松井大二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松井 大二郎
基本情報
通称 炎のグラップラー
PRIDEの斬り込み隊長
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-12-05) 1972年12月5日(44歳)
出身地 岡山県吉備郡真備町
所属 高田道場
フリーランス
身長 177cm
体重 90kg
階級 ミドル級
バックボーン 柔道プロレス
テーマ曲 不動魂
テンプレートを表示

松井 大二郎(まつい だいじろう、1972年12月5日 - )は、日本男性総合格闘家プロレスラー岡山県吉備郡真備町(現倉敷市)出身。フリーランス

来歴[編集]

関西高等学校国際武道大学出身。学生時代は柔道にいそしんでいた。 プロレス団体UWFインターナショナルでデビュー。当時のリングネームは松井 駿介

その後キングダムへと移り、キングダム解散後は、高田延彦主宰の高田道場に移る。

PRIDEでは「炎のグラップラー」との異名を拝命し、ヴァンダレイ・シウバイゴール・ボブチャンチンビクトー・ベウフォートクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンなどの強豪と対戦した。

プロレス技の1つであるドロップキックをPRIDEのリングでよく使っていた。

2002年12月23日、PRIDE.24で大久保一樹に判定勝ちを収めて以降、PRIDEに参戦できなかった。

2006年3月に桜庭和志とともに高田道場を退団した。ただし、HERO'Sへ移籍し高田と絶縁状態となった桜庭とは異なり、松井は高田道場での練習を続行している[1]。2006年6月に行われた公開記者会見では、PRIDE選手として会見に出席している。

2006年8月27日、ライトヘビー級(-90kg)キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで近藤有己と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

新日本プロレスに参戦経験もあり、ケンドー・カシンと対戦した。また、バトラーツには定期的に参戦していたこともあり、そのときの得意技は、U系を象徴するチキンウィングフェイスロックと、自身が「好きな技」というSTF

2016年12月29日、ハードヒットにて岩本煌史と対戦[2]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
46 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 1 1 8 2 6 0
28 7 3 18 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× KAZZ 5分2R終了 判定0-3 GRABAKA LIVE! 3 2013年10月27日
× 中村和裕 1R 1:30 TKO(パウンド) 中村和裕凱旋格闘技イベント KING KAZ FIGHT in FUKUYAMA 2013年6月30日
× KEI山宮 15分終了 ポイント1-4 U-SPIRITS again 2013年3月9日
× 石川英司 5分3R終了 判定0-3 GRABAKA LIVE! 2 2012年10月27日
金原弘光 5分2R終了 判定0-1 DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
尾崎広紀 5分2R終了 判定1-1 DEEP TOKYO IMPACT 2 2011年6月5日
畑智昭 5分2R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2010 in HAMAMATSU 2010年9月19日
× イ・ドルヒ 5分2R終了 判定1-2 GLADIATOR 6
【CMA KPW MMAヘビー級タイトルマッチ】
2010年4月25日
パク・イルチャル 5分2R終了 判定2-1 日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR 岡山大会
【CMA KPW MMA暫定王座決定戦】
2009年11月3日
× ダニエル・マドリッド 1R 4:19 変形三角絞め AOW 14: Ground Zero 2009年9月26日
× ホ・ミンソク 1R 3:08 TKO(パウンド) GRACHAN 2 2009年7月12日
× 金井一朗 1R 2:25 肩固め PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年12月7日
× イ・ウンス 5分3R終了 判定0-3 日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR
【CMA KPW MMA無差別級タイトルマッチ】
2008年8月16日
× 中西裕一 5分2R終了 判定0-3 DEEP 35 IMPACT
【ミドル級王者決定トーナメント 準決勝】
2008年5月19日
RYO 5分3R終了 判定2-1 DEEP 34 IMPACT
【ミドル級王者決定トーナメント 1回戦】
2008年2月22日
× カルロス・トヨタ 2R 2:22 TKO(パウンド) club DEEP 金沢 12.9 〜野武士あばれ祭1〜 2007年12月9日
× マーク・ウィアー 5分3R終了 判定0-3 Cage Rage 21: Judgement Day 2007年4月21日
トム・ワトソン 1R 0:59 腕ひしぎ十字固め Cage Rage 20: Born 2 Fight 2007年2月10日
× フラービオ・モウラ 5分2R終了 判定0-3 DEEP 26 IMPACT 2006年10月10日
× 近藤有己 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2006年8月27日
× ピエール・ギレット 2R 4:08 TKO(カット) Cage Rage 17: Ultimate Challenge 2006年7月1日
カーティス・スタウト 5分3R終了 判定2-0 Cage Rage 15: Adrenalin Rush 2006年2月4日
アレックス・リード 5分3R終了 判定 Cage Rage 14: Punishment 2005年12月3日
渡辺大介 2R終了時 TKO(ドクターストップ) PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年8月27日
エルヴィス・シノシック 5分2R終了 判定1-1 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年7月10日
× ブライアン・フォスター 1R 2:18 KO(膝蹴り) SHOOT BOXING 2005 GROUND ZERO FUKUOKA 2005年1月23日
× パウロ・フィリオ 5分3R終了 判定0-3 Gladiator FC 2日目 2004年6月27日
× 長南亮 5分3R終了 判定0-2 DEEP 13th IMPACT in KORAKUEN HALL 2004年1月22日
大久保一樹 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.24 2002年12月23日
ローリー・シンガー 5分2R終了 判定3-0 THE BEST Vol.3 2002年10月20日
× ジェレル・ヴェネチアン 5分3R終了 判定1-2 Dynamite! SUMMER NIGHT FEVER in 国立 2002年8月28日
× ホドリゴ・グレイシー 3R 0:28 フロントチョーク PRIDE.19 2002年2月24日
クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 1R 0:14 失格(ローブロー) PRIDE.18 2001年12月23日
× ムリーロ・ニンジャ 3R 0:51 TKO(踏みつけ) PRIDE.16 2001年9月24日
× エベンゼール・フォンテス・ブラガ 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.15 2001年7月29日
ペレ 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.14 2001年5月27日
リック・カーンズ 5分2R終了 判定3-0 KOTC 8: Bombs Away 2001年4月29日
× アミール 5分3R終了 判定0-3 KOTC 5: Cage Wars 2000年9月16日
× ビクトー・ベウフォート 10分2R終了 判定0-6 PRIDE.10 2000年8月27日
× トッド・メディーナ 5分2R終了 判定0-3 KOTC 4: Gladiators 2000年6月24日
× イゴール・ボブチャンチン 1R 5:03 TKO(ドクターストップ) PRIDE.9 2000年6月4日
× ヴァンダレイ・シウバ 10分2R終了 判定0-6 PRIDE.8 1999年11月21日
ボブ・シュライバー 1R終了時 失格(注意3回により) PRIDE.7 1999年9月12日
× カーロス・ニュートン 10分2R+延長5分1R終了 判定0-3 PRIDE.6 1999年7月4日
菊田早苗 10分3R終了 時間切れ PRIDE.4 1998年10月11日
小路晃 10分3R終了 時間切れ PRIDE.3 1998年6月24日

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近藤、松井と防衛戦。全試合揃う - BoutReview(2006年8月10日)
  2. ^ 「佐藤vsロビンソン」、「青木vs平」エキシビションマッチなど 12・29新宿大会の全カード決定”. ぼくらのプロレス (2016年12月26日). 2016年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]