木村響子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 響子
Kyoko Kimura
木村 響子 Kyoko Kimuraの画像
プロフィール
リングネーム 木村 響子
ヤンバルクイーンナ
本名 木村 響子
ニックネーム 反骨のアフロコング
飛べない鳥でもフライアウェイ
身長 165cm
体重 65kg
誕生日 (1977-03-19) 1977年3月19日(45歳)
出身地 神奈川県横浜市
所属 フリー
トレーナー コマンド・ボリショイ
坂口征夫
デビュー 2003年7月20日
引退 2017年1月22日
テンプレートを表示
木村 響子
基本情報
本名 木村 響子
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-03-19) 1977年3月19日(45歳)
出身地 神奈川県横浜市
所属 坂口道場一族
身長 165cm
体重 65kg
階級 バンタム級
バックボーン プロレス
テーマ曲 「BAILA CASANOVA」Paulina Rubio
テンプレートを表示

木村 響子(きむら きょうこ、1977年3月19日 - )は、日本の元女子プロレスラー総合格闘家である。

神奈川県横浜市出身、血液型AB型。プロレスラーとしてはフリーランスで、スターダムプロレスリングWAVEセンダイガールズプロレスリングJWP女子プロレスを主戦場としていた。総合格闘家として坂口道場一族の所属であった。

元夫は総合格闘家のISAO、長女はプロレスラーの木村花[1]

2021年8月より、インターネット上の誹謗中傷やプライバシー侵害根絶に取り組むNPO法人Remember HANAの代表を務めている[2](後述)。

所属[編集]

略歴[編集]

プロレス現役時代[編集]

  • 1993年FMWにテスト生として入団するが、1年ほどで退団。
  • 1994年、再度入門するための経験を積もうとメキシコに渡る。ここで旅に目覚め、アジアを回り始める。1997年にインドネシアで出会った男性と結婚し、9月に長女のを出産するが、同年に離婚。将来のためにお金を溜めようと夫婦で働いたが、父親が言葉が分からず文化も風習も違う日本で精神的に参ってしまったためであるという[3]
    • 2020年5月に花が急逝したことはインドネシアでもニュースとなり、父親が木村にFacebookで友だち申請をしてきて連絡がついたという。父親と父親の弟は花の葬儀に参列している[4]
  • 2002年WMFの営業などを経てシャーク土屋の紹介でJWP女子プロレスに入門。
  • 2003年7月20日のディファ有明大会における、対渡辺えりか戦でデビュー。NEO女子プロレス息吹など他団体にも参戦していた。
  • 2005年12月18日をもってJWPを退団し、フリーランスとなった。
  • 2006年6月4日大日本プロレスが実施したデスマッチ新規参入希望企画に参加し、初のデスマッチに挑戦した(vs. 尾崎魔弓アブドーラ小林、パートナーは宮本裕向)。しかし登坂栄児統括部長(現・社長)から男子選手との体力の差を理由に継続参入に難色を示され、大日本でのデスマッチの試合は3試合に留まる。
  • 2007年8月26日プロレスリングWAVE旗揚げ戦の記念すべき第1試合にてGAMIとシングルで対戦。GAMIとは後に「スーパー・アフロ・マシンガンズ」を結成する。
  • 2008年江本敦子をパートナーに迎え、ヒールユニット「レボルシオン・アマンドラ」を結成。後に中川ともかがアマンドラに合流。同年12月31日、江本と共にNEO認定タッグ選手権試合で、NEOマシンガンズを破り、タッグタイトル獲得に成功した。
  • 2009年5月2日、新木場1stRINGにて、アマンドラの自主興行を開催。自らも宮本裕向と共に、松永光弘考案の「蛍光灯スクリューデスマッチ(蛍光灯が括り付けられた巨大扇風機を使用)」に挑戦した(vs佐々木貴竹田誠志)。
  • 2010年5月、体調不良により休養を宣言するが、仮の姿で沖縄プロレスに参戦することを発表。
  • 8月29日のWAVE新宿大会で中川相手に本格復帰。10月11日のNEO後楽園大会にてヘイリー・ヘイトレッドチェリーボムと組み、対下田美馬チェリー羽沙羅組の6人タッグ出場。ヘイリーの友人Xとして紹介されていた。
  • 2011年は古巣JWPおよびREINAを主戦場とし、JWPでは米山香織率いる「米山革命軍」の一員となった。
  • 8月16日、WAVE新木場大会にて大畠美咲率いる「ブラック・ダリア」に加入。
  • 11月12日、パンクラス新宿大会で総合格闘技初挑戦。同じくプロレスラーかつパンクラス初参戦となる藪下めぐみと対戦。総合キャリアで大きく上回る相手にTKO勝ちを収めた。
  • 2012年4月30日に川崎市体育館にて黒ずくめのマスクウーマンとしてデビューしたとの噂がある。
  • 5月3日、初参戦となるスターダムの後楽園大会で脇澤美穂と組み、夏樹☆たいよう&世IV虎の「川崎葛飾最強伝説(カワカツ)」と対戦。試合後世IV虎が勝手にカワカツ入りを認める。
  • 8月5日、スターダム後楽園大会で夏樹☆たいようとのシングルで敗れカワカツを追放される。以降は無派閥としてスターダムに参戦する。
  • 9月30日、スターダム新木場大会にて「STARDOM 5★STAR GP」決勝で愛川ゆず季と対戦も敗れ準優勝。試合後、ヘイリー・ヘイトレッドを呼び込み、「木村モンスター軍」としてスターダム侵略を宣言。夏樹☆たいようと一触即発状態となる。
  • 12月19日、アイスリボン道場大会にてかつて米山革命軍で共闘した帯広さやかとのタッグでインターナショナルリボン&REINAタッグ2冠王座獲得。
  • 12月24日、スターダム後楽園大会にてタイトル挑戦権を懸けて紫雷イオと対戦して勝利。高橋奈苗が持つワールド・オブ・スターダム王座(赤いベルト)に挑戦を表明。
  • 2013年1月14日、後楽園大会で赤いベルトに挑むが敗れる。
  • 3月17日、後楽園大会でヘイリーとのタッグでカワカツが持つゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦し、奪取成功。
  • 2014年はスターダムに加え、古巣JWPやWAVE、WNC-REINAなど多くの団体に参戦。
  • 5月4日、JWP板橋大会にてコマンド・ボリショイとのタッグ「ワイルド・スナフキン」でJWP認定タッグ王座を獲得。
  • 11月24日、センダイガールズ博多大会で宮城倫子のデビュー戦の相手を務め勝利。デビュー戦の相手になるのは初めてだった。
  • 5月10日、左橈骨遠位端骨折でプロレスデビュー後初の手術を含む欠場。
  • 9月にスターダムで大江戸隊の仲間である安川惡斗とダブル復帰戦を行う。また長女の花がWRESTLE-1のプロレス総合学院に入学。
  • 2015年12月16日、長女の花がHANA名義でパンクラスの2016年ラウンドガールに採用された事が発表された[5]
  • 2016年1月、Twitterを通じてキャッチコピーを募集。「反骨のアフロコング」というキャッチコピーが選ばれた。
  • 2016年1月30日に同じ坂口道場一族所属のISAOと再婚し、挨拶で1年後の引退を発表した[6]
  • 2017年1月22日、引退興行で夫のISAO、娘の木村花と組み、鈴木みのるアジャ・コング里村明衣子組と引退試合を行った[1]

