渡辺えりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡辺 えりか
プロフィール
リングネーム 渡辺 えりか
橋本 真弥
ラウンドガール
本名 渡辺 えりか
身長 158cm
体重 65kg
誕生日 (1978-04-28) 1978年4月28日
死亡日 (2018-04-20) 2018年4月20日(39歳没)
出身地 北海道北見市
所属 JWP女子プロレス
スポーツ歴 柔道
デビュー 1998年1月23日
引退 2006年1月22日
テンプレートを表示

渡辺 えりか(わたなべ えりか、旧戸籍名:秋田 えりか(あきた えりか)、旧姓:渡辺、1978年4月28日 - 2018年4月20日)は、日本の元女子プロレスラー北海道北見市出身。JWP女子プロレスに所属していた。本名(旧姓の方)、橋本 真弥(はしもと まや)、ならびにマスクウーマンラウンドガールとしての活動で知られる。

経歴・戦歴[編集]

1998年1月23日、神奈川・川崎市体育館において、対春山香代子戦でデビュー。2月14日、「橋本真也に顔が似ている」という理由だけで「橋本真弥」に改名。当時から大食いとして知られ、1999年4月のTBSテレビ金曜テレビの星!』の大食い王座決定戦で見事優勝する。8月の「マスクウーマン・フェスティバル」では「ラウンドガール」として登場。しかし同年11月29日、頭部負傷を理由に引退してしまう。

引退・結婚後しばらくして2001年にレフェリーとして再びリングに上がり、11月28日にフリーとして現役復帰。2002年6月16日に再びJWP所属となった。以後、渡辺えりかならびにラウンドガールとして活動。また、ラウンドガールの特異なキャラクターを活かし、休憩後のインフォメーション「えりりんの部屋」でも活躍した。

2005年5月15日の後楽園ホール大会で松尾永遠を破り、念願のJWPジュニア王者となったが、同年12月3日の江本敦子戦(於:新宿FACE[1])後に心臓の病気を理由に引退を表明。2006年1月7日にラウンドガール、1月22日(於:東京キネマ倶楽部[1])に渡辺えりかでそれぞれ引退試合を行った。

2013年9月に胃がんが判明。肝臓などに転移している状態で闘病中であったが、2018年4月20日、東京都内の病院で死去。39歳没[2]

得意技[編集]

  • チョップ
  • 払い腰
  • エルボードロップ
  • スピアー
  • ジャベ
  • タニア/相手の両腕、両足を自分の両脇に抱えるバックブリーカー。リバースゴリースペシャルとほぼ同じだが、頭の上でなく肩の上に相手をかつぎ上げる。
  • トルニージョR/相手の片足を片腕で取っての、スタンドでの変形ドラゴン・スリーパー
  • えりりんロック/相手の腕を取りひっくり返して入るクルスフィックスホールド
  • カスティゴアルクェヨ/ビクトル投げから首も決めにいく
  • えりりんカッター/いわゆるSTO

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 渡辺えりか選手お疲れ様でした!”. 松田靖幸のブログ(仮) (2006年1月23日). 2014年8月8日閲覧。
  2. ^ 女子プロレス元JWPの渡辺えりかさん死去 がんと戦い39歳で - デイリースポーツ online 2018年4月20日