宝城カイリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宝迫香織から転送)
移動先: 案内検索
宝城 カイリ
Kairi Hojo
プロフィール
リングネーム 宝城 カイリ
カイリ・セイン
ドク
身長 155cm
体重 50.2kg
誕生日 (1988-09-23) 1988年9月23日(29歳)
出身地 山口県光市
所属 WWENXT
スポーツ歴 ヨット
バレーボール
デビュー 2012年1月7日
愛川ゆず季
テンプレートを表示

宝城 カイリ(ほうじょう かいり、女性、1988年9月23日 - )は、日本プロレスラー女優、元ヨット選手。山口県光市出身。WWENXT所属。

来歴[編集]

光高等学校法政大学ではヨットの選手としてインターハイ、国体、インカレで上位に入り、ジュニア世界選手権日本代表も経験する[1]

大学在学中よりタレント活動も開始。数本の舞台に出演する。

卒業後、一般企業への就職が内定していたが、表現者の道を選び本格的に女優を目指す[2]

2011年
8月、スターダムの練習生となる。
11月14日、プロテストを受けて1人だけ追試となるが合格[3]
2012年
1月7日、3期生の2番手として愛川ゆず季戦でデビュー[3]。前出のヨット競技の実績があることからデビュー当初より海賊ギミックが与えられている。
その際、愛川ゆず季の呼びかけにより愛川をリーダーとする全力女子(メンバーは愛川ゆず季、美闘陽子、鹿島沙希、宝城カイリ、夕陽、松本浩代)結成に参加。
5月に日本テレビの「ガチガセ」、フジテレビの「笑っていいとも!」に出演。
2013年
4月30日、両国国技館大会にて翔月なつみと組み、木村響子&ヘイリー・ヘイトレッド組が持つゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦。4173でヘイリーからフォールを奪い初タイトル獲得[4]
翔月とともに愛川を輩出した日テレジェニックにもエントリー。
6月2日、翔月が負傷のため防衛戦を行えないままゴッデス・オブ・スターダム王座を返上。
11月11日から18日までメキシコに遠征。6日にはアレナ・ロペス・マテオス大会における「ドス・カラス引退ツアー」に出場し、ダーク・エンジェル&ベビー・スターと組んで6人タッグに出場した[5]
TBS系「日立 世界ふしぎ発見!」の一般募集によるミステリーハンターオーディションに合格、12月14日放送の2時間SPにミステリーハンターとして出演。上記のドス・カラス引退ツアーでの6人タッグマッチの模様も放送されている。
2014年
8月10日、高橋奈苗とのタッグ「七海里」で木村モンスター軍の保持していたゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦し王座奪取。
8月24日、新木場大会での「STARDOM 5★STAR GP」開幕戦にて高橋奈苗から勝利、金星を上げる。
2015年
2月25日、選手会長に就任。2月22日の後楽園大会で起きた世IV虎安川惡斗の喧嘩マッチに端を発するもので、選手間の人間関係へのケアを行っていく。
3月29日、後楽園ホール大会にて、空位となったワールド・オブ・スターダム王座の決定トーナメントに昭和軍代表で出場。初戦で木村響子、決勝で紫雷イオを破りトーナメントを制覇、同タイトル初戴冠。
2017年
6月30日、WWEの両国国技館大会にてWWEと契約を交わし、カイリ・セインKairi Sane)のリングネームで活動をする事を発表[6][7]
9月12日、WWEメイ・ヤング・クラシックトーナメント第1回大会にて優勝を果たした[8]

得意技[編集]

ダイビング・エルボードロップ
飛ぶ直前に敬礼ポーズを入れ、飛んだ瞬間Vの字に体を曲げるのが特徴。現在の主なフィニッシャー。
イカリ
変形の逆エビ固め。うつ伏せの相手の足をクロスし、ブリッジしつつ固める。
4173(ヨイナミ)
当初は 外道クラッチと同型であったが、後に外道クラッチからのジャパニーズ・レッグロール・クラッチで固める型に変更。
スライディングD
本家である田中将斗から直々に指導を受ける。フィニッシャーとしても使われる。
マリンスパイク
コーナーに逆さ吊りの状態となり、体を起こそうとする相手の胸板に目掛けて放つダイビング・フットスタンプ。
インターセプター

 スピアー

極楽固め
フライング・カブキ・エルボー
フライング・フォアアーム
カミカゼ
アラバマ・スラム
燕返し
V9クラッチ
「5★STAR GP2014」開幕戦にて、この技で高橋から金星を上げた。
ジャック・スパロウ・ナイフ
スクールボーイから自身が仰向けになり、グラウンドでの肩車のような状態でブリッジし抑えこむ。

入場曲[編集]

タイトル[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 劇団smoker cat旗揚げ公演「未来予報図、明日は晴れ」
  • ザッパー熱風隊プロデュース「Bark in the Bar〜バーで吠えろ〜」
  • きら星の磁力〜リングは運命 レフリーは天命〜

雑誌[編集]

  • 『週刊プレイボーイ』(2017年24号、集英社)[9]

脚注[編集]

  1. ^ STARS Archived 2013年4月29日, at WebCite スターダム
  2. ^ 再デビュー・脇澤美穂が奈苗と合体、3期生新人vs.ゆずポン=スターダム見どころ スポーツナビ 2011年1月7日
  3. ^ a b NEWS Archived 2013年1月19日, at the Wayback Machine. スターダム
  4. ^ RYOUGOKU CINDERELLA スターダム
  5. ^ NEWS Archived 2013年5月31日, at WebCite スターダム 2013年12月12日閲覧
  6. ^ Kairi Hojo's New WWE Name Revealed, Hojo And Others Confirmed For Mae Young Classic”. Wrestlinginc.com. 2017年6月30日閲覧。
  7. ^ WWE「WWE Live Tokyo」”. スポーツナビ. 2017年6月30日閲覧。
  8. ^ カイリが初代女王 バズラーにフォール勝ち WWE”. 日刊スポーツ. 2017年9月13日閲覧。
  9. ^ 人気の女子プロレス“海賊王女”宝城カイリがスターダム電撃退団! 噂の渡米は? 「引退も考える中で決めたことです」”. 週プレNEWS (2017年5月30日). 2017年6月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]