大刀光電右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大刀光 電右エ門(たちひかり でんえもん、1963年9月12日 - )は、千葉県千葉市出身の元大相撲力士プロレスラー。本名は河原 修(かわはら おさむ)。

来歴[編集]

大相撲力士時代[編集]

大刀光 電右エ門 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 大刀光 電右エ門
本名 河原 修
愛称 大刀光スペシャル・電右エ門スペシャル
生年月日 (1963-09-12) 1963年9月12日(54歳)
出身 千葉県千葉市
身長 195cm
体重 152kg
BMI 39.97
所属部屋 友綱部屋
得意技 右四つ、上手投げ、波離間投げ
成績
現在の番付 廃業
最高位 西前頭15枚目
生涯戦歴 340勝316敗1分7休(73場所)
幕内戦歴 7勝8敗(1場所)
優勝 序ノ口優勝1回
データ
初土俵 1982年1月場所
入幕 1992年7月場所
引退 1994年1月場所
引退後 プロレスラー
備考
2013年7月28日現在

1963年9月12日千葉県千葉市で、母親がスナックを経営している家に三男として生まれる。小学校高学年では少年野球で速球派投手として活躍していたが、花園中学校では一転してバレーボールサッカーなど様々な球技を行っていた。中学校時代のある日、教師から半ば強引に参加を誘われた相撲の全国大会へ出場するなど、次第に相撲を始めるようになった。

安田学園高等学校進学後は相撲部に所属し、1年先輩である寺尾常史から稽古を付けられていたが、寺尾が2年生で中退したことで河原も1年生の11月に中途退学、スナックを廃業した母親が勤務する千葉畜産工業に就職した。この時点で相撲とは縁を切っていたが、職場に出入りしてた千葉県経済連合の人物が友綱の友人だったことで、彼が出入りしていた1年間に渡って入門を勧められ、最後は説得されて友綱部屋へ入門した。

1982年1月場所において初土俵を踏む。四股名は当初は本名の「河原」だったが、師匠・友綱から出世を大いに期待されたことから、大正時代に同じ友綱部屋から初土俵を踏んだ大関・太刀光電右エ門の四股名を与えられた(のちに姓名診断を行ってもらった母親の勧めで「大刀光電右エ門」と改名)。1988年7月場所で新十両に昇進し、十両で一進一退を続けた後に1992年7月場所で新入幕を果たした。長身で厳つい容貌と長い揉み上げがトレードマークで、長身を生かした右四つからの上手投げは豪快かつ威力があり「大刀光スペシャル」「電右エ門スペシャル」と称された。上手投げだけでなく下手投げも強かったが、取り口が非常に大雑把で立合いの厳しさに欠けており、肩越しに上手を取ってから相手を振り回したり、土俵際での波離間投げなど逆襲・逆転に頼る相撲は幕内で一切通用せず、幕内在位は最終的にこの1場所で終わった。

十両陥落も逆襲に頼り切る相撲は、次第に相手に「土俵際で注意せよ」と思われたように取り口を完全に研究、覚えられて一度も勝ち越すことが出来ず、1994年1月場所では西幕下29枚目で0勝7敗と全敗を喫したのを最後に現役を引退、日本相撲協会を廃業した。 [1]

プロレス転向[編集]

大刀光
プロフィール
リングネーム 大刀光
大刀光 修
大和
本名 河原 修
身長 195cm
体重 135kg
誕生日 (1963-09-12) 1963年9月12日(54歳)
出身地 千葉県千葉市
スポーツ歴 大相撲力士
トレーナー 天龍源一郎
デビュー 1994年3月26日
テンプレートを表示

日本相撲協会を廃業した後は、WARにて顔にペイントを施して「大和」と名乗り、「相撲軍団」のメンバーとして活動した後、正式にプロレスへ参入した。WARのみならず大日本プロレスSPWFプロレスなどのリングにも上がって対戦した。大相撲では活躍できなかったが、力士として鍛え抜かれた巨体に加えて、力士出身特有の足腰の強さと突進力を武器に、2000年のPRIDEグランプリ参戦を皮切りにDEEPなどの総合格闘技にも挑戦している。一時期は母親と同じくスナックを経営していたこともあり、現在は水道配管業を本業としている。

2008年3月場所より、実子の河原正実が阿武松部屋から本名で初土俵を踏んでいる。現在は阿光に改名している。

エピソード[編集]

