PRIDE.8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PRIDE.8
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 1999年11月21日
開催地 日本の旗 日本
東京都江東区
会場 有明コロシアム
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 10,038人
イベント時系列
PRIDE.7 PRIDE.8 PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦

PRIDE.8(プライド・エイト)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。1999年11月21日東京都江東区有明コロシアムで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントでは桜庭和志ホイラー・グレイシーと対戦し、チキンウィングアームロックで見込み一本勝ちを収めた。ホイラーは「タップしていない」と抗議するも、裁定は覆らなかった。桜庭は試合後のリング上で「次はお兄さん、僕と勝負してください」とヒクソン・グレイシーへの挑戦を口にした[1]

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 10分2R
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. 日本の旗 松井大二郎 ×
2R終了 判定6-0
第2試合 PRIDEルール 10分2R
アメリカ合衆国の旗 フランク・トリッグ vs. ブラジルの旗 ファビアノ・イハ ×
1R 5:00 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第3試合 PRIDEルール 10分2R
ブラジルの旗 アラン・ゴエス vs. アメリカ合衆国の旗 カール・マレンコ ×
1R 9:16 肩固め
第4試合 PRIDEルール 10分2R
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. ブラジルの旗 ヒカルド・モラエス ×
2R終了 判定4-0
第5試合 PRIDEルール 10分2R
アメリカ合衆国の旗 トム・エリクソン vs. トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ ×
2R終了 判定5-0
第6試合 PRIDEルール 10分2R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. ブラジルの旗 フランシスコ・ブエノ ×
1R 1:23 KO(スタンドパンチ連打)
第7試合 PRIDEルール 10分2R
ブラジルの旗 ヘンゾ・グレイシー vs. 日本の旗 アレクサンダー大塚 ×
2R終了 判定5-0
第8試合 PRIDE特別ルール 15分2R
日本の旗 桜庭和志 vs. ブラジルの旗 ホイラー・グレイシー ×
2R 13:16 TKO(レフェリーストップ:チキンウィングアームロック

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]