REINA世界タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
REINA世界タッグ王座
詳細
現王者 (空位)
管理団体 REINA女子プロレス
創立 2011年9月

REINA世界タッグ王座(REINA World Tag Team Championship)は、REINA女子プロレスが認定する女子プロレスのタッグチームタイトル。

歴史[編集]

2011年9月に創設された。

初代王座決定トーナメントには日米加墨4ヶ国のタッグチームが出場。決勝戦ではメキシコ代表、ラ・コマンダンテ&セウシスとカナダ代表、ニコル・マヒューズ&ポーシャ・ペレスのカナディアンニンジャが進出。無制限1本勝負によりメキシコ代表が初代王座を獲得した[1]。提携先のメキシコCMLLでも防衛戦が行われており、同団体には女子タッグのタイトルがないためその代替と位置づけることもできた。

2012年にREINA女子プロレスからプロモーション「REINA×WORLD」へ転換したため、当時の保持者だった下田美馬&セウシスが返上した上で、6月9日のプロモーション化後最初の興行となった新宿FACE大会で世界プロレス協会から上林愛貴&石橋葵、CMLLから2組、それにアイスリボンから藤本つかさ&志田光マッスルビーナスの4組による王座決定トーナメントを行い、負傷の石橋に代わってミア・イムが入った世界プロレス協会をマッスルビーナスが降し王座獲得[2]

その後、マッスルビーナスはチャンピオンとしてメキシコ遠征(防衛戦は行わず)に出て、帰国後にアイスリボンで防衛を重ねるが、同団体内にはインターナショナル・リボンタッグ王座が既に存在するため、11月25日の名古屋リボンで2冠統一を図るべくタッグトーナメントが行われ、マッスルビーナスが統一。[3]

以降は、アイスリボンにおける2冠タッグとして防衛戦が行われていたが、その間にREINAの興行スタイル見直しもあり、マッスルビーナスが奪還した後にREINAとアイスリボンの間で話し合いの結果、REINA王座は返上された(リボンタッグは返上せず)[4]

その後、4組によるタッグ王座決定トーナメントが8月24日から9月8日にかけて行われ、CMLLのセウシス&バケリータ組が戴冠。なお、出場タッグ4組8人のうち初来日のバケリータを除き全員がアイスリボン現・元所属あるいは参戦経験のある選手となった(現所属の世羅りさも留学生のケーシー・オーウェンズと組んで出場)。

歴代王者[編集]

歴代数 タッグチーム 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所
(対戦相手・その他)
初代 ラ・コマンダンテ&セウシス 1 0 2011年9月24日 ラジアントホール
ニコル・マヒューズ&ポーシャ・ペレス
第2代 ジュビア&ルナ・マヒカ 1 1 12月6日 アレナ・メヒコ
第3代 下田美馬&セウシス 1 0 2012年3月24日 新宿FACE
2012年5月14日返上
第4代 志田光&藤本つかさ
マッスルビーナス
1 4 6月9日 新宿FACE
上林愛貴&ミア・イム
第5代 星ハム子&ヘイリー・ヘイトレッド 1 0 11月28日 アイスリボン道場
第6代 木村響子&帯広さやか 1 0 12月19日 アイスリボン道場
第7代 希月あおい&つくし 1 1 12月31日 後楽園ホールアイスリボン
第8代 志田光&藤本つかさ
(マッスルビーナス)
2 0 2013年5月27日 ラジアントホール(アイスリボン)
2013年5月27日返上
第9代 セウシス&バケリータ 1 0 9月8日 ラゾーナ川崎プラザソル
Leon&ライディーン鋼
第10代 亜利弥’&雫有希 1 0 11月2日 新木場1stRING
第11代 Ray&Leon
(マスカラ・ポラドーラス)
1 0 12月22日 新木場1stRING
2014年3月王座返上
第12代 真琴&小林香萌 1 1 2014年4月27日 新木場1stRING
亜利弥’&雫有希
第13代 亜利弥’&雫有希 2 1 5月25日 新木場1stRING
第14代 堀田祐美子&ラ・コマンダンテ 1 1 6月29日 新木場1stRING
第15代 亜利弥’&真琴 1 1 8月20日 新木場1stRING
2014年10月9日、華名コンサルタントの権限により王座剥奪
第16代 華名&中島安里紗 1 0 11月20日 新木場1stRING
朱里&リン・バイロン
第17代 朱里&志田光 1 1 2015年2月25日 後楽園ホール
第18代 真琴&山下りな 1 2 6月13日 新木場1stRING
第19代 朱里&シルエタ 1 10月9日 新木場1stRING
朱里REINA退団のため2016年3月16日王座返上

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ REINA女子世界タッグ王者 REINA女子プロレス公式ブログ 2011年9月25日
  2. ^ ★REINAxWORLD 1「創世」 日時:6月9日(土) 会場:新宿FACE REINA X WORLD Official Blog 2012年6月10日
  3. ^ 2012年11月25日 名古屋大会『名古屋リボンⅡ-2012-』
  4. ^ REINA世界タッグ王座について ネオプラス・アイスリボン事業部 2013年5月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]