GODDESSES OF STARDOM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GODDESSES OF STARDOM(ゴッデス・オブ・スターダム)は、スターダム主催により開催されている、女子プロレスタッグマッチによるリーグ戦あるいはトーナメント戦2011年に第1回開催。

同団体のタッグマッチの王座であるゴッデス・オブ・スターダム王座とは別の物である。ただし、同王座挑戦者または空位の場合新王者決定を兼ねて行われる。

第1回(2011年)[編集]

参加4組
内容
新設されるタッグチーム王座「ゴッデス・オブ・スターダム王座」を決定するためのリーグ戦として開催[1]
公式戦は20分1本勝負。10月10日より開幕し、11月27日に最終戦。会場はすべて新木場1stRING。4チーム総当たり戦、勝ち2、引分1、負け0の得点制で、最高得点チームがリーグ戦優勝とともに初代タッグ王座に認定される。
今大会はFan+「戦乙女〜Fighting Girl」が大会をサポート。「Fan+プレゼンツGODDESSES OF STARDOM争奪タッグリーグ戦」として開かれた[2]
最終戦で川崎葛飾がBYに勝利してこの2チームが4点で並んだため、同じ顔合わせで優勝決定戦が急遽組まれ、勝利したBYが初代タッグ王座獲得を果たした。

第2回(2012年)[編集]

参加8組
レッドゴッデス
  • 「Yダッシュ」愛川ゆず季&夕陽 4点
  • 「川崎葛飾最強伝説」夏樹☆たいよう&世IV虎 4点※優勝
  • 「サンダーロック」紫雷イオ&岩谷麻優 2点
  • 須佐えり&NOZOMI 2点

直接対決の結果により川崎葛飾最強伝説が優勝決定戦進出。

ブルーゴッデス

直接対決の結果により宝翔天女(仮)が優勝決定戦進出。

内容
今大会は美闘の負傷欠場が長引いたためBY砲が返上したタッグ王座を懸けて争う[3]
公式戦は15分1本勝負。10月27日から11月25日まで4大会すべて新木場で行う。4組ずつ2ブロックに分かれ、総当りリーグ戦の最高得点者が優勝決定戦に進出。最高得点が複数チームの場合、直接対決の結果が反映される。優勝決定戦の勝者が第2代タッグ王座獲得。
須佐のパートナーははるか悠梨を予定していたが、負傷が完治しなかったため東京女子プロレスのNOZOMIに変更された[4]
両ブロックとも直接対決の結果で優勝決定戦進出チームが決まる混戦となった。優勝決定戦で勝利した川崎葛飾最強伝説がタッグリーグ優勝と共に2代目タッグ王者となった。

第3回(2013年)[編集]

参加8組
内容
今大会は過去2大会から一変し、8組参加のノックアウトトーナメントとなった[5]
全試合が時間無制限1本勝負で行われる。1回戦は10月20日新木場大会と11月10日名古屋テレピア大会、11月23日新木場で準決勝・決勝戦が行われる。
川葛は3年連続出場だが、夏樹が翌年引退したため最後の出場になった。現タッグ王者はナナミホであるが、それぞれ別のパートナーでエントリーした。また、初の他団体タッグとしてJWPタッグリーグ・ザ・ベスト優勝者でもある十文字姉妹がエントリー。
連覇のかかった川葛は準決勝で敗退。決勝戦は木村モンスター軍対決となりこれを制した木村&惡斗組が優勝し、ナナミホが持つタッグ王座挑戦を表明した。

第4回(2014年)[編集]

参加8組
レッドゴッデス
ブルーゴッデス

直接対決の結果によりサンダーロックが優勝決定戦進出。

内容
9月23日後楽園大会の「5★STAR GP 2014」決勝戦のエンディングで開催が発表され、出場タッグも決定した。
今大会はリーグ戦で、形式は2012年大会と同じ。
10月12日新木場大会より開幕、11月16日新木場大会で優勝決定戦を行う[6]。1試合は10月22日のアイスリボン道場マッチで行う。
七海里がタッグ王者として初優勝。公式戦で唯一引き分けた武士女をタッグ王座の挑戦者に指名した。

第5回(2015年)[編集]

参加8組
内容
当初はタッグリーグ戦として11月15日後楽園ホールで優勝戦を予定していたが[7]、10月25日の新木場大会エンディングにて、11月8日の同所でワンデートーナメントとして開催されると発表された[8]
カイリ組vs惡斗組が両者失格と言う幸運にも恵まれたサンダーロックと松本組が決勝進出。この試合はサンダーロックが持つタッグ王座防衛戦にもなり、これを制したサンダーロックが優勝とともにタッグ王座6度目の防衛に成功した。2大会連続となるタッグ王者優勝で幕を下ろした。

第6回(2016年)[編集]

参加8組
レッドゴッデス
  • 紫雷イオ&岩谷麻優 7点 ※準優勝
  • 渡辺桃&ジャングル叫女 2点
  • 花月&クリス・ウルフ 4点
  • オーエンス・シスターズ 3点
ブルーゴッデス
  • 美闘陽子&宝城カイリ 6点 ※優勝
  • 美邑弘海&安納サオリ 2点
  • サンタナ・ギャレット&チェルシー・グリーン 4点
  • サンダー・ロサ&ハリデッド 4点
内容
今大会はリーグ戦として10月23日新木場大会で開幕、11月11日新宿FACEにて最終戦[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]