ロッシー小川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロッシー小川(ロッシーおがわ、1957年5月1日 - )は、千葉県出身の実業家・イベントプロデューサーで、本名は小川 宏(おがわ ひろし)。プロレス団体「アルシオン」元社長だったが、2010年からは「スターダム」代表取締役社長となる。

経歴[編集]

東京写真専門学校(現・専門学校東京ビジュアルアーツ)在学中に全日本女子プロレスにかかる写真を非公式で撮影していたが、それがパンフレットで使用され、やがて全女の専属カメラマンとなる。

卒業後の1978年、広報として全女に正式入社。ビューティ・ペアミミ萩原らスター選手の担当となり、後にクラッシュギャルズのマネージャーを務め、80年代の黄金時代を牽引。

90年代に入ると企画広報部長となり、団体対抗戦を考案するなど、松永家に次いで全女で強い影響力を持っていた。北斗晶をデンジャラス・クイーンと命名、多くのアイデアにより、全女の仕掛け人と称された。第1回ジュニア・オールスター戦を企画し常に斬新な攻めの姿勢で全女を名実ともにトップ団体に長らく君臨させた実績を持ち、ソフト面のプロデューサーとして活躍。

しかしその後、プロデューサー業務はボブ矢沢(松永太)や影かほる吉葉礼子の長女)などの松永家の子息を加えた合議制で行われることになり[1]、全女の経営不安が表に出ると、松永家と対立して同族経営を批判[1]。1997年7月から新団体設立に動き出すと同時に、同年8月にに全女を退社し[1]、一部所属選手を引き連れて新団体「アルシオン」を旗揚げする。ハイパー・ビジュアル・ファイティングと称したビジュアル系のファイターを多く輩出。府川唯未大向美智子らを再生させ、浜田文子AKINO藤田愛などのスーパールーキーを世に出した。全女を反面教師として技術最優先を実行し、ルチャのハイテクニックと総合格闘技のサブミッションを融合させていった。2002年5月には有明コロシアムにおいて古巣であった全女との全面対抗戦を敢行。堀田祐美子の挑発に乗って、自らリングに上がり白タイガーのマスクを被って登場。流血させられたが、スクールボーイで丸め込み勝利を奪った。総合格闘技の藤井惠をプロレスのリングに初めて上げたのはアルシオンにおける最後の実績だった。だが所属の人気選手の離脱が続き経営不振で解散。

その後新団体「AtoZ」エージェントとなり、「JDスター女子プロレス」と提携、JDスターの外部スタッフとなるが、解散。格闘美においてはPOP王座を新設し若手の活性化を図った。

JD解散後、元JD所属選手風香の自主興行「風香祭」をプロデュースする。一方、ミル・マスカラスを始めとした覆面レスラーによる興行「仮面FIESTA」シリーズにも関わった。

風香引退直後の2010年4月にメキシコの女子レスラーを招いたイベント「エストレージャ☆ジャパン」をプロデュース。さらにグラビア・アイドル愛川ゆず季のプロレス・デビュー戦「ゆずポン祭」をプロモート&プロデュースし成功を収めた。

2011年1月23日、新団体「スターダム」を旗揚げ。代表取締役として奮闘。新人選手主体の団体ながらわずか半年で後楽園ホールに進出。赤いベルトのワールド・オブ・スターダム、白いベルトのワンダー・オブ・スターダム、タッグ王座のゴッデス・オブ・スターダムと三つの王座を新設し最も人気と勢いがある団体へと成長。愛川ゆず季が2年連続で女子プロレス大賞を受賞するなど、そのプロデュース力は健在。

出演[編集]

著書[編集]

  • 『全女がイチバーン!』
  • 『やっぱり全女がイチバーン!』
  • 『女子プロレス崩壊危機一髪』

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本プロレス事件史 Vol.2「"超絶雑居大家族"全女最後の10年」(ベースボール・マガジン社、2014年)

外部リンク[編集]