モダ・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モダ・センター
"Moda Center"
Moda Center.JPG
施設情報
所在地 オレゴン州ポートランド
起工 1993年7月12日[1]
開場 1995年10月12日
所有者 ポートランドアリーナ・エンターテイメント
運用者 アンシュッツ・エンターテイメント・グループ & AEGライブ
グラウンド (屋内施設)
建設費 2億6,200万ドル
設計者 エラーブ・ベケット
プロジェクトマネージャ Shiels Obletz Johnsen, Inc.[2]
構造設計者 KPFF Consulting Engineers[3]
サービスエンジニア Flack + Kurtz, Inc.[4]
使用チーム、大会
ポートランド・トレイルブレイザーズNBA)(1995年 - 現在)
ポートランド・ウィンターホークス(WHL)(1995年 - 現在)
ポートランド・ランバージャックス(NLL)(2006年 - 現在)
ポートランド・フォレストドラゴンズ(AFL)(1997年 - 1999年)
ポートランド・パイソンズ(WISL)(1998年 - 1999年)
ポートランド・ファイアWNBA)(2000年 - 2002年)
収容能力
19,980人(バスケットボール
17,544人(アイスホッケーボックスラクロス

モダ・センター(Moda Center)は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドにある屋内競技施設。

親会社は、アメリカプロスポーツチームの運営などを行っているコムキャスト・スペクタカー(Comcast-Spectacor)。現在は、NBAポートランド・トレイルブレイザーズや、プロインドアラクロス(ボックスラクロス)リーグNLLのポートランド・ランバージャックスの本拠地である。

概要[編集]

1995年10月12日などによる公的な資金は一切使われず、マイクロソフト社の共同創業者、ポール・アレンなどによって建設された(オレゴンアリーナ社というアレンが筆頭株主だった民間会社によって所有された。建設の資金は、プルデンシャル・ファイナンシャル社などの融資による)。名称の「ローズ」とは、ポートランドの愛称が「ローズシティ(Rose City)であることによる。そして、「-ガーデン」としたのは、マディソン・スクエア・ガーデンボストン・ガーデンのように有名なアリーナの名称と反映させるためである。

NBAのトレイルブレイザーズの試合では20,340人を集客できたが、後の改修によって19,980人の集客になった。それでもオープン当時は、他のどのアリーナよりも最新技術が導入されていた。トレイルブレイザーズにおける杮落としとなった試合は、1995-96シーズンの11月3日バンクーバー・グリズリーズ戦(現在のメンフィス-)。

現在は、前述のトレイルブレイザーズ、NLLのランバージャックスの他、ジュニアアイスホッケーのチームが本拠地にしている。ローズ・ガーデンの隣にはポートランド市が所有するメモリアル・コロシアムがあるが(管理会社はローズ・ガーデンと同様)、ブレイザーズはアリーナの完成とともに本拠地を移転させた。かねてからプロアイスホッケーリーグNHLの新フランチャイズとしてポートランドの名前が挙がっており、ローズ・ガーデンをホームアリーナにするという推測がなされてきたが、実現には至っていない。

これまでにもWNBA(女子プロバスケットボール)、AFLアリーナフットボール)、WISLインドアサッカー)のチームがローズ・ガーデンを本拠地にしてきたが、いずれもチームが消滅したり移転している。

しばしばコンサートも開催されている。ちなみに、初開催はデヴィッド・ボウイナイン・インチ・ネイルズによる共演である。

2013年8月、モダ・ヘルスに10年契約の命名権を取得した[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]