ジン・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジン・アンダーソン
プロフィール
リングネーム ジン・アンダーソン
本名 ユージン・エイヴォン・アンダーソン
ニックネーム 極悪鬼
身長 183cm - 185cm
体重 113kg - 118kg
誕生日 1939年10月4日[1]
死亡日 1991年10月31日(満52歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州セントポール
デビュー 1958年[2]
引退 1985年[2]
テンプレートを表示

ジン・アンダーソンGene Anderson、本名:Eugene Avon Anderson1939年10月4日 - 1991年10月31日)は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州セントポール出身。生年は1933年ともされる[3]

1960年代から1980年代にかけて一世を風靡したヒールの極道兄弟ユニット、ミネソタ・レッキング・クルーThe Minnesota Wrecking Crew)の「長兄役」として活躍した。

来歴[ソースを編集]

1958年にデビューし[2]、地元ミネソタAWAで活動後、1966年にAWAニューフェイスのラリー・ハイニエミをラーズ・アンダーソンに改名させ[4]、兄弟と称してミネソタ・レッキング・クルーを結成(実際には血縁関係はない)。NWA圏のジョージアにてエンリケ&ラモンのトーレス兄弟と抗争し、1967年4月にジョージア版のNWA世界タッグ王座を奪取した[5]

1960年代末からはロック・ロゴウスキーを兄弟の「三男」オレイ・アンダーソンとして新メンバーに加え、ラーズの脱退後はオレイとのコンビで活動。1970年1月には日本プロレスに揃って初来日し、岡山県体育館でオレイ、愛知県体育館ボボ・ブラジルと組み、アントニオ猪木&吉村道明アジアタッグ王座に2度挑戦した[6]。日本プロレスには1972年1月にも単身で再来日し、名古屋にて大木金太郎アジアヘビー級王座に挑戦している。1973年10月には国際プロレスにもオレイと共に参戦しており、11月4日に鹿島郡神栖町にてラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦[7]アニマル浜口とも金網デスマッチで2回対戦した[8]

以降も1970年代全般に渡り、オレイとのミネソタ・レッキング・クルーでNWAの南部テリトリーを席巻。ジム・クロケット・ジュニアの運営するミッドアトランティック地区ではワフー・マクダニエル&ルーファス・ジョーンズリック・フレアー&グレッグ・バレンタインダスティ・ローデス&ディック・スレーターマスクド・スーパースター&ポール・ジョーンズなどの強豪チームを破りミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を再三獲得[9]ジム・バーネットが主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングではミスター・レスリング1号&2号とジョージア・タッグ王座を巡る抗争を展開した[10]

1980年よりミッドアトランティック地区でヒールマネージャーを兼任するようになり、イワン・コロフレイ・スティーブンスジミー・スヌーカアイアン・シークボビー・ダンカン、グレッグ・バレンタインらを担当。タッグの名手だった手腕を発揮し、彼らにNWA世界タッグ王座を奪取させている[9]。また、うるさ型のベテラン・ヒールとして、マイク・ロトンドマーク・ヤングブラッドなど当時売り出し中の若手選手のジョバーを務めることもあった[11]

1984年にプロレス業界から引退し、主戦場だったノースカロライナにてシェリフの代理職に就いていた。1991年10月31日、52歳で死去[1]

息子のブラッド・アンダーソン(Brad Anderson)も1988年にプロレスラーとしてデビューしており、2000年代後半までインディー団体で活動していた[12]

獲得タイトル[ソースを編集]

ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Fina A Grave”. 2016年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c Gene Anderson”. Cagematch.net. 2014年11月5日閲覧。
  3. ^ Gene Anderson”. Online World of Wrestling. 2014年11月5日閲覧。
  4. ^ Mid-Atlantic Superstar Wrestling Results - Lars Anderson”. Midd-Atlantic Gateway. 2011年6月3日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月16日閲覧。
  6. ^ The JWA matches fought by Gene Anderson in 1970”. Wrestlingdata.com. 2015年3月12日閲覧。
  7. ^ The IWE matches fought by Gene Anderson in 1973”. Wrestlingdata.com. 2015年3月12日閲覧。
  8. ^ IWE Big Winter Series 1973”. Puroresu.com. 2015年3月11日閲覧。
  9. ^ a b c NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月16日閲覧。
  10. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年6月16日閲覧。
  11. ^ Mid-Atlantic Superstar Wrestling Results - Gene Anderson”. Midd-Atlantic Gateway. 2011年6月3日閲覧。
  12. ^ Brad Anderson”. Online World of Wrestling. 2010年6月16日閲覧。
  13. ^ NWA Southern Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月12日閲覧。
  14. ^ NWA Southeastern Tag Team Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月12日閲覧。
  15. ^ NWA Macon Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月12日閲覧。
  16. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月12日閲覧。
  17. ^ NWA Atlantic Coast Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月12日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]