引退後[編集]

  • 引退後は運転免許を取得しピンクの猫バスを購入。関東近郊のプロレス会場で猪肉をメインとした移動販売を行っている。
  • 2018年3月19日、離婚を発表。
  • 2020年5月23日、長女の花が急逝。以降、木村は急逝した長女の名誉回復につとめた。
  • 2020年8月6日、自民党本部で行われたデジタル社会推進特別委員会・インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷・人権侵害等の対策プロジェクトの会合に出席[7]。法整備を訴えた。
  • 2021年3月30日、都内で記者会見を行い、インターネット上の誹謗中傷やプライバシー侵害の根絶をめざすNPO法人「Remember HANA(リメンバー ハナ)」の設立を発表した。木村は代表理事を務める予定であるという[8]。この日は花のデビュー記念日であり、記者会見の直前に花を誹謗中傷した男が起訴されたという連絡があったという[9]
  • 2021年9月16日までに、警視庁は木村を中傷したとして東京都内の40代男性を侮辱容疑で書類送検した[10]。木村がネット上の誹謗中傷に対して侮辱罪の厳罰化を求めていたことから、木村に対する中傷が相次いでいた。このことを受けて木村はTwitterを更新し、「法の裁きだけで充分だと思えるような法改正に期待します」とコメントしている[11][12]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • 「BAILA CASANOVA」Paulina Rubio 「BORDER GIRL」収録 (UICU 9002)

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 2 0 0 0 1 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 中井りん 1R 4:32 TKO PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年5月20日
キム・ソンウン 1R 1:01 TKO PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年4月1日
佐藤瑞穂 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年1月28日
藪下めぐみ 1R終了時 TKO(ドクターストップ) PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年11月12日

脚注[編集]

  1. ^ a b “親子でプロレスラーに…木村花さん、母・響子さんとテレビ出演も”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年5月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/24/kiji/20200524s00041000037000c.html 2020年5月24日閲覧。 
  2. ^ Remember HANA|東京都生活文化局”. www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp. 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ 〈激白〉木村花の母・響子さんが語る「娘はなぜ誹謗中傷されたのか、ずっと頭から離れない」|芸能|婦人公論.jp” (日本語). 婦人公論.jp(2020年09月11日). 2021年4月30日閲覧。
  4. ^ (5ページ目)〈激白〉木村花の母・響子さんが語る「娘はなぜ誹謗中傷されたのか、ずっと頭から離れない」|芸能|婦人公論.jp” (日本語). 婦人公論.jp(2020年09月11日). 2021年4月30日閲覧。
  5. ^ 【パンクラス】新ラウンドガールに女子プロレスラーの娘 eFight 2015年12月16日
  6. ^ 須山浩継のツイッターより
  7. ^ 木村花さん母「人ごとと…」自民本部で誹謗中傷語る - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com (2020年8月6日). 2020年8月6日閲覧。
  8. ^ 「花が望んだ優しい世界を」中傷根絶めざすNPO設立へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2021年3月30日). 2021年4月5日閲覧。
  9. ^ 9000円の意味|kimurarock55|note(2021年4月3日)” (日本語). note(ノート). 2021年4月5日閲覧。
  10. ^ 木村花さんの母親を侮辱疑い/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2021年9月16日). 2021年9月17日閲覧。
  11. ^ 木村花さんの母響子さん「法の裁きだけで充分だと思えるような法改正を」 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年9月17日). 2021年9月17日閲覧。
  12. ^ https://twitter.com/kimurarock/status/1438447345897656322” (日本語). Twitter. 2021年9月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]