チャド・レイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガンナー
ガンナーの画像
プロフィール
リングネーム ガンナー
フィル・シャッター
シャッター
本名 チャドウィック・レイル
ニックネーム インテンシティ
ユニバーサル・ソルジャー
身長 188cm
体重 112kg
誕生日 1982年6月6日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州ヒッコリー
所属 TNA
トレーナー アベル・アトムス
デビュー 2001年
テンプレートを表示

チャド・レイルChadwick "Chad" Lail1982年6月6日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーノースカロライナ州ヒッコリー出身[1]

来歴[編集]

インディー団体[編集]

アメリカ海兵隊として国の為に務め、イラク戦争に派遣された際には機関銃兵として戦う[2]。帰国後、プロレスラーになる事を志す。

2005年、同僚であったトゥルイット・フィールズと共にNWA加盟団体であるNWAアナーキーに入団。2006年にフィールズと共にマッスル・マッドネスMuscle Madness)なるタッグチームを結成して活動[3]2007年6月よりジェフ・ベイリー率いるヒールユニットであるNWAエリートへとメンバー入り[4]。10月29日、NWA Anarchy TVにてNWAアナーキーヘビー級王座を保持するエース・ロックウェルに挑戦してPTSDを決めて勝利、ベルトを奪取した[5]

2009年1月17日、ペンシルベニア州を拠点とするNWA加盟団体のPWX(Pro Wrestling eXpress)にてNWAナショナルヘビー級王座を保持するクラッシャー・ハンセン、クリス・レルッソとトリプルスレットマッチを行い勝利し、ベルトを奪取[6]。2月14日、ノースカロライナ州を拠点とするNWA団体のNWAシャーロットに参戦。ライアン・オライリーとNWAアナーキーの同僚であるマイケル・ジューダスIII(Three)なる怪奇派トリオユニットを結成[7][8]。同月28日、NWA Charlotte Power Struggle 2009にてNWAミッドアトランティックヘリテイジ王座を保持するラリー・ズビスコと対戦して勝利し、ベルトを奪取[9]。5月30日、タッグトーナメントであるクイーンシティ・タッグチームクラシック2009に出場し、2回戦でスカルクラッシャーズ(キース・ウォーカー & ラッシュ・ブラウン)との試合前に3人で襲撃を行うと事態の収拾がつかない大乱戦へと発展し両チーム失格となった[10]

2010年4月3日、ROHのPPVであるThe Big Bang 2010に出場。ザック・サルバーションと対戦してスパインバスター を決めて勝利した[11]

TNA[編集]

2010年6月、TNAiMPACT!にてジューダスと共にTNAのセキュリティーガードとしてデビュー[12]。7月8日、リングネームをガンナーGunner)、ジューダスはマーフィーMurphy)へと変更してマット・モーガンと共にジェフ・ハーディー & ミスター・アンダーソンを襲撃し、ヒールターン。しかし、ガンナーと共にストーリーラインから外されてしまう。11月7日、PPVであるTurning Pointのジャレット vs ジョーの試合にて介入し、ジャレットの勝利に貢献。同月11日、ガンナーと共に復帰し、ジョーとハンディキャップマッチを行うが敗戦。ジョーとジャレットの抗争終了後はジャレットの勧誘により一大ユニットであるインモータル(Immortal)に加入。

2011年1月5日、Xplosionにてインク・インク(シャノン・ムーア & ジェシー・ニール)と対戦して勝利し、ガンナーとのタッグでTNA初勝利を挙げた。2月13日、Against All Oddsでマーフィー & ロブ・テリーと組んで、スコット・スタイナー & ビアマネー・インク(ジェームズ・ストーム & ボビー・ルード)と対戦するが敗戦。ガンナーがインモータルから追放後シングルで活動するようになり、3月14日にTNA TV王座を保持するエリック・ヤング、テリーとトリプルスレットマッチを行い勝利し、ベルトを奪取。6月16日にはミスター・アンダーソンと対戦して金星を得る。10月18日のTNA最大のPPVであるBound for Glory 2010への出場権を懸けた長期シリーズであるBound For Glory Seriesにエントリーするが42ポイントという結果に終わった。12月16日、メキシコのメジャー団体であるAAAのPPVであるGuerra De Titanes 2011にチェスマンが助っ人として呼んだ大物としてディアンジェロ・ディネロと共に登場。サイコ・サーカス(サイコ・クラウン & モンスター・クラウン & マーダー・クラウン)と対戦するが敗戦した。

2012年1月8日、Genesis 2012にてロブ・ヴァン・ダムと対戦。場外のコンクリートにDDTを決めて勝利。2月12日、Against All Odds 2012ではギャレット・ビショフと対戦する際にエリック・ビショフが介入する状態で対戦するが勝利した。7月にキッド・キャッシュと共闘する形でチャボ・ゲレロ・ジュニア & ヘルナンデスと抗争を開始。8月12日、Hardcore Justice 2012にてチャボ & ヘルナンデスと対戦するが敗戦した。

得意技[編集]

2013年より使用しているフィニッシャー。バックブリーカー・ラック
F5
フィル・シャッター時代のフィニッシャー。パワーボム
通称PTSDと読む場合もある。

獲得タイトル[編集]

NWAアナーキーヘビー級王者時代
TNA
w / ジェームス・ストーム
NWAアナーキー
  • NWAアナーキーヘビー級王座 :1回
  • NWAアナーキータッグ王座 :1回
w / キモ & アボミネーション
NWAシャーロット
  • NWAミッドアトランティックヘリテイジ王座 :1回
NWAイースト
  • NWAナショナルヘビー級王座 :1回
SAW(Showtime All-Star Wrestling)
  • SAWインターナショナルヘビー級王座 :1回

入場曲[編集]

  • Inflikted
  • Immortal
  • Day of Rage
  • Longnecks & Rednecks

脚注[編集]

  1. ^ Gunner”. Online World of Wrestling. 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ Hickory Native Gunner Living His Dream!”. NWALegends.com. 2013年8月1日閲覧。
  3. ^ Muscle Madness”. Wrestlingdata.com. 2015年9月14日閲覧。
  4. ^ NWA Elite”. Wrestlingdata.com. 2015年9月14日閲覧。
  5. ^ NWA Anarchy TV Report Episode 87”. NWAWildside.proboards.com. 2007年10月29日閲覧。
  6. ^ PWX Genesis 2”. PWXTV.com. 2009年1月17日閲覧。
  7. ^ Southeastern Wrestling News, Notes & Nostalgia for 2-14-09”. WrestleZone.com. 2009年2月14日閲覧。
  8. ^ III”. CageMatch.com. 2015年9月2日閲覧。
  9. ^ NWA Charlotte Power Struggle 2009”. TheBurningHammer.com. 2009年2月28日閲覧。
  10. ^ National Wrestling Alliance News And Notes For 6-8-09”. WrestleZone.com. 2009年6月8日閲覧。
  11. ^ Ring Crew Reviews: ROH The Big Bang”. 411mania.com. 2010年4月3日閲覧。
  12. ^ Pro wrestling star Gunner living his dream in TNA”. Postandcourier.com. 2013年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]