対戦するも敗北してしまう。10月にサモア・ジョーの持つTNA TV王座に挑戦するが敗戦。その後は特に目立った活躍もなく2012年をフェードアウトしていく。

2013年に入るとロビー・Tの間に不穏な空気が流れるようになり、2月に抗争を開始するようになる。3月のLockdownでロビー・Tと対戦するが敗北、PPV翌週のImpactで再戦するもまた負けてしまい、ロビー・Eの敗北で抗争を終了している。なお抗争終了と同時にロビー・Tはリングネームをロブ・テリーに戻している。

抗争終了後に新たなパートナー探しをするようになり、5月から新たなパートナーのジェシー・ゴッダーズとタッグを結成している。結成と同時にタッグ王座奪取を目標にアピールをするようになった。10月のBound for Gloryでガンナージェームス・スートムの持つTNA世界タッグ王座へ挑戦、チャンピオン組から勝利し、タッグ王座を初戴冠している。PPV後のImpact Wrestlingにて元王座組のリマッチを退け、初防衛を果たしている。

得意技[編集]

  • フレッシュ・トゥ・デス
フィニッシャー。ランニング・ダイヤモンドカッター
  • ショア・ティングス
フィニッシャー。スイング式ネックブリーカー
  • スティル・オブ・エコス
ロブ・エコス時代のフィニッシャー、スーパー・キック

獲得タイトル[編集]

TNA
CW(Chaotic Wrestling)
  • CWタッグチーム王座 :1回 (w / ビリー・バックス)
CSWF(CyberSpace Wrestling Federation)
  • CSWFクルーザー級王座 :1回
ECWA(East Coast Wrestling Association)
  • ECWAミッドアトラクション王座 :1回
  • ECWAタッグチーム王座:2回 (w / ビリー・バックス)
GLCW(Great Lakes Championship Wrestling)
  • GLCWヘビー級王座 :1回
HW(Hardway Wrestling)
  • HWライトウェイト王座 :1回
ISPW(Independent Superstars of Professional Wrestling)
  • ISPWトライステート王座 :1回
JCW(Jersey Championship Wrestling)
  • JCWクルーザー級王座 :1回
NCW(National Championship Wrestling)
  • NCWタッグチーム王座 :1回 (w / ニック・バーク)
NYWC(New York Wrestling Connection)
  • NYWCタッグチーム王座:1回 (w / マット・ストライカー)
  • NYWCインターステイト王座:1回
SSCW(Stars & Stripes Championship Wrestling)
  • SSCWヘビー級王座 :1回
  • SSCWライト級王座 :1回
UWC(United Wrestling Coalition)
  • UWCユナイテッドステイツ王座 :1回