ニューオーリンズ・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューオーリンズ・アリーナ
"New Orleans Arena"
NO Arena CIMG6266.jpg
施設情報
所在地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
起工 1997年1月4日[1]
開場 1999年10月19日
所有者 ニューオーリンズ市
運用者 SMG
グラウンド (屋内施設)
建設費 8,400万ドル
設計者 Arthur Q. Davis and Partners
Billes-Manning Architects
Hewitt Washington and Associates
サービスエンジニア FSC-Inc.[2]
総合建設者 Manhattan[3]/Gibbs[4]
使用チーム、大会
ニューオーリンズ・ホーネッツNBA)(2002年 - 現在)
ニューオーリンズ・ブラス(ECHL)(1999年 - 2002年)
ニューオーリンズ・ブードゥー(2004年 - 2005年、2007年 - 現在)(AFL
収容能力
18,000人(バスケットボール
16,500人(アリーナフットボール

ニューオーリンズ・アリーナNew Orleans Arena)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズにある屋内競技施設。セントラルビジネス地区に位置し、ルイジアナ・スーパードームと隣接している。2002年よりNBAニューオーリンズ・ホーネッツの本拠地になっている。

概要[編集]

8,400万ドルの建設費で1999年に完成。10月19日に公式オープンされた。その後3年間、2002年までは北米プロアイスホッケーリーグECHLのニューオーリンズ・ブラスの本拠地として使用されていたが、チームは消滅。2002年よりニューオーリンズ・ホーネッツは本拠地として使用するようになり、また2004年2月からはプロアリーナフットボールリーグAFLのニューオーリンズ・ブードゥーの本拠地にもなった。また、現在では高校バスケットボールの他、テュレーン大学のバスケットボールチームも使用している。

2007年のAFLの決勝試合アリーナボウル2008年NBAオールスターゲーム2012年の大学男子バスケットボールのサウスイースタン・カンファレンストーナメント、2007年と2010年NCAAトーナメント1回戦と2回戦の開催地として決定している。 2014年NBAオールスターゲームが開催。2月より命名権をスムージーキング社が取得し、名称をスムージーキング・センターと改称した。

ハリケーン・カトリーナ[編集]

2005年8月末にアメリカ合衆国南東部を襲った大型のハリケーンであるハリケーン・カトリーナでは、ルイジアナ・スーパードームと比較して被害が段違いに少なかった為、1ヵ月後には緊急の医療センターとして機能した。しかし市議会によってニューオーリンズ市への立ち入り禁止が制定されたため、アリーナを本拠地とするチームは一時的に移転せざるを得なかった。

ホーネッツは2005-06シーズン、オクラホマ州オクラホマシティフォード・センターをホームアリーナとして使用した。しかしシーズンも終盤に差し掛かった2006年3月8日にニューオーリンズ・アリーナで試合を開催した。ホーネッツは2007年までオクラホマシティとニューオーリンズをダブルフランチャイズとしていた。また他にも、2006年7月5日には歌手ティム・マグロウフェイス・ヒルが大観衆の中でコンサートを開催した。

脚注[編集]

  1. ^ http://pqasb.pqarchiver.com/sun_sentinel/access/14641393.html?dids=14641393:14641393&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Jan+05%2C+1997&author=ROBES+PATTON&pub=South+Florida+Sun+-+Sentinel&desc=SEALS+CAN'T+SAVE+TULSA+ALL+THE+TIME+HURRICANE+STAR+ALWAYS+A+FORCE&pqatl=google
  2. ^ http://www.fsc-inc.com/PDF/Sports.pdf
  3. ^ http://www.manhattanconstructiongroup.com/manhattan-construction/projects?ptype=7&pid=27
  4. ^ http://www.emporis.com/building/neworleansarena-neworleans-la-usa?lng=3

外部リンク[編集]