PRIDE 男祭り 2004

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-
イベント詳細
シリーズ PRIDE男祭り
開催年月日 2004年12月31日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後5時30分
試合数 全11試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 48,398人
イベント時系列
PRIDE.28 PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- PRIDE.29 SURVIVAL

PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-(プライド おとこまつり にせんよん さだめ)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2004年12月31日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

大会概要[編集]

PRIDE GRANDPRIX 2004決勝戦の再試合を兼ねたメインイベントのPRIDEヘビー級統一王座決定戦では正規王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが暫定王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをスタンドの打撃で攻め続け、判定勝ち。PRIDEヘビー級王座を統一すると同時に、同王座の初防衛に成功。また、PRIDE GRANDPRIX 2004優勝を果たした。

セミファイナルではヴァンダレイ・シウバマーク・ハントに判定で敗れ、PRIDE初黒星。しかし、ヘビー級のK-1王者相手に一歩も引かない戦いぶりに、観客は惜しみない拍手を送った。

吉田秀彦 vs. ルーロン・ガードナーの「オリンピック金メダリスト対決」は、手堅い攻めに終始したガードナーに軍配。

シドニーオリンピック柔道男子81kg級金メダリスト瀧本誠、元UFC世界ライト級王者ジェンス・パルヴァーがPRIDEデビュー。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 美濃輪育久 vs. ドイツの旗 ステファン・レコ ×
1R 0:27 ヒールホールド
第2試 PRIDEルール合 1R10分、2・3R5分
韓国の旗 チェ・ム・ベ vs. ブラジルの旗 ジャイアント・シルバ ×
1R 5:47 肩固め
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ハイアン・グレイシー vs. 日本の旗 安生洋二 ×
1R 8:33 腕ひしぎ十字固め
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 長南亮 vs. ブラジルの旗 アンデウソン・シウバ ×
3R 3:08 ヒールホールド
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 瀧本誠 vs. アメリカ合衆国の旗 戦闘竜 ×
3R終了 判定3-0
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ルーロン・ガードナー vs. 日本の旗 吉田秀彦 ×
3R終了 判定3-0
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン ×
1R 0:41 フロントチョーク
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン vs. 日本の旗 近藤有己 ×
3R終了 判定2-1
第9試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 五味隆典 vs. アメリカ合衆国の旗 ジェンス・パルヴァー ×
1R 6:21 KO(左アッパー)
第10試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ニュージーランドの旗 マーク・ハント vs. ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ ×
3R終了 判定2-1
第11試合 PRIDEヘビー級統一王座決定戦 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ ×
3R終了 判定3-0
※ヒョードルが王座の初防衛に成功。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]