  • 高校の1年先輩に寺尾常史がおり、安田学園高等学校時代に稽古を付けてもらったが、新入幕の場所に寺尾と対戦して勝利を収め、「恩返し」を果たした。
  • 新十両昇進を果たした際にNHKのインタビューにおいて、「目標とする力士は誰か」との質問に「陣岳関です」と回答した。しかし、二人は体格は似ているものの相撲の取り口はあまり似ておらず、大刀光がなぜ陣岳と回答したのかは謎である。この一件は後にやくみつるの漫画のネタとなった。
  • 同じ角界出身の高木功(嵐)とは「チーム・コンボイ」の名でタッグを組んでプロレスで試合を行う機会が多かった。大半の試合ではそれぞれ「嵐」「大刀光 修」名義で行ったが、デスマッチをメインに行う団体(大日本プロレスなど)ではそれぞれ本名の「高木 功」「河原 修」名義で試合を行った。

主な成績[編集]

大相撲[編集]

  • 通算成績:340勝316敗1分7休
  • 通算幕内成績:7勝8敗
  • 通算在位:73場所
  • 幕内在位:1場所
  • 各段優勝:序ノ口優勝1回(1982年3月場所)

場所別成績[編集]

大刀光電右エ門
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1982年
(昭和57年)
(前相撲) 東 序ノ口 #36
優勝
6–1
東 序二段 #82
2–5 
西 序二段 #101
5–2 
西 序二段 #61
5–2 
西 序二段 #16
4–3 
1983年
(昭和58年)
西 三段目 #85
3–4 
西 序二段 #9
6–1 
西 三段目 #43
5–2 
西 三段目 #10
4–3 
西 幕下 #57
3–4 
西 三段目 #9
5–2 
1984年
(昭和59年)
東 幕下 #45
2–5 
西 三段目 #9
4–3 
西 幕下 #57
4–3 
東 幕下 #41
3–4 
東 幕下 #53
3–4 
西 三段目 #5
3–4 
1985年
(昭和60年)
西 三段目 #20
4–3 
東 三段目 #8
3–4 
西 三段目 #23
3–4 
西 三段目 #37
5–2 
西 三段目 #6
3–4 
西 三段目 #19
5–1
引分1)
 
1986年
(昭和61年)
西 幕下 #47
5–2 
西 幕下 #28
5–2 
東 幕下 #17
5–2 
西 幕下 #10
4–3 
西 幕下 #5
休場
0–0–7
西 幕下 #45
3–4 
1987年
(昭和62年)
西 幕下 #57
5–2 
西 幕下 #38
4–3 
東 幕下 #29
6–1 
西 幕下 #12
5–2 
東 幕下 #4
2–5 
東 幕下 #18
4–3 
1988年
(昭和63年)
西 幕下 #12
4–3 
西 幕下 #6
4–3 
東 幕下 #4
5–2 
東 十両 #13
8–7 
西 十両 #9
7–8 
西 十両 #10
8–7 
1989年
(平成元年)
東 十両 #7
6–9 
東 十両 #12
9–6 
東 十両 #7
6–9 
西 十両 #11
7–8 
西 十両 #12
5–10 
東 幕下 #3
3–4 
1990年
(平成2年)
東 幕下 #7
3–4 
西 幕下 #14
4–3 
東 幕下 #10
3–4 
西 幕下 #17
4–3 
東 幕下 #12
3–4 
西 幕下 #16
4–3 
1991年
(平成3年)
西 幕下 #10
4–3 
東 幕下 #6
4–3 
東 幕下 #3
5–2 
西 十両 #12
9–6 
東 十両 #7
9–6 
西 十両 #3
8–7 
1992年
(平成4年)
東 十両 #3
8–7 
西 十両 #1
7–8 
東 十両 #3
9–6 
西 前頭 #15
7–8 
東 十両 #1
6–9 
東 十両 #7
6–9 
1993年
(平成5年)
東 十両 #10
6–9 
西 十両 #13
7–8 
西 幕下 #1
5–2 
西 十両 #11
3–12 
東 幕下 #13
1–6 
西 幕下 #44
5–2 
1994年
(平成6年)
幕下 #29
引退
0–7–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
4 3 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× エル・カネック 1R 4:55 TKO(パウンド) DEEP2001 3rd IMPACT X'mas in DIFFER ARIAKE 2001年12月23日
× 謙吾 1R 0:22 KO(スタンドパンチ連打) DEEP2001 2001年1月8日
× ユルコ・ドミトロ 1R 2:50 TKO 掣圏道 SWAアルティメットボクシング 2000年10月29日
× ゲーリー・グッドリッジ 1R 0:51 前腕チョーク PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】
2000年1月30日

四股名改名歴[編集]

  • 河原 修(かわはら おさむ):1982年1月場所 - 1984年11月場所
  • 太刀光 電右エ門(たちひかり でんえもん):1985年1月場所 - 1991年7月場所
  • 大刀光 電右エ門(読み同じ):1991年9月場所 - 1994年1月場所(廃業)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

外部リンク[編集]