カサンドラ宮城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮城倫子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
カサンドラ宮城
プロフィール
リングネーム カサンドラ宮城
宮城 倫子
ニックネーム 宮城の悪妃
身長 167cm
体重 65kg
誕生日 (1993-06-16) 1993年6月16日(25歳)
出身地 山口県山口市
所属 センダイガールズプロレスリング
スポーツ歴 学生プロレス
トレーナー 里村明衣子
デビュー 2014年11月24日
テンプレートを表示

カサンドラ宮城(カサンドラみやぎ、1993年6月16日 - )は、日本の女子プロレスラーセンダイガールズプロレスリング所属。身長167cm、体重65kg。山口県山口市出身。九州造形短期大学卒業。

所属[編集]

人物[編集]

  • 好きな食べ物は焼鳥の砂ずり。入門して間もない頃、テレビ東京のバラエティ番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』(2014年8月10日放送)がセンダイガールズの道場を訪問した際にスナズリのリングネームが提案されたが、却下された。なお、2016年10月9日放送の同番組に「カサンドラ宮城」としてVTR出演し、その変貌ぶりでさまぁ〜ず狩野恵里を驚かせた。
  • 九州造形短期大学卒業であることから絵が非常にうまく、入団後、団体グッズ等のデザインも受け持ち、宮城によるデザインのLINEスタンプなどもある。「ミヤギノミチコ」名義でコミックマーケットにも出品をしているほか、イラストオンリーのツイッターのアカウントも存在する。また『キン肉マン』の大ファンでもある。

経歴・戦歴[編集]

2014年
2015年
  • 3月11日、新宿FACE大会で田中盟子を相手にシングルを行い逆エビ固めでプロ初勝利。
  • 7月31日、プロレスリングWAVE主催の興行YOUNG OH! OH!に参戦。これが初他団体への参戦となる。真利杏スポルティーバ)と組み、小林香萌&長浜浩江組と対戦も、真利杏が小林に敗れる[4]
  • 9月17日、記者会見で同年10月11日開催の仙台サンプラザホール大会からリングネームを“カサンドラ宮城”に改名することが発表された。命名の経緯は、2015年9月放映の『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビほか)・「乙女限定・お悩み相談しナイト」の回でサンドウィッチマンと、仙台で活動中の占い師・白鳳占子さんに「ヒールになりたい」旨を相談して魔王の妃を意味する「カサンドラ」の名前を命名された。他にも候補としては長州力トヨタカローラ宮城リュウ宮城(“りゅうぐうじょう”と読ませる)など、多数の候補があった。後日の放送ではキャッチコピーも考えることになり、里村のアイデアで“宮城の悪妃”というキャッチコピーがつけられた。さらに一人称が某(それがし)に変わった。
  • 10月11日、宮城倫子ラストネーム戦 シングルマッチを長浜浩江と行い引き分けに終わる。第5試合ではカサンドラ宮城デビュー戦を行いアジャ・コングとタッグを組みワールド女子プロレス・ディアナSareee&田中盟子と対戦し田中にバックドロップを決めて勝利。同デビュー戦はインタビューも含めてサンドのぼんやり〜ぬTVでも一部放映された。
2016年
  • 10月16日、デビューシングル「不不不、、、」を発売。同曲の歌詞の一部をサンドのぼんやり〜ぬTVにてサンドウィッチマンも考案。仙台サンプラザホール大会にて披露。

得意技[編集]

ドロップキック
ミサイルキック
SBR(スティール・ボール・ラン)
ファイヤーマンズ・キャリーに担いでの旋回式スパインボム
ハリケーンドライバー
ツームストン・パイルドライバー
トペ・スイシーダ
スワントーン

脚注[編集]

  1. ^ “ずぶとさ一級品!仙女期待の新人・宮城倫子が11・24博多でデビュー”. 東京スポーツ. (2014年11月9日) 
  2. ^ no title”. センダイガールズプロレスリング. 2014年11月26日閲覧。
  3. ^ a b 試合結果”. センダイガールズプロレスリング. 2014年11月26日閲覧。
  4. ^ YOUNG OH ! OH ! 20”. 2015年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]